Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学生生活 学生生活

ここから本文です。

現在位置

経済支援

入学・授業料免除や経済支援など

釧路校では、学生の皆さんに対する様々な経済支援制度を用意しています。また、従来より実施している免除制度に加えて、成績優秀者を対象とした新たな制度を創設しています。
詳しくは学務グループにお気軽にお問い合わせください。

入学料・授業料の免除、徴収猶予について

入学料の免除・徴収猶予について

免除金額 入学料の全額又は半額
免除の対象となる者 特別な事情により入学料の納付が著しく困難であると認められる者
(詳細はお問い合せ下さい)
徴収猶予の期間 8月31日を限度として許可の都度定めます
徴収猶予の対象となる者 特別な事情により入学料の期限内の納付が困難であると認められる者
徴収猶予の申請等について 入学料免除の申請期間中に同時に申請できます。また、入学料免除が不許可又は半額免除になった時点で徴収猶予の申請をすることができます

授業料の免除・徴収猶予について

免除金額 各期分の授業料の全額又は半額
免除の許可時期 年度を前期及び後期の2期に分け各期ごとに許可
免除の対象となる者 経済的理由によって授業料の納付が困難であり、かつ 学業優秀であると認められる者
入学前1年以内の学資負担者の死亡や風水害等の災害を 受けた場合(詳細はお問い合せ下さい)
これに準ずる場合で学長が相当と認める事由がある場合
※免除申請の一般的事例
  • 不況などで収入金額・所得金額が少ない又は不安定
  • 学資負担者が失業中又は事業が倒産した
  • 学資負担者が会社等の倒産やリストラで解雇され、又は早期退職した(再就職後の収入の大幅減少も対象)
  • 家庭内に就学者が多く学費の負担が家計を圧迫している
  • 家族に障害者や長期療養者がおり医療費などの負担が大きい
  • 生活保護を受けている又は母子(父子)家庭で収入が少ない
選考方法
  • 学力評価
    高等学校における調査書の評定平均が3.5以上
    大学入学試験の成績が所属専攻の上位3分の1以内
    大学入学資格検定合格者
  • 家計評価
    その者の属する世帯の1年間の総所得金額が本学の定める収入基準額以下であること
     
※学力・家計評価どちらにも該当する者の内から選考します
収入基準など詳細はお問い合せ下さい
徴収猶予の期間 前期は9月末日を限度として許可の都度定めます
後期は2月末日を限度として許可の都度定めます
徴収猶予の対象となる者 経済的理由によって授業料の期限までの納付が困難であり、かつ、学業優秀であると認められる者
入学前1年以内の学資負担者の死亡や風水害等の災害を受けた場合(詳細はお問い合せ下さい)
これに準ずる場合で学長が相当と認める事由がある場合
徴収猶予の申請等について 授業料免除の申請期間中に同時に申請できます
授業料免除が不許可又は半額免除になった時点での徴収猶予の申請はできませんのでご注意下さい

各種奨学金とローン

日本学生支援機構奨学金について

奨学金の種類
  • 第一種奨学金(無利息)
  • 第二種奨学金(年利率3%上限の有利息)
※どちらの奨学金も卒業後に返還義務があります
奨学金の貸与を受ける方法
予約進学者 高等学校3年次在学中に学校を通じて、日本学生支援機構に応募し、審査を受けて可となる
在学採用 入学後に申し込み、大学の選考機関が審議・推薦 日本学生支援機構の審査を受けて可となる
緊急・応急採用 家計急変、災害等の事情により、今後とも経済的困難が見込まれる場合、大学から申し込み 審査により採用
奨学金の貸与月額
  • 第一種奨学金
    自宅から通学 3万円・4.5万円から選択
    自宅外から通学 3万円・5.1万円から選択
  • 第二種奨学金
    3・5・8・10・12万円から選択
選考方法 学力評価・家計評価・人物評価の基準のいずれにも該当する者
  • 学力評価
    第一種奨学金 高等学校における調査書の評定平均が3.5以上の者又は大学入学資格検定合格の者
    第二種奨学金 高等学校の成績がその者の属した学年の平均水準以上の者、又は特定の分野において特に優れた資質能力があると認められる者
  • 家計評価
    本人の父母又はこれに代わって家計を支える者の前年1年間の総収入金額から、所定の控除額を差し引いた額が、日本学生支援機構の収入基準額を下回る場合
  • 人物評価
    学習活動その他の生活全般を通じて、日本学生支援機構の奨学生としてふさわしい者
入学時増額貸与奨学金 新入生で4月を始期として奨学金の貸与を受ける人に対して、希望により貸与開始月の基本額に定額(10万円・20万円・30万円・40万円・50万円のいずれか)を増額貸与する制度です

各団体の奨学金などについて

出身地の市町村自治体関係の奨学金・修学資金 市町村の社会福祉協議会、教育委員会などにお問い合せ下さい
育英奨学団体などの奨学金 大学に募集案内が届くものは、多くはありませんが、案内があった場合には掲示でお知らせします

教育ローンについて

教育一般 貸付
350万円以内
日本政策金融公庫の各支店や最寄りの金融機関でお取り扱いする制度です
※詳細やお問い合せは「教育ローンコールセンター」0570-008656まで

釧路校在学生の授業料免除と奨学金の利用状況

(平成24年度北海道教育大学学生生活実態調査報告書より釧路校分を抜粋)

授業料免除の状況

◇授業料免除を申請した 29%
◇授業料免除を申請しなかった理由
経済的に不要 21%
申請手続きが面倒だから 8%
許可条件に該当しそうになかった 30%
期限までに書類を整えられなかった 1%
申請期間を見逃した 4%
免除制度があることを知らなかった 5%
その他 1%

奨学金の利用について

奨学金の貸与又は給付を受けているか

受けている 60%
申し込みしたが不許可 1%
申し込みしなかった 38%
その他 1%

奨学金月額

自宅 学生寮 アパート等
3万円 未満 12% 7% 7%
3~5万円 56% 38% 37%
5~8万円 19% 31% 35%
8~10万円 10% 14% 8%
10万円以上 3% 10% 13%

本文ここまで