Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

理科教育プロジェクト【釧路】

へき地・小規模校の理科教育改善のための

理科実験セットの試作・活用

プロジェクトの背景と目的

 約3割の小学校がへき地複式校である北海道では、多くの教員が理科の授業において「準備時間の不足」「設備備品の不足」「指導方法」について障害に思っていることが課題になっています。

 本プロジェクトは、その課題を解決するために小学校理科の単元毎の理科実験セット(指導方法の動画CD付き)を試作し、これを出前授業や学外組織などを通じて活用します。また、市町村の教育委員会および公立小学校と連携し、へき地小規模校の理科教育に生かします。

 理科実験セットについては、地域のオリジナル性を重視するとともに、これまでの理科プロジェクトで作成したテキストとの関連をふまえて開発します。この理科実験セットは教育区(教育委員会)ごとに配置し、地域で活用するための貸出システムを含めて検討します。

 このような取組により、本学の学生が理科の指導に自信が持てるよう、本学のカリキュラムの改善を図ります。
 さらに、理科実験セットは、発展途上国の理科教育の充実にも寄与することが期待されます。
 

実施体制

  • 北海道教育大学釧路校
  • 附属釧路小学校
  • 附属釧路中学校

理科プロジェクト進捗状況報告

本文ここまで