Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

総合技術教育分野

紹介・特色

 「ものづくり」と「情報」は現代的な教育内容の一つです。自らの知識と、五感を使い、主体的に「もの」を作り上げる体験を通して、問題解決能力や発想力などが育成されます。また、現代社会を生きていく上で、「情報」を上手に、そして適切に活用していくことは必須です。
 総合技術教育分野は、「ものづくり」や「情報」に精通した、小学校や中学校技術の教員を養成することを目的としています。
 現在、大量生産・大量消費が環境に与える影響や、資源の浪費が危惧され、持続的な社会を形成するため、誰もが、快適な生活と環境の両立について考えていくことが求められています。本分野では、環境教育教材の開発や、子どもの実践的活動を伴った学習の内容や方法の開発なども研究対象としています。

開設科目

木材加工学、木材加工実験実習Ⅰ・Ⅱ、金属加工学、材料加工の基礎、金属加工実験・実習、ものづくり設計実習、機械工作実習、電気電子工学、電気電子実験実習Ⅰ・Ⅱ、情報基礎、情報処理概論、機械工学、プログラミング実習、栽培学、作物・園芸学Ⅰ・Ⅱ、生物育成実習 他
総合技術教育分野1
「授業:栽培学」北海道の学校現場でも頻繁に利用される重要な農作物を大学裏の畑で栽培します。さらに、学生ごとに土地を割り当て、自分の計画で育ててもらいます。
「機械工作実習」旋盤工作の一コマ。この分野の基本の一つ。鉄や真ちゅう、ナイロンなど様々な材料を高速回転させ、バイト(切削用刃物)で、周囲から少しずつ切削します。
総合技術教育分野2
「土曜講座」学生の専門を生かした教育活動として、札幌キャンパスの周辺地域の小中学生を対象に、ロボットやキャパシタ・カーの製作、割り箸を原料とした紙づくりなどの講座を開いています。

履修の流れ

1年目 大学での学習と研究生活の基礎を学ぶと共に、教養と教職関係の基礎教科、設計製図などの技術関係分野の基礎的な知識を身につけます。
2年目 専門科目によって技術科学の主軸を学ぶと共に、小学校教員のための授業と中学校技術教育やその他の教職科目によって、教師として、授業を構想するための基礎を身につけます。
3年目 研究室に所属し、実験・実習やゼミを通してさらに専門性を高めると共に、教育実習を通して総合的実践力、学習開発力を養います。
4年目 希望する他校種や他教科の教員免許取得のための講義の受講と共に、4年間の総仕上げとして、自分の研究テーマを定め、卒業論文を作成します。また、卒業後の進路に関する学習をします。卒論のテーマには、「ロボット製作経験がもたらす中学生のアルゴリズム構造の範囲」、「模型一輪車の自動運転」、「生物廃棄物を原料とした紙づくり教材の開発」、「根箱を用いたジャガイモの地下部成長を観察できる教材の開発」などがあります。

総合技術教育分野の担当教員(2017年度専任教員)

氏名 専門分野 研究内容
井上 祥史 情報工学・電子工学 電子情報制御とこれに関したものづくり実践教育
大矢 智 木材加工 木材加工・材料力学と、これを通したものづくり実践教育
杵淵 信 技術科教育 ものづくりと情報教育に関する教育内容・方法・学習教材の研究
出口 哲久 栽培・生物育成 ジャガイモに関する基礎研究と、小中学校での栽培に関する学習教材の研究

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで