Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

特色ある取り組み 特色ある取り組み

ここから本文です。

現在位置

理科教育プロジェクト【札幌】

札幌市教員育成フレッシャーズセミナー

 -理科の指導力向上-

プロジェクトの背景と目的

 本プロジェクトは、札幌市教育委員会と連携し、札幌市の新年度採用予定者を対象に、採用直前期(2月)における授業力、特に理科の指導力の向上を目指した研修のあり方を探るプロジェクトです。

 具体的には、札幌校の理科教育専修教員および小中学校の実践者が連携し、理科の指導力の向上に必要な研修内容の研究・開発および実施体制を構築し、平成27年度採用予定者を対象に実施します。また、実施後の評価方法についても検討し、次年度へ向けて改善の方向を探ります。

 本プロジェクトと連動し、札幌市教育委員会が主体となり、新年度採用者を対象に、札幌市の教育について理解を深める研修、学級経営についての基本的な知識・技能を高める研修が平行して行なわれる点に特色があります。

 新年度採用者を対象に、札幌市の教員に求められる資質や指導力を高める研修を、養成を担う大学と現職研修を担う市教委が協働して行うことは、養成又は研修に係るカリキュラム内容を相互に理解できるだけでなく、相互の役割を補完できる点に意義があります。

 理科教育専修の教員と小中学校の実践者が協同で行うこのプロジェクトは、各国立大学の強み・特色・社会的役割を整理したミッションの再定義の中で求められている「学校現場に密着した教育と研究」そのものです。

 また、このプロジェクトを通じ、大学教員に課せられている「実践的な指導力の育成・強化」という点でも大きな成果が期待されています。
 

実施体制

  • 北海道教育大学札幌校
  • 札幌市教育委員会
  • 附属札幌小学校
 

理科プロジェクト進捗状況報告

 

リンク






 

        



    理科へのとびら(平成28年3月)

        
 

本文ここまで