Menu

北海道教育大学旭川校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

園概要 園概要

ここから本文です。

現在位置

幼稚園の生活

学級編成・定員・職員

・3歳児(つぼみ組) 定員20名
・4歳児(ことり組) 定員25名
・5歳児(おひさま組)定員25名

園長 ・副園長
各クラス担任1名、副担任1名 ・支援員
養護教諭 ・事務補佐 ・公務補

幼稚園の1日の生活


・登降園は、保護者または家族による送迎が必要です。
・平日の降園時間から17:00まで『預かり保育』を行っています。

活動の様子から

幼稚園の畑では、小松菜、ホウレン草、青梗菜、キュウリ、トマト、ナス、大根、トウモロコシ、枝豆、ジャガイモ、ニンジン、レタス、白菜、長ネギなどいろいろな野菜を育てています。子どもたちが種まきや苗植えをして、水やり・草取りなど世話をしながら成長を観察。そして、畑で大きく育った野菜を自分たちで収穫し、調理をして食べます。慣れない手つきの包丁もだんだんと上手に使えるようになります。とれたての野菜を入れて作ったおみそ汁は、子どもたちに大人気。みんなで食べるとおいしくて、野菜が苦手だった子も少しずつ食べられるようになっていきます。こうした活動が食育に繋がっています。

幼稚園の近くの井上靖通りまで、お天気のいい日には、お散歩がてら出かけていき、水遊びをしたり、虫とりをしたりして園庭とは違った環境での遊びを楽しみます。


毎年、移動動物園がやってきます。ウサギ、モルモット、おしゃれな頭が特徴のポーリッシュという観賞用のニワトリなどとふれあいながら、動物園の方に動物たちのことや世話のしかたなどのお話をしていただきます。ちょっとドキドキしながらも、動物たちとのふれあい中で、命の大切さを学びます。


「いただきます」は、ただ「食べます」という意味で言うのではなく、様々な動植物の「命をいただきます。ありがとう。」という意味もめられています。野菜を食べてもあまりそういった感覚はないかもしれません。秋の恒例、サンマ焼きでは、サンマを素手でつかみ、火の熱さを感じ、炭火で魚を焼く音を聞く。炭火の煙臭さから魚が焼けてくる匂いの変化に気づき、サンマが焼けてくるのを目で確かめ、食べて味わう。子どもたちは全身の感覚を存分に使い「尾頭付きの魚」を自分たちで焼いて食べることで、命をいただくということを感じる機会になります。一匹丸ごと焼くので、食べるときに箸でお腹を開くと内臓が出てきて、「これ、なあに?」「ここたべれる?」と聞きながら、あまり口にしない苦みも経験します。畑の大根でおひさまさんが作ってくれた大根おろしと一緒に秋の味覚を楽しみ、家ではぜんぜん食べないという子も「おいしい!!」と言って完食。サンマ焼きをきっかけに魚が好きになる子もいるようです。

本文ここまで

ここからサブメニュー

  • アクセス
  • お問い合わせ

サブメニューここまで