Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

英語教育分野

紹介・特色

 英語教育分野の学生は、英語の中学校1種免許状を取得し、中学校で英語を教えることができます。また、英語教育分野では、小学校で外国語活動を教えるためのプログラムも設けており、小学校教員の免許状を取得することができます。

特徴 ─ 幅広い英語の力を身につけられる英語教育分野

 中学校の英語教員の免許を取得することが英語分野の基本ですが、札幌校はそれに加えて、小学校で英語を教えることのできる教員の養成を大きな特色としています。これからの小学校教員は、英語指導力が必須のものになります。中学校・高等学校でも教えられる高い基礎力を身につけ、小学校においては英語教育をリードできる教員。そんな人材の育成を目指しています。

グローバルな学びと活躍をめざして

 北海道教育大学は国際交流を積極的に推進しています。学生たちも毎年英語圏の国々へ留学をして、貴重な海外体験をすると共に、実践的な英語力を身につけています。27年度から始まった「グローバル教員養成プログラム(GELプロ)」は、これからますます国際化する教育環境の中で中心的な役割を担う人材を育成します。
英語教育分野1
ゼミ室にて(英語絵本の読み聞かせ)
英語教育分野2
附属小学校での外国語活動授業体験
英語教育分野3
学生による模擬授業

履修の流れ

1年目 概論I(英語教育学、英語学、英米文学の3分野)等を学びます。
2年目 小学英語I、II、概論II(英語教育学、英語学、英米文学の3分野)、演習I(英語教育学、英語学、英米文学の3分野)、中学校英語科教育法I(4年目までにIV)、異文化理解、異文化コミュニケーション論、英語コミュニケーションI(4年目までにIV)、Academic Writing I(4年目までにIV)等。後期には所属ゼミが決まります。
3年目 ゼミごとに行われる授業が中心となり、演習II、演習IIIを学び、専門性を深めます。主免(中学英語)の教育実習を行うのも、この学年です。
4年目 ゼミに所属し学んだ成果を卒業研究(卒論作成)に結実させます。演習IV(3分野のいずれか)、特別研究(3分野のいずれか)、教職実践演習等を履修します。卒論のテーマは、英語学では「Double Verb Constructions in English and Japanese」 や
「On the Syntax and Semantics of Cognate Object Constructions」、英米文学では「A Study of Sherlock Holmes:Smog in London in the Victorian Era」、英語教育学では、「英語でアニメーションを見ながら聞くときにキャプションや注がリスニングにどのように貢献するのか」などがあります。

英語教育分野の担当教員(2017年度専任教員)

氏名 専門分野 研究内容
大賀 京子 英語学 文法に興味があり、英語や日本語の文の構造を対照的に研究しています
志村 昭暢 英語教育学 英語授業分析を中心に、国内外の英語教科書・教材の分析を行っています
本多 尚子 英語学 英文法(特に受動文)や英語の歴史について研究しています
本堂 知彦 英米文学 イギリス文学の研究。特にルネサンス期の詩と音楽に興味を持っています
横山 吉樹 英語教育学 タスクとコミュニケーションに対する意欲(WTC)、香港のイマジネーション教育
萬谷 隆一 英語教育学 小学校英語の指導と評価および小中連携に関わる研究
ショーン・ホガード 英会話・英作文 外国語コミュニケーション行動と、英語学習でのソーシャルメディア活用
スティーヴン・
アズブリッジ
GELプロ担当 語学試験対策、試験問題作問方法と言語教育学などについて興味があります

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで