Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

理数教育専攻

算数、数学、理科の先生を目指そう
 
理数科教育専攻
2017年度理数教育専攻1年生集合写真


 

教員からのメッセージ

教員 理数教育専攻
田口 哲
(理科教育分野)
 知らぬ間に科学が生活に溶け込んでいる今ほど、理数系の素養が一人一人に求められている時代はありません。一方、国際数学・理科教育動向調査によると、「数学は楽しい」「理科は楽しい」と肯定的に回答した日本の中学生の割合は、ここ10年で増加傾向にはあるものの、国際平均と比べるとまだ改善の余地があることが明らかになっています。理数教育を担う先生を目指す人は、基礎学力に加え、「理数系の楽しさを子どもたちに伝えたい!」という志や「なぜこうなるのかを知りたい!」という知的探究心を持っていることが何よりも大切です。
 理数教育専攻では、算数・数学・理科の教科内容・教科教育・教育実践に関する充実した往還型カリキュラムにより、理数系に強い小学校教員と中学校数学・理科教員を育てています。「理数系って面白いし、楽しい!」と思っている小・中学校の先生を目指す皆さんを待っています。
 

学生からのメッセージ

教員 理数教育専攻
山田 冴輝
(算数・数学教育
 分野 2年)
(算数・数学教育分野)
 私は、高校までに学んだ数学に興味を持ち、より深い専門的な知識を身に付け、さらにその数学の楽しさをたくさんの子どもたちにも教えたいと思い、この分野を志望しました。
 高校までの数学は、与えられた定義を用いて問題を解くものですが、大学ではその定義を深く追求し学習する、より専門的なものになっています。また、ただ数学の知識を身につけるだけでなく、どのようにしてそれらを児童生徒に教えるか、また、専門的な知識をどのように教科指導につなげるのかを学びます。
 皆さんもよりよい教員を目指すため、教育大学へいらしてください。

(理科教育分野)
 
教員 理数教育専攻
鵜沼 佑規
( 理科教育分野
 3年)
 理科教育分野では、理科についての専門的な知見を身につけるとともに、それをどのようにして理科教育につなげていくのかを学ぶことができます。
 理科教育分野は、物理学・化学・生物学・地学・理科教育の5つの領域に分かれていますが、私は化学領域に所属しています。化学の講義の中では、環境問題やエネルギー問題の解決など多くの可能性を秘めた「電池」に興味を持ちました。今は、大学院への進学も視野に入れながら日々学んでいます。さらに、小学校や科学館で開催された科学イベントにも化学領域の仲間と共に参加し、理科を通して子どもたちと触れ合う、教員を目指す学生にとっての実践的な取り組みも行いました。 
 理科と教育に興味のある方は、私たちと共に札幌校で学んでみませんか。
(分野分属の時期と方法)
理数教育専攻では、入学時に算数・数学教育分野、理科教育分野の2つの分野のどちらに所属するかを決めます。所属分野志望調査票で意向調査を行い、志望者数が各分野の受入れ予定人員を超えた場合は、前期日程、後期日程それぞれの入学試験の総合成績を用いて決定します。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで