Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

大学院紹介 大学院紹介

ここから本文です。

現在位置

専門職学位課程(教職大学院)

教職大学院の目的

現在、学校現場において、より高度な専門性と豊かな人間性・社会性を備えた力量のある教員が求められるようになってきました。そうした状況を踏まえて、北海道教育大学では、平成20年4月から、教職大学院として「高度教職実践専攻」を開設しました。教職大学院では、大学と学校・地域社会が連携・協力して、現職教員やストレートマスター(学部卒業生)を中心に学級経営や学校経営、生徒指導、教科指導などの実践的な能力を身につけ、学校や地域社会で十分に力を発揮できる人材を養成します。

教職大学院の特徴

3キャンパスで開講

札幌・旭川・釧路の3キャンパスで開講します。

昼夜開講制

現職教員が学びやすいように平日は夜間に授業科目を開講します。

セメスター制

授業は2コマ連続で集中的に行い、1年間を4セメスターに分けます。

複数教員による指導

複数の教員が、多様な教育研究ニーズに応えます。

長期履修学生制度

現職教員の修学時間の確保のために、2年分の授業料で修学期間を最大4年に伸ばすことができます。

双方向遠隔授業システム

札幌・旭川・釧路の各キャンパスを双方向遠隔授業システムにより結んで授業を行います。

実践力に応じた3つのコース

  • 教職基礎力高度化コース(ストレートマスター対象)
  • 教職実践力高度化コース(教職経験が5年以上の現職教員対象)
  • 学校改善力高度化コース(教職経験が概ね10年以上の現職教員対象)
※平成27年度から上記3コースに再編
教職大学院の募集要項・提出書類様式などはこちら
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで