Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

キャンパス紹介 キャンパス紹介

ここから本文です。

現在位置

キャンパス長のメッセージ

あたたかい雰囲気の釧路校から

 釧路校では、初年次教育から理論と実践を往還するカリキュラムを設け、実践的に学びながら普遍的な理論を学び、理論を学びながら理論だけではとらえられない実践的な課題をとらえていきます。またアクティブ・ラーニング(=活動的な学修)の考え方を重視して、講義の中にもワークショップや討議をいれたり、体験活動や実践をいれたカリキュラムを設けています。

 このような理念に基づき、釧路校では、1年次から毎週金曜日に公立学校現場に出かける「教育フィールド研究」を設け、実践的に教育現場の課題や指導方法を学ぶカリキュラムを作っています。また、へき地小規模校にも1年次の新入生研修で訪問するとともに、へき地校体験実習を行っています。小規模校の教育活動は、教育の原点と言われていますが、教師と子どもの密接な関係の中で、個に応じた教育活動や地域を活かしたカリキュラムを組むことができます。さらに釧路校では、地域に出て行き様々な環境教育活動や自然体験活動を行ったり、地域素材を活かしたカリキュラム開発を進めています。

 これらをはじめとして、釧路校では、釧路でしかできない教育活動、小規模大学ならではの暖かい雰囲気を持った教育活動を行っております。釧路校は日本最東端の大学で、一番早く朝日が昇る大学です。
この“日出する国”の釧路校から、皆さんも光を発信してみませんか。

本文ここまで