Menu

北海道教育大学函館校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

園概要 園概要

ここから本文です。

現在位置

教育内容

附属幼稚園の特徴
  1. 附属函館幼稚園は、国立大学法人附属の幼稚園です。
  2. 国の指針(文部科学省幼稚園教育要領)にそった教育(保育)を行います。
  3. 少人数の小さな幼稚園です。(3,4,5歳児それぞれ1クラス)
  4. 保護者の送迎による通園で連絡を密にしています。

附属函館幼稚園の教育と研究

こんな子に・・・いきいきと活動する子
●元気にあそぶ子 ●よく考える子 ●のびのび表現する子
●友達を思える子 ●すすんでやろうとする子
  1. 健康で調和的な発達をはかる。
  2. 喜んで集団生活に参加する態度を養う。
  3. 協同、自主及び自律性を養う。
  4. 社会や自然に興味や関心を持たせる。
  5. 情操、創造性を豊かにする。

本園の使命

学校教育法に基づいて幼児教育を行うとともに、教員養成を目的とする本学の附属学校として、幼児教育の理論と実践に関する研究並びに学生の教育実習を行う。

本園の教育目標

  1. 心身ともにたくましく、はつらつと活動できる幼児の育成に努める。
    (健康な心身の基礎づくり)「健康な心身」
  2. 基本的な生活ができる習慣を身に付け、自分のことは自分でしようとする幼児の育成に努める。
    (生活的自立能力の基礎づくり)「共同性、社会性、道徳・規範性」
  3. 友達と積極的にかかわり、多くの人と協同し、集団生活を楽しむ幼児の育成に努める。
    (社会性、人間関係の基礎づくり)「自立心」
  4. 物事に興味、関心をもち、探究心をもって活動に取り組む幼児の育成に努める。
    (知的教育の基盤づくり)「思考力、数量・図形・文字、言葉」
  5. 様々なことに心を動かし、豊かな心を持った幼児の育生に努める。
    (心・情操教育の基盤づくり)「自然・生命尊重、感性と表現」

    ※「     」は、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿

一日の生活

登園時間

8:45~9:15

月曜日、全クラス午前保育です。

降園
年少組11:10 年中組11:30 年長組11:50

火曜日、水曜日、木曜日、金曜日は午後まで保育があります。

降園
年少組13:20 年中組13:40 年長組14:00
3歳児のみ水曜日は午前保育、4歳児は9月上旬まで午前保育
  • 午後まで保育がある日はお弁当持参です。火・木曜日は給食があります。
  • 登園指定の制帽があります。制服はありません。
  • 保護者または家族の送迎による通園が条件です。

あずかり保育

毎日及び夏・冬休みにあずかり保育を実施中です.
朝の7時45分から8時45分 と夕方17時から18時までの延長保育も実施しております
詳しい内容等につきましては、本園まで問い合わせて下さい。
本年度の実施計画(クリックして下さい)(207.36 KB)

 

体験入園

見学・体験入園については電話にて随時受け付けております
体験入園は原則水曜日ですが、幼稚園の行事等により実施できない場合もありますので、ご了承ください。
本年度の実施計画(クリックしてください(158.31 KB))

幼・小・中・特別支援学校との連携教育について

同じ敷地内に小学校・中学校・特別支援学校があります。この立地の良さを最大限に生かし、異校種連携の教育を展開しています。
例えば、小学1年生が本園の「ちびっこまつり」に参加したり、中学3年生が家庭科の授業として「幼稚園児と遊ぼう」が行われました。
特別支援学校には園児が出かけて交流をしています。

 

防犯・安全対策

 附属函館幼稚園では、園児の命を不審者等から守るため、警察等と連携し、下記の対策をしております。

玄関から運動場全体、また、中庭全体をカバーする防犯カメラ・センサーライト等を設置し、24時間録画し、何かあれば警察(美原交番)等と連携・出動・データ解析してもらう
連携体制を構築しています。

正面玄関から、インターホンと映像で来園者を確認後
職員室から鍵を開けるようにしています。 

附属の校門に警備員が常駐(子どもの在校中)し
車や人物のチェックをしています。また、警備員は
校内を見回っています。

警察の指導のもと、防犯体制を整備するとともに
定期に不審者対応の防災訓練を実施しています。

 

本文ここまで