Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

発達・教育心理分野

こころの探求と子ども理解

紹介・特色

「心理学」とは何でしょうか。黙って相手をじっと見ているだけで、その人の考えていることがわかるようになる・・・と思っているのなら、それは大きな間違いです。
発達・教育心理分野では、人の心の動き、しくみ、外にあらわれる行動などを科学的に解明し、それをどのように教育に生かすかを考えてゆきます。「心はこのように働いているのではないか」という考えを、他の人たちに示すには証拠が必要です。そのために実際にデータを取り、データを分析して「やはりこのように働いているという証拠が確かにある」と、示してゆくのが、心理学の方法です。
発達・教育心理分野では、まず心理学の基礎知識や研究方法を学びます。その上で、認知心理学、教育心理学、発達心理学、社会心理学、学校心理学、臨床心理学など、さまざまな知識とアプローチを駆使しながら、教育現場での実践力を身につけるためのカリキュラムが組まれています。
例えば、なぜ学校の勉強は身につかないのか?、人の話をちゃんと聞けるようになるには?、子どもたちのやる気を引き出すには?、作文嫌いの子どもが作文を書けるようになるには?、性格検査で何がわかるのか?、社会性(人間関係)の教育は可能か?、学校カウンセリングはどのように行えばよいのか?、といった教育的課題を心理学の理論に基づいて考えたり、実際に研究していきます。
フィールド研究(なかよし通学合宿)
フィールド研究(なかよし通学合宿)
心理統計実習(PC実習室)
心理統計実習(PC実習室)
卒業論文発表
卒業論文発表
心理学実験(防音室)
心理学実験(防音室)

履修の流れ

1年目 学校教育と教育臨床の基礎:現代の学校教育や発達・学習における諸課題について考えます。
心理学基礎演習・・・心理学の基礎知識を、テキストを読んだり議論をしながらゼミ形式で学びます。
2年目 心理統計実習:実験や調査のデータをコンピュータを使って統計的に分析する方法を学びます。
心理学実験・アセスメント:実験や調査の方法を実習的に学びます(実験の体験、結果の分析、レポート作成)。
3年目 応用心理学実験I・II:研究室に所属し、専門的なテーマを決めて、実際に実験調査等の研究を行います。
2年~4年の間に、心理学の各分野(担当教員の専門分野)についての講義や演習を受けます。
4年目 4年間の集大成として卒業論文に取り組みます。
最近の卒論テーマ例:小学生の算数文章題の作図能力、友人からの受容感と学習意欲の関連、対人葛藤場面での対処方略、PISA型リテラシーを育成するための授業開発、不登校傾向と自己愛の関連、等

発達・教育心理分野の担当教員(平成26年度)

氏名 専門分野 研究内容
鹿内 信善 教育心理学 教育心理学をベースにした授業開発研究
戸田 弘二 社会心理学 愛着、対人魅力、対象喪失など、親密な二者関係の研究
戸田 まり 発達心理学 社会性・共感性の発達、情動知能についての研究
平野 直己 臨床心理学 子どもの心理発達と心理援助、地域での心理臨床実践
吉野 巌 認知心理学 教科学習場面での理解・思考過程の研究、メタ認知、音楽の認知

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで