Menu

北海道教育大学函館校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

研究活動 研究活動

ここから本文です。

現在位置

職員紹介

橋 本   忠 和 (校長)
 ◇担当教科 美術教育(図画工作)・プログラミング教育
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和3年  幼児のロボットを用いた造形活動における創造性を重視した学習主題についての一考察
       「5歳児のプログラミング活動の事例分析を通して」
       大学美術教育学会「美術教育学研究」第53号

  令和2年  幼児のフィジカル・プログラミング教材を活用した科学遊びにおける造形活動の思考過程 
       についての一考察「5歳児実践事例「ロボット・タウンで冒険だ」の分析を通して」
       大学美術教育学会「美術教育学研究」第52号

  令和元年  幼児の社会情動的スキルをはぐくむ「ごっこ遊び」の造形表現活動についての一考察
        「3歳児の「魚釣りに行こう」での活動分析を通して」
        大学美術教育学会「美術教育学研究」第51号
 
 ◇ひとこと 大学では造形活動(メイキング活動)を軸にした,プログラミング的思考の育成
       を研究しています。ロボット等を使った授業実践を児童とするのが楽しみです。


新 田   英 樹 (副校長)
 ◇担当教科 社会科・道徳・外国語活動

 ◇主な研究・研究実績
  平成28年  第69回 北海道社会科教育研究大会 上川大会 提言
 
  平成25年  第52回 北海道道徳教育研究大会 函館大会 授業公開 3年生
 
  平成21年  日本英文学会 北海道支部 第54回大会「語学部門」シンポジアム 提言"
 
 ◇ひとこと 副校長として2年目を迎えます。本年度は「不易流行」をコンセプトに学校運営
       を図る所存です。withコロナで学校は何をすべきか!?を常に考え、進めてまい
       ります。

若 竹   淳 一 (主幹教諭)
 ◇担当教科 理科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和 元年  第66回北海道小学校理科教育研究大会(函館大会)全体提言

  平成28年  第63回北海道小学校理科教育研究大会(釧路大会)学年別分科会発表
        「解決の見通しをもち,主体的に問題を解決する子どもの育成」
        ~5年「ふりこ」の実践を通して~

  平成27年  教育出版小学理科通信「Copa」授業実践発表 6年「てこのはたらき」
        ~子どもが自主的・主体的に学んでいくための指導や支援の工夫~
 
 ◇ひとこと 函館市小学校理科研究会の研究部長を務め,全道各支部と連携のもと,研究を進
       めています。子供主体の問題解決を目指し,特に仲間とともに「吟味」しながら
       学習を行う姿を追究しています。

鈴 木   悠 太(教務主任)
 ◇担当教科 算数科
 
 ◇主な研究・研究実績
   令和4年度4月  北海道教育大学教職大学院入学(在学中)
 
   令和 3年  北海道算数数学教育会小学校部会WEB研究大会 実践発表
          「活用できる知識・技能をはぐくむ授業実践~1年 わかりやすくせいりしよう~」
 
   平成28年    第68回 北海道放送教育研究大会 第62回北海道視聴覚教育研究大会
                           合同大会 函館・渡島大会  
                              研究発表「第2学年「かけ算」の学習を通して」
 
   平成28年    第71回 北海道算数数学教育会小学校部会研究大会 渡島函館大会
            領域別発表「数学的な考え方を育てるための授業づくり」
 
 ◇ひとこと 算数科の「データの活用」領域に興味をもって研究をしています。今年度は教職
       大学院で「個別最適な学び」についても学んでいます。よろしくお願いします。

酒 谷   明 子(渉外主任)
 ◇担当教科 生活科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和 元年  第29回北海道生活科・総合的な学習研究大会(旭川大会)提言
          「つながる,広がる学びを実現するカリキュラム・マネジメント」
           ~生活科を中心としたスタートカリキュラム&総合を中核とした教育課程~(共同)

  平成28年  第26回北海道生活科・総合的な学習研究大会(函館大会)授業提言
          「第1学年 じぶんで できるよ」

  平成25年  第41回北海道特別活動研究会 函館・渡島大会 授業実践
        「第1学年 なかよし おたのしみかいを しよう」
 
 ◇ひとこと 生活科を核としたカリキュラムマネジメントについて研究しています。低学年
       教育を「教科横断的」という視点だけでなく、「合科的」な視点での単元づく
       り、授業づくりを目指しています。

鎌 田   尚 吾 (研究主任)
 ◇担当教科 桐の子タイム(総合的な学習の時間)
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和3年  パナソニック教育財団2021年度(第47回)実践研究助成「一般」研究代表者
       「ICTを活用した遠隔対応型校内研修の開発ーオンラインによる対話リフレクションー」

  令和2年  日本生活科・総合的学習教育学会第29回全国大会(山梨大会2020)自由研究発表
       「概念形成を支える単元構成の工夫ー子供の思考活動を手がかりにー」

  令和2年  函館学校教育学会第25回年会 研究発表
       「食を選択する力を育む探究活動のモデル開発ー給食指導と総合的学習の関連付けー」
 
 ◇ひとこと 子供一人一人が「もっとこうしたい!」という願いをもち,学びを創る授業を
       目指しています。オンラインを含めた効果的な校内研修の在り方についても,
       研究しています。

真 田   武 知 (教諭)
 ◇担当教科 国語科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和 2年 3月  北海道教育大学教職大学院修了

  平成30年10月  第73回北海道国語教育研究大会函館大会 授業者

  平成22年10月  第65回北海道国語教育研究大会函館大会 提言者
 
 ◇ひとこと 国語科「読むこと」特に文学的な文章の領域において,子供の学習意欲を高める
               授業デザイン,指導方法について興味があります。どうぞよろしくお願いいたし
               ます。


福 山   央 (教諭)
 ◇担当教科 体育
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和2年度      ICT機器活用人材育成セミナー 研究発表者

  平成28年9月 第71回北海道教育研究所連盟研究発表大会(留萌大会)兼第58回
                             全国教育研究所連盟北海道地区研究発表大会 研究発表者
                           「授業改善に向けた,檜山教育研究所の取組」 
  
  平成26年      「ほっかいどうチャレンジテスト」問題作成委員(算数・数学)
 
 ◇ひとこと 子供たちのつまずきをしっかり把握し,一人一人に合わせたアドバイスや支援を
        行うことで,運動が得意な子も苦手な子も,誰もが運動に親しみ,「できた!」  
       「楽しい!」を実感できる授業づくりを目指しています。よろしくお願いいたし
       ます。

松 下  裕 幸(教諭)
 ◇担当教科 国語科
 
 ◇主な研究・研究実績
  松下裕幸・北村博幸(2020)文章産出と実行機能との関連における現状と課題

  松下裕幸・北村博幸(2021)手続的説明文における分析的評価の10の観点の有効性の
                                          検証:分析的評価が総合的な印象評定に及ぼす影響

  松下裕幸・北村博幸(2021)文章産出と実行機能との関連

 ◇ひとこと 作文を認知制御の視点から研究しています。
 
上 田   知 沙 都 (教諭)
 ◇担当教科 特別の教科 道徳
 
 ◇主な研究・研究実績
  平成29年  渡島学校保健研究会 Aブロック研究大会 授業者

  平成28年  第65回全道へき地複式教育研究会渡島大会授業者 研究発表
 
 ◇ひとこと 道徳の研究をするとともに,SDGsの視点をいかに各教科の授業で取り入れて
       いくかについても常に考えています。よろしくお願いします。

菅 原  拓(教諭)
 ◇担当教科 社会科
 
 ◇主な研究・研究実績
  北海道地区放送教育研究協議会夏季特別研修会授業者
   月間視聴覚教育R3年10月号研究会報告執筆
 
 ◇ひとこと 今年度より附属函館小学校に異動してまいりました。ICTを活用した授業や地域,
       保護者の皆様への情報発信で微力ながら力になりたいと思います。

能 代  か お り(教諭)
 ◇担当教科 算数科・家庭科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和3年度 第6学年「生活時間をマネジメント」および「クリーン大作戦」における、
  家庭科の目指す「一人一人の子供が他者とともに自己調整する学び」についての研究実践
 
 ◇ひとこと "Be wellness“
       何気ない当たり前の生活の中で、子供一人一人が「よりよく生きていきたい」と
       本気で向き合うことの大切さと難しさを、実践を通じて痛感しています。今後も
       自己課題として研鑽いたします。

嶋 田  陽 介(教諭)
 ◇担当教科 社会科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和3年度 第30回北海道生活科・総合的な学習教育研究大会函館大会 生活科授業者
        「ぼくのわたしのあさがおさん」

 ◇ひとこと 人の思いや願いに着目した社会科(生活科)の授業づくりや,情報機器を活用
       した授業について研究しています。よろしくお願いいたします。

安 彦  有 里 恵(教諭)
 ◇担当教科 外国語・外国語活動
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和元年度 小中連携フォーラム実践発表 
   Let's Try2 unit8 This is my favorite place.  
 
  令和2年度 小中連携フォーラム実践発表
   New Horizon Elementary5 unit5  Where is the post office?
 
  令和3年度 北海道教育大学小学校英語オンライン講座 授業発表
       New Horizon Elemetary5 unit8  Who is your hero?
 
 ◇ひとこと 小学校における外国語,外国語活動において子供たちが主体的に学習し,英語を
       使って会話したいと思えるような授業作りを進めています。国際理解の分野も授
       業作りに生かしていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

佐 藤  秋 杜(教諭)
 ◇担当教科 国語科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和2年 教職大学院研究紀要 「小学校におけるアクティブ・ラーニングについての検討」
  令和3年 函館教育学会 口頭発表「『話合いの目的意識の形成』を促進する授業方法の検討」
  令和3年 函館教育学会 学校教育学会誌第24号 
  「『話合いの目的意識の形成』を促進する授業方法の検討」
 
 ◇ひとこと 国語科の「話す・聞く」を中心に,児童の論理的な思考力を育む授業実践を
       目指します。

市 川   洋 二 (教諭)
 ◇担当教科 図画工作科・社会科
 
 ◇主な研究・研究実績
  平成29年度  小中一貫型学習プログラムを取り入れた授業実践(八雲町)
         ~算数・数学科コーディネーターの活用を通して~
 
 ◇ひとこと 図画工作科と社会科の学びについて授業実践を行っています。今年度は「子供が
               学びをつくる図画工作科と社会科の授業づくり」の教材研究に取り組んでいま
               す。

石 崎  寿 和(教諭)
 ◇担当教科 体育科
 
 ◇主な研究・研究実績
  令和2年度  北海道教育大学教職大学院修了
 
 ◇ひとこと 体育を中心に「チーム学習」について研究しています。今求められている「協働
               的な学び」と「個別最適な学び」の一体的な充実を図る授業づくりを目指してい
                  ます。

本文ここまで