Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

特別支援教育分野

紹介・特色

 特別支援教育分野では、「一人ひとりのニーズ」を見極めて、それに対応できる指導者の養成を目指しています。これまでの特別支援教育の歴史、心理アセスメント、個別の指導計画の作成などのほか、実践的な指導法を学ぶことで、特別な教育的ニーズを持つ子どもに寄り添いながら、発達を支援する力を身につけます。
 本分野の特色は、大学内の臨床教育施設に、子どもの特別なニーズに対応する専用の体育館、個別の指導室、遊戯室などの施設・設備を備え、学生が個別と集団の臨床活動にいつでも参加できることです。この実習では、実際に子どもを担当すると共に、スタッフの指導(スーパーバイズ)を受けながら、子どもたちの「困っていること」の解決に取り組んだり、発達の支援を行ったりします。実践的なカリキュラムの一つと言えます。
 卒業生の多くは、札幌市や北海道の特別支援学校、通常学校の教員として子どもたちの指導に当たるほか、福祉施設や地方公共団体(公務員)、教育関連企業などにも就職しています。
 最近の専攻行事や授業の様子などは、ほくとくネットの「札幌キャンパス情報」のページをご覧下さい。
特別支援教育分野1
個別臨床実習
特別支援教育分野2
臨床運動施設での活動
特別支援教育分野3
遊戯室での小集団臨床

履修の流れ

1年目 特別支援教育基礎論や障害児・者福祉論、障害種別の心理・生理・病理など、特別支援教育に関する基礎的な知識を身につけます。
2年目 臨床科目、観察法実習(附属ふじのめ学級)、心理教育アセスメント、障害種別の指導法など、実践的な内容に取り組みます。
3年目 研究室を選択して、興味のある分野についての専門性を深めていきます。障害児教育方法、特別ニーズ教育学、障害児心理、障害児者福祉、障害児運動発達などの研究室があります。小学校実習と特別支援学校(養護学校)の実習に各3週間参加します。
4年目
 
4年間のまとめとして、卒業論文を完成させます。卒業論文の制作過程では、5月の研究デザイン発表会、10月の中間発表会、2月の卒業論文審査会を1-4年生と教員が参加して行っています。最近の卒論のテーマ例は、「読みに苦手意識のある小4女児に対する認知特性に配慮した音読指導」、「教員養成課程における学生の障害理解教育の資質向上のための検討」、「再現ドラマ鑑賞とロールプレイによる高等支援学校生徒の消費者教育の実践的研究」、「バランス機能・疾走フォーム・疾走スピードの関係─不器用児のための短距離走指導への予備的研究」などです。

特別支援教育分野の担当教員(2017年度専任教員)

氏名 専門分野 研究内容
青山 眞二 障害児心理 発達障害児における心理アセスメントと長所活用型指導
池田 千紗 障害児生理・病理 発達障害児の抱える不器用さ、書写評価と支援方法に関する研究
齊藤 真善 障害児心理 高機能広汎性発達障害の対人認知特性に関する研究、読み障害のメカニズムの研究と効果的な指導プログラムの検討
千賀 愛 障害児教育 特別支援教育の制度・システム、アメリカの特別学級史、特別ニーズ教育史、ドイツの障害児教育、インクルーシブ教育の理論と実践
三浦 哲 障害児教育方法 支援を要する子どもの相互交渉能力の発達に関する研究
安井 友康 障害児教育 障害者の生活の質向上に関する研究、障害児者の地域生活、余暇・スポーツ活動支援に関する研究

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで