Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

養護教育分野

紹介・特色

 子どもをとりまく環境の変化に伴い、児童生徒の健康問題も多様化しており、子どもたちの心と身体の成長・発達への課題も多岐にわたっています。
 養護教諭は学校において子どもたちの健康管理、保健指導、健康相談活動などを行う専門家であり、学校で唯一の健康管理のプロフェッショナルです。児童生徒が身体的、精神的に健康な生活を送るため、健康診断やカウンセリングのほか、学校環境衛生など様々な活動を行っています。また、養護教諭は学校で保健管理、保健指導なども行う教員ですので、医学看護学や心理学だけでなく教育学、教職関係の教科についても学びます。そのため養護教育分野では、児童生徒の心身の健康支援に必要な基礎知識や技術を積み上げ方式で学ぶためのカリキュラムが組まれています。
 1年次より附属学校での健康診断に関わる実習(基礎実習)があり、養護教諭への意欲を高める学びにつなげています。また、3年次には養護実習(保健室実習)や臨床実習(病院実習)において、保健室に来室する児童生徒への対応や病気を持つ子どもへの支援などについて実践を通して学びます。さらに、所属する研究室のゼミナールにおける専門的な学びと研究を通して、基礎学力に加えて養護教諭としての実践力を身につけていきます。
養護教育分野1
基礎実習:附属小・中学校の健康診断を見学し、さらに計測の補助を行います。
養護教育分野3
白杖・車椅子の実習:実際に白杖歩行や車椅子乗車を体験し、必要な支援について考えます。

履修の流れ

1年目 一般教養・教職を学ぶと共に、基礎医学の知識(「生理・解剖学」「栄養学」「微生物・免疫学」ほか)を身につけます。基礎実習では附属小・中学校で健康診断を見学し、児童生徒の健康観察について学びます。
2年目 一般教養・教職を深めると共に、基礎医学の実験や学校保健等(「養護概説」「養護実践」「精神保健」「公衆衛生学」ほか)について学びます。養護教諭の実践に必要な知識を座学だけではなく実験や演習を通して深めていきます。
3年目 養護教諭として必須な医学的知識、精神保健、救急処置等(「小児医学」「健康相談活動」「保健科教育法」ほか)を学び、中学校で教育実習(保健の教科、養護実習)、医療機関で臨床実習を行います。各研究室に所属して、専門的なテーマについて学びを深めます。
4年目 小学校で健康診断を中心とした養護実習、教員採用試験の勉強と卒論のまとめに努め、養護教諭としての資質と実践力、コーディネートする力を身につけます。
卒論テーマ例:「北海道の学校におけるがん教育の現状と課題について」「大学生における仲間の健康に対する態度と危険な飲酒に対する意識の関連」「うがいによる口腔内衛生状態の変化について」

養護教育分野の担当教員(2017年度専任教員)

氏名 専門分野 研究内容
青井 陽 教育保健学 環境汚染・消毒薬や薬用石鹸の消毒効果
岡田 忠雄 小児医学 小児外科学・小児救急医学
佐々木 胤則 教育保健学
健康科学
ストレスの解明と対処法
前上里 直 学校保健 保健授業の開発
山崎 隆恵 養護教育 健康相談と保健指導、養護実践
山田 玲子 看護学 学校での救急処置と看護
渡部 基 学校保健 保健の授業づくり

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで