Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学部・大学院 学部・大学院

ここから本文です。

高度教職実践専攻(教職大学院)

各専修の担当教員一覧 高度教職実践専攻(教職大学院)

学級経営・学校経営分野

氏名 職名 分野 担当授業科目名 専門領域
井門 正美 教授 学校教育学
社会系教科教育
社会システム論

 学校教育の課題と
 教員
 
 北海道の教育
 

 群馬県教員9年間の勤務を通して学校の問題を痛感し、その問題を解決するために研究者の道を選びました。私は、学校による子どもの囲い込みや学校における暗黙の前提を問い正す方法論として役割体験学習論を提唱していますが、この理論を基軸として皆さんと共に今日的教育課題を追究したいと思います。
 
梅村 武仁 特任
教授
学級経営
学校経営
国語科教育
 
 「生きる力」を育
 む学級・学年経営
 の実際と課題

 特色ある学校作り
 と組織の活性化を
 図る学校経営の実
 際と課題

 学校と家庭・地域
 との連携における
 成果と課題

 学校組織マネジメ
 ントの理論と実際
 
 札幌市内の中学校で教員及び管理職を経験してきました。また、研究団体や校長会での経験を踏まえ、皆さんとともに、学校現場の諸課題を具体的に考究するとともに、授業作りや学校・学級経営、学校の危機管理、自らの力量形成を図る学びについて、探究しましょう。
小野寺 基史 教授 特別支援教育
障害児心理学

 特別支援教育の理
 解と対応

 学級の主体性を育
 む教育実践活動

 特別支援教育コー
 ディネーターの役
 割と課題
 

 特殊学級や児童精神科に併設された分校、教育センター教育相談室で30余年、障害のある子どもの教育や教育相談に携わってきました。不登校や発達障害の子どものアセスメントと適切な指導・援助、望ましい教育相談の在り方等について一緒に考えていきましょう。
 
松橋 淳 特任
教授
学級経営
学校経営
数学科教育

 学校教育の課題と
 教員

 学校組織マネジメ
 ントの理論と実際

 これからの時代の
 学校教育のあり方
 

 中学校教員、管理職、及び教育行政職を経験してきました。実務家教員としてこれからの経験を生かし、地域・学校でリーダーとして活躍できる実践力育成に向け、皆さんと共に、学校現場における諸課題について、理論的・実践的研究を深めていきたいと思います。
 
笠井 稔雄 教授 学校経営学
教育方法学

 学校教育の課題と
 教員

 これからの時代の
 学校教育の在り方

 教師に求められる
 リーダーシップと
 同僚性の今日的課
 題

 学校組織マネジメ
 ントの理論と実際
 
 これからの時代に求められる学校経営の在り方について「学校経営計画(学校マニフェスト)と連動した学校評価システム」「苦情処理体制の確立と苦情を生かす学校経営」「スクールリーダーに求められる資質能力とその育成方策」などの観点から探求しています。
藤森 宏明 准教授 教育行政学
教育社会学
教育制度

 「生きる力」を育
 む学級・学年経営
 の実際と課題

 学級の主体性を育
 む教育実践活動

 特色ある学校づく
 りと組織の活性化
 を図る学校経営の
 実際と課題

 学校と家庭・地域
 との連携における
 成果と課題
 
 へき地・小規模校
 の経営と課題

 学校組織マネジメ
 ントの理論と実際
 
 専門は教育行政学です。近年の教育制度改革によって、教育システムは大きく変化しております。このことが教育委員会・学校・教師・児童生徒・地域に対しどのような影響を及ぼしているかをさまざまな切り口から研究しています。
近藤 逸郎 特任
教授
学級経営
学校経営

 学校教育の課題と
 教員

 学級の主体性を育
 む教育実践活動

 特色ある学校作り
 と組織の活性化を
 図る学校経営の実
 際と課題

 教師に求められる
 リーダーシップと
 同僚性の今日的課
 題

 学校組織マネジメ
 ントの理論と実際
 
 小学校教員・管理職および教育行政の経験を活かし、今、学校現場が抱えている学級経営・学校経営における様々な課題とその改善策について、院生の皆さんと共に探っていきたいと考えています。本大学院での学びを通して教師力をさらに高めていきましょう。
安井 智恵 准教授 学校経営学
教育行政学
キャリア教育
 「生きる力」を育
 む学級・学年経営
 の実際と課題

 学校と家庭・地域
 との連携における
 成果と課題

 これからの時代の
 学校教育のあり方

 北海道の教育

 専門は学校経営学です。学校と保護者や地域住民との関係に興味があり、地域とともにある学級づくりの実質化と地域人材育成をテーマに、コミュニティ・スクールを対象に研究しています。学校と地域のより良い関係の在り方について一緒に探求していきましょう。
 
中村 吉秀 特任
教授
学級経営
学校経営
校内研修

  学校教育の課題と
  教員

  学級の主体性を育
  む教育実践活動

  学校と家庭・地域
  との連携における
  成果と課題

  教師に求められる
  リーダーシップと
  同僚性の今日的課
  題
 
  小・中学校教員と管理職の経験を活かし、多様な実践事例に理論的な検証を加味し学校と往還することを基底としながら、課題の改善に取り組む力量を共に高めていきたい。特に、改善に取り組む意思の伸展を実現するための方途を探究していきたいと考えている。

杉本 任士
 
准教授 学級・学校経営
行動分析学

 学級の主体性を育
 む教育実践活動

 「生きる力」を育
 む学級・学年経営
 の実際と課題

 これからの時代の
 学校教育のあり方

 学校組織マネジメ
 ントの理論と実際
 

 小学校の教員として
20年間勤めました。その時の経験と専門である行動分析学の方法論を用いて、学級・学校経営の改善に向けて研究しています。子ども達の良さや可能性を伸ばす学級・学校経営の在り方について、皆さんと一緒に考えていきたいです。
 

生徒指導・教育相談分野

氏名 職名 分野 担当授業科目名 専門領域
川俣 智路 准教授 臨床心理学
教育心理学
 
  発達・学習支援の
  方法と実践的課題

  生徒指導の意義と
  今日的課題

  生徒指導の実際
 

  専門は教育臨床心理学で、生徒指導や教育相談の過程の分析、全ての子どもが学びに参加できる教室環境や指導方法の検討が近年の研究テーマです。 実践課題に日常と異なる視点からアプローチできる、そんな方法を一緒に探求しましょう。
 
小沼 豊 准教授 学校心理学
教育心理学
カウンセリング
 児童生徒理解とそ
 の指導方法

 子どもの逸脱行動
 への実践的対応

 現代社会と生徒指導

 専門は、学校心理学で小中高等学校において、スクールカウンセラーとして児童生徒や保護者そして教員の方の援助をさせていただいております。教員の被援助志向性の検討が研究のテーマです。理論を学び、理論と実践の往還ができるような実践研究を探究していきましょう。
 
稲葉 浩一 准教授 教育社会学
生徒指導論
少年非行論
学校文化論
 発達・学習支援の
 方法と実践的課題

 生徒指導の意義と
 今日的課題

 現代社会と生徒指導
 
 主として生徒指導領域にかかわる教育事象を、教育社会学という学問的立場から研究しています。定型的な語彙や論理に依存しない、そんな「ちょっと違った視点」を提供することで、受講生の方々の経験・思考の深化に貢献できれば幸いです。
 
水口 正博 特任
教授
生徒指導
教育相談
 生徒指導の実際

 児童生徒理解とそ
 の指導方法

 子どもの逸脱行動
 への実践的対応

 

 実務家教員として、これまでの経験を活かし、ますます多様化していく生徒指導上の諸課題を共に考え、児童生徒の自己有用感を高め、自己指導力を育成する生徒指導・教育相談のあり方や支持的風土のある学級づくりを皆さんと一緒に探求していきたいと思います。
 
安川 禎亮 教授 生徒指導
教育相談

 生徒指導の実際

 児童生徒理解とそ
 の指導方法

 子どもの逸脱行動 
 への実践的対応
 
 「悪い教師はよくしゃべる。普通の教師はよく指導する。良い教師は子どもの心に火を灯す」微かな心の光を大切にする生徒指導・教育相談を探求します。
室山 俊美 特任
教授
生徒指導
教育相談
 発達・学習支援の
 方法と実践的課題

 生徒指導の意義と
 今日的課題

 現代社会と生徒指導

 学校、行政機関での
38年間の勤務経験を生かし、多様で複雑な教育課題を抱える今日の教育現場においてリーダーシップを発揮できる教師の育成を目指し、院生の皆さんと共に生徒指導の視点から学んでいきたいと思います。
 
小田 将之 教授 生徒指導
教育相談

 発達・学習支援の
 方法と実践的課題

  生徒指導の意義と
  今日的課題

 現代社会と生徒指導

 北海道の教育
 
 
 小・中学校教員と社会教育行政、学校教育行政、学校管理職を経験してきました。これまでの経験を踏まえ、保護者や地域からの信頼を得るための生徒指導等の在り方について、院生の皆さんと共に考え、学びを深めていきたいと思います。
 
三上 清和 特任
教授
生徒指導
教育相談

 生徒指導の実際 

 児童生徒理解とそ
   の指導方法

 子どもの逸脱行動
 への実践的対応
  
 
  
 
  小学校教員及び管理職の37年間の経験を生かし、教職大学院が目指すリーダー育成の役割を重く受け止めながら、資質や能力を高める教師を育むために、微力ではありますが「人づくり」を中心とした業務に尽力してまいりたいと考えています。

授業開発分野

氏名 職名 分野 担当授業科目名 専門領域
野寺 克美 特任
教授
社会科教育
道徳教育
 
   授業づくりの実際

 道徳教育の諸理論
 と授業づくり

 教科教育の実践と
 課題

 指導と評価の実践
 的展開
 

 札幌市内の小学校で教員・管理職を経験してきました。その経験を活かし、授業力の向上について、学校現場における様々な視点から院生の皆さんと探究したいと思います。特に、授業づくりでは、社会科教育を窓口に、問題解決学習を追及したいと考えています。
 
姫野 完治 准教授 教師学
教育工学
教育方法学
 学びとカリキュラム
 
 指導と評価の実践
 的展開
 
 授業研究の理論と
 実際

  「教える人=教師」の成長・発達過程に興味をもち、その特質や支援の方法について研究しています。学び続ける教師は、何を、いつ、どこで、どのように学んでいるのでしょう。その学びをいかに続けているのでしょう。一緒に考えてみませんか。
 
前田 輪音 准教授 教授学
社会科教育
憲法教育

 教科教育の実践と
 課題

 教材開発・教材研
 究の方法と実践

 授業研究の理論と
 実際

 総合学習のための
 カリキュラム開発
 
 専門は社会科教育で、特に憲法教育で憲法批判や関連する諸事実をもとにどのように教育内容を構成するかを考えています。目の前の子どもを対象に、どのような素材をどう教材化し授業を実践するか、ともに考えていきましょう。
藤川 聡 教授 教育方法学
技術科教育

 授業づくりの実際

 教材開発・教材研
 究の方法と実践

 指導と評価の実践
 的展開

 総合学習のための
 カリキュラム開発
 

 専門は技術科教育で、授業開発や指導と評価の真正性についての研究に取り組んでいます。公立中学校での教員経験を基盤に、院生の皆さんと共に「生き生きとした子どもの姿」が見える教育実践について考えたいと思います。教職大学院で「新しい自分」に出会ってみませんか。
 
水上 丈実 教授 社会科・生活科教育
総合学習
道徳学習

 学びとカリキュラム

 道徳教育の諸理論
 と授業づくり

 教科教育の実践と
 課題
 
 授業研究の理論と
 実際
 
 授業は教師の生命線、教師は授業で勝負とよく言われます。現場の校内研究での努力や成果、生徒指導、学校経営等のあらゆる視点から授業を考え、子どもたちに真の学力を育む授業の改善・創造を目指したいと考えています。
梅本 宏之 特任
教授
英語科教育
特別活動

 授業づくりの実際

 学びとカリキュラム

 道徳教育の諸理論
 と授業づくり
 
 授業研究の理論と
 実際
 
  学校、行政機関では、授業研究、生徒指導、特別活動、学校経営を中心に研究と実践を深めてきました。「教学半」、共に学ぶ姿勢で、院生の皆さんの更なる専門性の向上に、微力ですが務めを果たしてまいります。
森 健一郎 教授 教育方法学
理科教育学

 教科教育の実践と
 課題

 教材開発・教材研
 究の方法と実践

 指導と評価の実践
 的展開

 総合学習のための
 カリキュラム開発
 
 カリキュラムの構造分析と、それに基づいた学習プランの在り方について、実践を踏まえながら研究を進めています。その時代のカリキュラムには、同時代の社会の背景が反映されているものです。それらを読み取る作業を通して、より望ましい授業像を共に探っていきましょう。
阿部 二郎 准教授 科学技術教育
へき地教育
NIE・新聞教育

 授業づくりの実際

 教科教育の実践と
 課題

 教材開発・教材研
 究の方法と実践

 授業研究の理論と
 実際


 

  19年間を国公私立の中学校教員として、18年間を大学教員として過ごしてきました。その
間、教育実践にとって「学問」や「理論」がいかに重要で役立つものかを痛感してきました。各種「理論」を、「教育実践」の場で自在に活用できる教員を目指したいものです。
 
橋本 忠和 教授 教育内容・方法論
美術教育学
 学びとカリキュラム

 道徳教育の諸理論
 と授業づくり

 
 
 専門分野である美術教育領域を多方面から捉え、地域環境・コミュニティアート等を対象とした教材開発や造形教育の指導論や授業分析にとどまらず、環境教育・国際理解教育・道徳教育等と子どもの表現活動を関連付け、その認知能力やコミュニケーション能力等の育成の研究を進めています。
 
小松 一保 特任
教授
体育科教育
へき地・複式教育
 道徳教育の諸理論
 と授業づくり

 指導と評価の実践
 的展開

 総合学習のための
 カリキュラム開発

 小学校教員・教育行政・管理職の経験を生かし、学校経営や体育科教育法をはじめとする学校教育全般について研究を深めていきたいと考えております。とりわけ、平成30年度は、今日的な課題を踏まえた教科の指導法並びに評価の在り方について皆さんとともに研鑽していきたいと思っています。
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで