Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

大学院紹介 大学院紹介

ここから本文です。

現在位置

授業

履修方法及び授業時間

「昼間開講コース」の学生は、平日の昼間に開講される授業、夏期休業等の長期休業期間に集中講義で開講される授業を履修します。ただし、科目によっては、夜間に開講される授業を履修する場合もあります。
「昼夜開講コース」の学生は、原則として夜間に開講される授業を履修します。昼間の授業(夏期休業等の長期休業期間の集中講義を含む。)を履修することもできます。

「昼間開講コース」授業時間
校時 開始時刻~終了時刻
1校時 9:00~10:30
2校時 10:40~12:10
3校時 13:00~14:30
4校時 14:40~16:10
5校時 16:20~17:50


「昼夜開講コース」授業時間
校時 開始時刻~終了時刻
6校時 18:00~19:30
7校時 19:40~21:10


なお、学校臨床心理専攻の授業は、次のように行われます。
  • (ア)現職教員等の便宜を図る趣旨から夜間開講に重点を置いた昼夜開講制で授業を行います。夜間に開講する授業の単位を修得することで修了できます。(昼間開講を主とする学生は、一部特定の科目の夜間履修が必要になります。)。さらに、上記の趣旨から、一部の授業については、土・日曜日及び長期休業期間中にも授業を開講します。
  • (イ)本専攻は、修学場所として札幌、岩見沢校(ベースキャンパス ※ 注2 )のほか、函館校、旭川校、釧路校にサテライト ※ 注3 が置かれ、学生は、希望する修学場所を選択することができます。また、修了に必要な単位の修得は、選択した修学場所で履修することができます。さらに、他の修学場所で開講される授業も履修することができます。ベースキャンパスでは主に対面方式の授業が行われ、各サテライトでは双方向遠隔講義を中心に、出張講義、サテライト専任教員等による対面方式の授業が行われ、各サテライトでは双方向遠隔授業 ※ 注4 を中心に、出張講義、サテライト専任教員等による対面方式の授業が行われます。 出張講義は、ベースキャンパスの専任教員が各サテライトに出向いて、対面方式による授業を行います。
※ 注1 臨床心理士資格の受験資格は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の指定大学院(第二種)で所定の単位の取得が必要です。本専攻は、指定大学院(第二種)の指定を受けています。
※ 注2 ベースキャンパス:本専攻の拠点となるキャンパスで、双方向・遠隔授業の発信地となります。全開設科目の約70%をここで開設します。
※ 注3 サテライト:ベースキャンパス以外の修学場所です。各サテライトで開設する授業及び双方向遠隔授業などで、本専攻の全開設授業科目の約60%をここで受講することができます。
※ 注4 双方向遠隔授業:ベースキャンパスと各サテライトをLAN回線で結んだシステムです。音声及び画像を双方向で送受信します。

授業科目の履修年次等

本研究科の授業科目のうち、学校教育に関する科目、教科教育に関する科目、専門科目及び教育実践研究は、すべて1年次から履修できるように開設しています。課題研究は、2年次に受講することを標準としています。学校臨床心理専攻の授業科目のうち、臨床心理実習は、2年次に受講するものとします。所属する専攻以外の専修の授業科目を履修する場合は、原則として特論の科目を履修してください。なお、学校臨床心理専攻の授業科目には、他の専攻に所属する学生は履修できないものがあります。

本文ここまで