ここから本文です。

  1. 国立大学法人 北海道教育大学
  2. 国立大学法人 北海道教育大学 旭川校
  3. 学生生活
  4. 学生相談・学生生活サポート室

学生生活学生相談・学生生活サポート室

 臨床心理士および公認心理師の資格を持った学生支援コーディネーターをはじめ、
保健管理センター看護師、教育支援グループ職員を中心とした大学の教職員が相談
窓口となり、様々な相談に応じます。
 心理的な相談に限らず、大学生活のあらゆることに関する相談に対応します。相
談内容に関しては、基本的に守秘義務を厳守します。相談することによって不利益
になることはありませんので、些細なことでも抱え込まず、遠慮なく相談に来てく
ださい。
 修学上、特別な支援が必要な場合には、学生生活サポート室が関係教員等と連携
しながら支援内容を検討します。

保健管理センター
​​​​​ 健康上の相談(持病、体調不良、健康診断結果等)、心理的な相談(性格、感情、
対人不安等)に応じます。
【相談方法】                                     
 対面による相談のほか、メールまたは電話での相談も可能です。相談を希望する
場合は事前に予約をお願いします。
 電話:0166-59-1245  メール: asa-hoken@j.hokkyodai.ac.jp
【相談対応時間】
 看護師          月~金 8:30~17:15(健康相談)
 学生支援コーディネーター 月~木 9:00~16:00(心理相談)
 
学生生活サポート室
 何らかの障害や疾患により、授業および教育実習等において「特別な教育的配慮」
が必要な学生に対し、本人との面談等により具体的な状況や希望する配慮の内容等に
ついて詳しく伺った上で、配慮の可否及び配慮の内容を決定します。相談には、医師
の診断など、専門家による所見の持参が前提ではありません。「特別な教育的配慮」
を必要とする方は、事前に下記までご連絡ください。相談による修学上の不利益は生
じませんので、なんらかの配慮が必要か確かめたい場合にも遠慮なくご連絡ください。

教育支援グループ                                
 電話:0166-59-1229  メール:asa-gakusei@j.hokkyodai.ac.jp
 
人権相談                                     
 各種ハラスメントなど人権に関する相談に応じます。相談員は、男女両性により構成
されています。誰に相談してもかまいません。相談者の同意を得ずに、相談員が勝手に
動くことは決してありません。安心してご相談ください。
人権相談員

その他の相談
 どこに相談してよいかわからないときは、学生指導教員または教育支援グループにご
相談ください。必要に応じて関係部署へとつなぎます。
相談対応組織図(264.17 KB)
Get Acrobat Reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー