Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

保健体育教育分野

実践的指導力と高い専門性を兼ね備えた体育教員を養成します!

紹介・特色

 現在の教員養成に関するテーマは2つあります。1つは「教員養成段階からの教員としての実践的指導力の養成」、もう1つは「生涯にわたって学び続ける教員の養成」です。
 保健体育分野では、大学において実践的指導力を養成するため、隣接する附属小・中学校と連携したカリキュラムを組んでいます。実践的指導力の養成には、実際の教育現場を 1 年生の早い段階から肌で感じることが必要だからです。カリキュラムの中心に模擬授業を据え、「学習者・観察者・指導者」と学年によって異なる立場で教育現場を体験します。また、大学ではこれらの実践を理論的に補完する授業を展開します。
 学び続ける教員を養成するには、学問の楽しさ、研究の楽しさを大学で体験しなければなりません。保健体育分野は教員3名と少ないながら、各教員の専門性を活かした講義や実技、演習(ゼミ)を開設し、4年生での卒業論文の作成を通じて学ぶことの楽しさを体験します。高い専門性をもった外部講師の授業も開設されますので、保健体育についての専門的知識に触れ、学ぶことの楽しさを実感してください。
保健体育教育分野1
附属中学校での保健体育実践演習の様子 
保健体育教育分野2
附属小学校での保健体育実践演習の様子

履修の流れ

1年目 ・保健体育の基礎知識を実技と座学の両面で学びます
保健体育実践演習Ⅰ(学習者)、中学校保健体育科教育法Ⅰ(目的・内容論)、運動学、体育社会学、柔道、陸上競技、基礎実習 等
2年目 ・多彩な保健体育専門科目により、学びをさらに広げます
保健体育実践演習Ⅱ(観察者)、中学校保健体育科教育法Ⅱ(方法論)、生理学、学校保健、バスケットボール、スキー、介護等体験 等
3年目 ・専門ゼミに所属し、専門性をより深めます
保健体育実践演習Ⅲ(指導者)、中学校保健体育科教育法Ⅲ(模擬授業Ⅰ)、保健体育専門演習Ⅰ・Ⅱ(3年ゼミ)、衛生学、教育実習(主免) 等
4年目 ・学びの集大成として、卒業研究を行います
中学校保健体育科教育法Ⅳ(模擬授業Ⅱ)、保健体育専門演習Ⅲ・Ⅳ(4年ゼミ)、卒業研究、教育実習(副免) 等
卒論のテーマには、「小学校におけるムーブメント活動を取り入れた運動プログラムの提案―楽しさを重視した体つくり運動を目指して―」、「在胎期間別の標準出生体重でみた出生時体重の大小と学齢期の子どもの筋力・全身持久力との関連」、「小学生の日常生活における歩数量調査―運動習慣との関連に着目して―」、「大学生の運動部活動継続に関する調査―過去のストレス・サポートと自己効力感に着目して―」などがあります。

保健体育教育分野の担当教員(2017年度専任教員)

氏名 専門分野 研究内容
石澤 伸弘 体育学
(スポーツ社会学)
体育・スポーツと社会とのさまざまな関わり合いについて研究しています
神林 勲 運動学
(運動生理学)
運動・スポーツが、人間の身体に与える影響を生理学的に研究しています

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで