Menu

北海道教育大学函館校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

研究活動 研究活動

ここから本文です。

現在位置

函館市内や地域の小学校との研究交流について

 本校では,函館市内や地域の小・中学校との研究交流を行っています。各校から研究交流のご要望をいただくと,本校の授業を参観していただいたり,校内研修の授業や事後研修に参加させていただいたりするなど,各校のニーズに合わせた形で本校の教員が協力させていただきます。
  「どのように授業づくりを進めたらよいか」「各教科・領域の授業をどのように改善していけばよいのか」「校内研究を効果的に進めるためには」など各校が抱えている課題について共に考え,共に学ばせていただければと考えております。
 

2019年度の研究交流について


研究交流案内(537.55 KB)   交流実施要項(129.95 KB)  

研究交流申込用紙(PDF)(62.92 KB)  研究交流申込用紙(Word)(13.92 KB)
 

平成30年度の研究交流について


平成30年度研究交流案内   研究交流実施要項   研究交流申込用紙
 

平成29年度の研究交流について

函館市立椴法華小学校との研究交流(特別の教科道徳)

 今年度,椴法華小学校との道徳の研究交流を行っています。

 9月から11月にかけては,ブロック(低・中・高)ごとに行っている校内研究授業の授業観察・事後研に参加をさせていただきました。

 校内の研究仮説の検証をしていき,よりよい授業展開や発問,板書などについて議論を深めました。また,これからどのように道徳の授業作りを行っていけばよいのかについてのお話や附属函館小学校で行っている道徳の実践(実際の授業の板書や道徳ファイルなど)の紹介もさせていただきました。
 

知内町立湯の里小学校との研究交流

 9月27日(水)に,知内町立湯の里小学校と研究交流を行いました。

 校内研究授業の授業観察・事後研に参加させていただきました。「主体的・対話的で深い学び」を複式の授業でどのように実現させていくのか,授業を振り返りながら活発な話合いが行われました。課題解決に向けて見通しをもって学習していたことや,児童同士の対話から授業が展開されていたことが成果としてあげられました。併せて,子供の思いに寄り添う単元計画の立て方について,本校の実践も紹介させていただきました。
 

知内町立知内小学校との研究交流

 10月3日(火)に,本校にて知内町立知内小学校と研究交流を行いました。

 知内小学校とは継続的に研究交流を行なっており,昨年度まではアクティブ・ラーニング,今年度は「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業作りについて話し合いました。

 知内小学校の研究の進め方について話し合った後,本校の研究授業を参観し,研究協議会(事後研)に参加していただきました。子供たちがより「主体的・対話的で深い学び」を進められるよう教師にできる支援はどんなものがあるのか,具体的に協議を行いました。


 11月22日(水)には知内町立知内小学校にて研究交流を行いました。
 6年生理科「水溶液のはたらき」の研究授業と事後研に本校の研究部員が参加しました。
 研究授業では,リーダー学習によって子供が主体的に学んでいました。
 事後研では教科の見方・考え方によるルーブリックの作成と,それに基づく形成的評価について議論が深まりました。
 

知内町立涌元小学校との研究交流

 10月25日(水)と11月7日(火)に,知内町立涌元小学校と研究交流を行いました。

 10月25日は知内町教育研究集会に向けての事前研として,研究授業を通してより良い授業について話し合いました。算数科の授業における,主体的な学びを展開するために必要な単元構成の工夫について,協議を行いました。

 11月7日の研究集会では,事後研となるワークショップ型の協議において,たくさんの先生方から多様な意見が交流されました。その後,本校研究部員が助言者として,今後研究主題に向けてどのような視点で授業改善を進めることが大切かについて,お話しさせて頂きました。
 

松前町立松城小学校との研究交流

 10月4日と(水)と11月27日(月)に,松前町立松城小学校と研究交流を行いました。

 社会科の授業作りに向けて,地域素材を活かした単元計画をどのように組み立てていくべきかに焦点をあて,事前研や研究授業,研究協議会が行なわれました。

 題材について研究を進める時には,題材をひとつの学年の単元として「点」で捉えるのではなく,学年間のつながりの中にあるという「線」で捉えることの重要性に着目して議論を深めました。


 

本文ここまで