Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

理科教育分野

紹介・特色

 理科教育分野は物理学、化学、生物学、地学、理科教育の5領域から構成されています。学生は、このうち一つの領域に所属し、理科教育等に関する講義と専門の講義や実験を通して、知識と思考力、教育実践力を身につけます。

物理学領域

力学、熱力学、電磁気学などの基礎を学び、実験を行います。物理理論や雪氷の室内実験・フィールドワークを通して研究を行います。

化学領域

物質の性質・状態・変化を、物理化学・分析化学などの観点から実験を通して学びます。

生物学領域

野外調査や採集、実験動物を用いた室内実験などを通じて、生物学の知識・考え方を深めていきます。

地学領域

地質学と気象学を学びます。中でも野外実習(巡検)や実験に力をいれています。

理科教育領域

理科に関する意識調査、教材開発、理科の授業分析を中心に研究を進めています。
理科教育分野01
物理学
「放射線の遮へい実験」
理科教育分野02
化学
「エタノール水溶液の密度の測定」
理科教育分野3
理科教育
「理科教育領域集合写真」
理科教育分野4
 生物
「臨海実習」
理科教育分野04
 地学
「野外巡検
(三笠市での化石採集)」

履修の流れ

1年目 「アカデミックスキル」や各領域の「概論」、「情報機器の操作」などの講義、演習を通じて、自然科学の基本的な事柄を学びます。前期終了後に、主免許を小学校、中学校(理科)のどちらにするかを決めます。
2年目 各領域の「基礎実験」で、小中学校の理科で必要な実験・観察の技術、自然科学に関する基礎的知識、考え方を学びます。
3年目 各領域の専門科目の講義、実験により、専門的な知識、技術、科学的思考力を養います。また近隣の小学生・中学生などを対象にした土曜講座への取り組み、附属小中学校での授業実践などにより教育指導能力を養います。
4年目 1年間の卒業研究で教材開発や専門的な研究に取り組み、その成果を卒業論文としてまとめます。4年間を通じて、自ら計画を立て、実施し、考える力、まとめる力を身につけます(最近の卒論テーマの例 物理学領域:フーコーの振子による地球の自転の実験的検証 化学領域:デジタルマイクロスコープを用いたブラウン運動の観察によるアボガドロ定数の測定 生物学領域:千歳市根志越の冷温帯落葉樹林における18年間の動態 地学領域:北広島市西の里から産出した貝類化石の群集解析 理科教育領域:イオンについての学習の教材の開発─置換メッキを用いて─)

理科教育分野の担当教員(2017年度専任教員)

氏名 専門分野 研究内容
岡村 聰 地学 火山地質学、岩石学、災害地質学
尾関 俊浩 物理学 雪氷物理学、雪氷災害科学、物理教育
蠣崎 悌司 化学 分析化学、電気分析化学、化学教育
菅 正彦 化学 環境情報計測科学
木村 賢一 生物学 昆虫の神経行動学、発生遺伝学
鈴木 明彦 地学 古生物学、古環境学、漂着物の自然誌学
平 久夫 物理学 物性理論、物理教育
高久 元 生物学 昆虫類、ダニ類の分類、生態、生物地理
高橋 庸哉 地学 大気物理学及びその教育への適用
田口 哲 化学 物理化学、電気化学、化学教育
並川 寛司 生物学 植生学、森林生態学
早野 清治 化学 有機化学教育教材開発
柚木 朋也 理科教育 理科教育全般に関わる内容
渡辺 理文 理科教育 理科授業の分析

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで