Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

課程紹介 課程紹介

ここから本文です。

環境教育グループ

こころの探求と子ども理解

紹介・特色

今日の環境問題を解決し、持続可能な社会を実現するためには、私たち一人一人が環境と人間の関わりや自然環境の価値などについて理解を深めるだけでなく、環境問題を引き起こしている社会経済などの仕組みを理解し、環境に配慮した社会を創造していくことが必要です。
このことは、学校教育はもとより、学校外の様々な場面において提供される「環境教育」を通じて実現されますが、本グループはこれを担う人材を育成することを目標とし、次のような特色を持っています。

教育実践力の育成

環境に関する知識・理解を深め、実践的な環境教育を担う人材や、環境に優しい方策を考え提案できる人材の育成をめざしています。そのために必要な、調査、観察、分析の能力を、実験や実習を通じて培います。また、調査や分析の結果を提示するための情報処理の能力も育成します。

多様な専門分野の統合

学際的な側面を持つ環境教育についての教育と研究は、様々な専門分野のスタッフによって行われています。環境教育グループは、自然科学を中心とする基礎科学と応用科学に加え、社会科学を専門とする教員により構成されています。この3分野を統合した教育が、環境教育グループの特色です。

身近な環境の探求

グローバルな環境問題の多くは、私たちの生活様式や身近な環境のあり方を見直すことで解決することが可能です。身近な環境への人間の影響、同時のそれらの環境への影響が私たちの生活に与える影響を研究することを通じ、環境教育について考えます。
教育フィールド研究IV 附属学校での授業
教育フィールド研究IV 附属学校での授業
高速液体クロマトグラフ質量分析計
高速液体クロマトグラフ質量分析計
 
環境科学実験(川の生き物調査)
環境科学実験(川の生き物調査)

履修の流れ

1年目 総合学習の理論を支える学際的思考および環境教育の基礎を学びます。
2-3年目 研究室に所属し、それぞれの専門の科目を中心に環境教育を学びます。環境生物学、環境地誌学など自然科学・社会科学の両面から学び、環境科学実験などの実験実習で実践力を養います。
4年目 4年間の仕上げとして、環境にかかわるテーマを定めて研究をすすめ、卒業論文を作成します。

環境教育グループの担当教員(平成26年度)

氏名 専門分野 研究内容
大矢 智 木材加工学 木質接合部の強度、木材切削機構
岡村 聰 火山地質学 環境地質学
菅 正彦 環境情報計測科学 環境中の化学種の測定方法と情報処理・発信
今 尚之 都市・地域計画 歴史的・文化的環境とまちづくり、まちづくり環境学習
武田 泉 地理学 環境政策および交通政策
並川 寛司 生物学 群集の組成、構造、動態
宮田 和保 経済学理論 経済学(社会経済学)
森田 みゆき 生活環境工学・被服学 生活化学物質の環境科学的研究
※これは平成25年度時点でのスタッフです。
物理学分野についても、基礎学習開発専攻の理科グループの協力により学習できます。

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで