Menu

北海道教育大学釧路校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学校概要 学校概要

ここから本文です。

現在位置

附属釧路中学校 部活動に係る活動方針

「2019 年度 北海道教育大学附属釧路中学校の部活動に係る活動方針」
活動方針策定の趣旨等

・本校は、学校教育目標等を踏まえ、「北海道教育大学附属学校に係る部活動の
方針」に則り、「北海道教育大学附属釧路中学校の部活動に係る活動方針」(以
下「本方針」という。)を策定することとした。
・部活動を実施する上では、生徒の学校生活等への影響を考慮した休養日や活動
時間を設定し、けがの防止や心身のリフレッシュを図るほか、部活動だけでは
なく、多様な人々と触れ合い、様々な体験を充実させるなど、生徒のバランス
のとれた生活や心身の成長に配慮する。
・また、教師が、健康でいきいきとやりがいをもって勤務しながら、学校教育の
質を高められる環境を構築するためには、教師の部活動指導における負担が過
度にならないよう配慮し、部活動が持続可能なものとなるよう、合理的でかつ
効率的・効果的に行うものとする。
・本校は、本方針に則り、持続可能な部活動の在り方について検討し、速やかに
改革に取り組む。
・本方針は、本校における部活動が、地域、学校、競技種目、分野等に応じた多
様な形で最適に実施されることを目指す。
・なお、同好会等の活動が、本校の管理下で顧問(責任者)の指導の下、部活動と
同程度に継続的に行われており、生徒、保護者、地域住民等からも部活動と同
様な活動として受け止められている状況がある場合は、それらの活動を部活動
に含めて考えることとし、本方針の適用の対象とする。
・部活動は、生徒の自主的、自発的な参加により行われるものであることから、
生徒の自主性、自発性を尊重し、部活動への参加を義務づけたり、活動を強制
しない。

1 適切な運営のための体制整備

(1) 設置する部活動

本校は、今年度、次の部活動を設置する。
【常設部】
・野球 ・サッカー ・陸上競技 ・バスケットボール ・剣道
・吹奏楽 ・美術 ・科学
【非常設部】
・バドミントン ・水泳 ・卓球 ・柔道 ・フィギュアスケート

(2) 「部活動に係る相談・要望の窓口」の設置

・校内に「部活動に係る相談・要望の窓口」を設置する。相談、要望は、郵便、
ファクシミリ又は電子メールのいずれかにより下記の連絡先あてに提出する
こととする。
・連絡先 住 所:〒085-0805 釧路市桜ヶ岡7 丁目12 番2 号
  FAX:0154-91-6812   E-mail: kus-fuchukyo@k.hokkyodai.ac.jp
・担当:主幹教諭 村 岡 愛 司

(3) 年間の活動計画、毎月の活動計画及び活動実績の作成・提出

・各部の責任者(以下「部活動顧問」という。)は、年間の活動計画(活動日、休
養日及び参加予定大会日程等)並びに毎月の活動計画及び活動実績(活動日時
・場所、休養日及び大会参加日等)を作成し、校長に提出する。
・部活動顧問は、毎月の活動計画にある活動の開始及び終了時間を遵守すると
ともに、計画を変更する場合は、あらかじめ校長の承認を得る。
・校長は、上記の各部活動の年間の活動計画、毎月の活動計画及び活動実績等
をもとに、教師や生徒の負担が過度とならないよう、持続可能な運営体制が
整えられているか等の観点から、必要に応じて指導・是正を行う。
・校長は、部活動顧問に対し、当該顧問が年間及び毎月の活動計画、活動全般
及び大会出場等に要する経費等に係る資料(部活動通信等)を配布するなどし
て、「活動方針」とあわせて、保護者・生徒の理解を得るよう指導するとと
もに、部活動顧問や生徒・保護者の負担が過度とならないよう指導する。

(4) 指導・運営に係る体制の構築

・校長は、生徒や教師の数、部活動指導員の配置状況を踏まえ、指導内容の充
実(部活動顧問の専門性等)、生徒の安全の確保、教師の長時間勤務の解消等
の観点から円滑に持続可能な部活動を実施できるよう、適正な数の部を設置
する。
・校長は、部活動顧問の決定に当たっては、校務全体が効率的・効果的に実施
される必要があることに鑑み、可能な限り、部活動ごとに複数の顧問を配置
するなど、学校全体としての適切な指導、運営及び管理に係る体制が構築さ
れるよう十分考慮する。
・校長は、生徒指導の視点に立った部活動運営に努めるとともに、部活動を顧
問任せにせず、学校全体に開かれたものとするよう、部活動の活動状況や生
徒の状況等を交流する場(部活動顧問会議等)を定期的に設ける。
・校長は、部活動指導員の配置に当たって、学校教育について理解し、適切な
指導を行うために、部活動の位置付け、教育的意義、生徒の発達の段階に応
じた科学的な指導、安全の確保や事故発生後の対応を適切に行うこと、生徒
の人格を傷つける言動や、体罰は、いかなる場合も許されないこと、服務(校
長の監督を受けることや生徒、保護者等の信頼を損ねるような行為の禁止等)
を遵守すること等について指導し、徹底させる。
・校長は、教師の部活動への関与について、「学校における働き方改革に関す
る緊急対策(平成29 年12 月26 日文部科学大臣決定)」及び「学校における働
き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間
管理等に係る取組の徹底について(平成30 年2月9日付け29 文科初第1437
号)」を踏まえ、法令に則り、業務改善及び勤務時間管理等を行う。
・校長は、「学校における働き方改革に関する取組の徹底について(平成31 年
3月18 日付け30 教教人第33 号)」で示している、働き方改革に向けた取組
を推進する。

2 合理的でかつ効率的・効果的な活動推進のための取組

・校長及び部活動顧問は、部活動の実施に当たっては、生徒の体調変化、気象条
件や気温、湿度などの環境の変化に十分に注意するとともに、生徒の心身の健
康管理(スポーツ障害・外傷の予防やバランスのとれた学校生活への配慮等を含
む。)、事故防止(活動場所における施設・設備の点検や活動における安全対策
等)及び体罰・ハラスメントの根絶を徹底する。校長は、これらの取組に当たっ
て、学校保健安全法(昭和33 年法律第56 号)等も踏まえるよう留意する。

(1) 運動部活動における適切な指導

・校長は、運動部顧問に対し、次のことを徹底するよう指導する。また、運動
部顧問は、校長の指導を踏まえて生徒に対する指導を適切に行う。
○ スポーツ医・科学の見地からは、トレーニング効果を得るために休養を
適切に取ることが必要であること。
○ 過度の練習がスポーツ障害・外傷のリスクを高め、必ずしも体力・運動
能力の向上につながらないこと等を正しく理解すること。
○ 生徒の体力の向上や、生涯を通じてスポーツに親しむ基礎を培うことが
できるよう、生徒とコミュニケーションを十分に図ること。
○ 生徒がバーンアウトすることなく、技能や記録の向上等それぞれの目標
を達成できるよう、競技種目の特性等を踏まえた科学的トレーニングの積
極的な導入等により、休養を適切に取りつつ、短時間で効果が得られる指
導を行うこと。
○ 専門的知見を有する保健体育担当の教師や養護教諭等と連携・協力し、
発達の個人差や成長期における体と心の状態等に関する正しい知識を得た
上で指導を行うこと。

(2) 文化部活動における適切な指導

・校長は、文化部顧問に対し、次のことを徹底するよう指導する。また、文化
部顧問は、校長の指導を踏まえて生徒に対する指導を適切に行う。
○ 生徒のバランスの取れた健全な成長の確保の観点から休養を適切に取る
ことが必要であること。
○ 過度の練習が生徒の心身に負担を与え、文化部活動以外の様々な活動に
参加する機会を奪うこと等を正しく理解すること。
○ 生徒の芸術文化等の能力向上や、生涯を通じて芸術文化等の活動に親し
む基礎を培うことができるよう、生徒とコミュニケーションを十分に図る
こと。
○ 生徒がバーンアウトすることなく、技能等の向上や大会、コンクール、
コンテスト、発表会等でのそれぞれの目標を達成できるよう、分野の特性
等を踏まえた合理的でかつ効率的・効果的なトレーニングの積極的な導入
等により、休養を適切に取り、短時間で効果が得られる指導を行うこと。
○ 専門的知見を有する教師や養護教諭等と連携・協力し、発達の個人差や
成長期における体と心の状態等に関する正しい知識を得た上で指導を行う
こと。

(3) 部活動用指導手引の活用

・校長は、部活動顧問に対し、関係団体等が作成した指導手引を活用するよう
指導し、部活動顧問は、当該指導手引を活用するなどして、合理的でかつ効
率的・効果的な指導を行う。

3 適切な休養日等の設定

・部活動における休養日及び活動時間については、成長期にある生徒が、教育課
程内の活動、部活動、学校外の活動、その他の食事、休養及び睡眠等の生活時
間のバランスのとれた生活を送ることができるよう、以下を基準とする。

(1) 休養日の設定

学期中の休養日の設定については、次のとおりとする。
・週当たり2日以上の休養日を設ける(平日は少なくとも1日、土曜日及び日曜
日(以下「週末」という。)は少なくとも1日以上を休養日とする。)。
・週末又は祝日に大会参加等で活動した場合は、休養日を他の日に振り替える。
・学校閉庁日は休養日とし、道民家庭の日(毎月第3日曜日)は、可能な限り休
養日とするよう努める。
・休養日には学校で行う朝練習や自主練習も行わない。
・大会、試合、コンクール、コンテスト、発表会等(以下「大会等」という。)
の前で、やむを得ず活動を行う場合、中体連等が主催する大会等の日の前日
から起算して1か月以内の期間の場合)は、代替の休養日を設ける。
長期休業中の休養日の設定は、学期中に準じた扱いを行う。
また、生徒が十分な休養を取ることができるとともに、部活動以外にも多様
な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設
ける。

(2) 活動時間の設定

・1日の活動時間は、長くとも平日では2時間程度、学校の休業日(学期中の週
末を含む。)は3時間程度とし、できるだけ短時間に、合理的でかつ効率的・
効果的な活動を行う。
・休業日の活動時間は、大会等への出場、練習試合、合宿を行う場合や、中体
連等が主催する大会等の日の前日から起算して1か月以内の期間の場合は、
活動時間の上限の範囲内での活動を行うことができるものとする。ただし、
こうした取扱いをした場合であっても、成長期にある生徒のバランスのとれ
た生活や、部活動指導に関する教員の負担軽減に十分留意する。
・本校が所在する地域又は活動を行う予定の地域に、気象庁の高温注意情報が
発せられた時間帯は、原則として活動を行わない。

(3) 部活動の特性に応じた休養日等の設定

積雪のため屋外での活動が制限される部、主に冬季に行われる部についても、
休養日及び活動時間は上記(1)及び(2)の基準を原則とするが、原則どおり運用
することが困難と認められる場合は、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)
を設けることを前提に、特例的な取扱いとして、次のように実施することもあ
る。
・休養日は、平日又は休業日を問わず、少なくとも週1日以上は設定した上で、
1年を52 週と考え、年間の累計で104 日以上とすること。また、学校閉庁日
を設定する場合は、その期間を休養日とすること。
・活動時間は、長くとも平日では3時間程度、休業日(学期中の週末を含む。)
は4時間程度とし、1週間の活動時間は、長くとも16 時間程度とした上で、
年間の平均活動時間で、平日が2時間程度、休業日(学期中の週末を含む。)
が3時間程度となるように実施すること。
ただし、こうした実施の仕方の場合であっても、成長期にある生徒がバラン
スのとれた生活を送ることができるよう、上記(1)及び(2)の基準と異なる休養
日や活動時間の設定が常態化しないよう休養日や活動時間を設定する。

(4) 方針策定・運用に当たっての留意事項

校長は、「学校の部活動に係る活動方針」の策定に当たっては、国のガイド
ラインの基準を踏まえるとともに、「北海道教育大学附属学校に係る部活動の
方針」に則り、各部活動の休養日及び活動時間等を設定し、公表する。また、
校長は、各部活動の活動内容を把握し、適宜、指導・是正を行う等、その運用
を徹底する。

4 生徒のニーズを踏まえた環境の整備

(1) 部活動の設置、統廃合

校長は、生徒と部活動顧問の負担が過度にならないよう適正な数の部活動数
を考慮した上で、既存の部活動の統廃合などと合わせて、競技力や技能の向上
や大会等での成績以外にも、適度な頻度で行ったり、スポーツ・芸術文化等の
活動に興味と関心をもつ同好の生徒が、学級内とは異なる人間関係を形成した
りする等、生徒の多様なニーズに応じた活動を行うことができる部活動の設置
について検討する。
なお、部活動の設置や統廃合に当たっては、校内でガイドラインを作成する
などして、生徒や保護者の理解の下、長期的な見通しをもって行う。

(2) 合同チーム等の編成

部活動顧問は、合同部活動の取組について、例えば、平日は自校での練習を
中心としながら、週末や大会等の直前のみ合同練習を行うなど、双方の移動に
係る時間を含め、合同チームや合同練習による活動を行うことにより、生徒と
部活動顧問の負担が過度とならないこと等を考慮した上で、実施の可否につい
て校長の承認を得ることとし、校長は、関係する校長と協議の上、教育課程と
の関連を勘案して、実施の可否を判断する。
なお、合同練習などを行う際の移動時間については、生徒の活動時間には含
めないこととするが、長時間の移動を伴う合同練習等の実施に当たっては、成
長期にある生徒が、教育課程内の活動、部活動、学校外の活動、その他の食事、
休養及び睡眠等の生活時間のバランスのとれた生活を送ることができるよう配
慮した実施回数とする。

(3) 地域との連携等

・校長は、家庭の経済状況にかかわらず、生徒のスポーツ環境の充実や芸術文
化等の活動に親しむ機会の充実の観点から、学校や地域の実態に応じて、地
域の人々の協力、社会教育施設や文化施設の活用、地域の関係団体との連携、
保護者の理解と協力、民間事業者の活用等による、学校と地域が共に子供を
育てるという視点に立った、学校と地域が協働・融合した形での地域におけ
る持続可能なスポーツ・芸術文化等の活動のための環境整備を進める。
・校長は、学校管理下ではない社会教育に位置付けられる活動については、各
種保険への加入や、学校の負担が増加しないこと等に留意しつつ、生徒がス
ポーツ・芸術文化等の活動に親しめる場所が確保できるよう、学校運営に支
障のない範囲で、関係規程に則り学校施設開放事業を行う。
・校長は、学校と地域・保護者が共に子供の健全な成長のための教育、スポー
ツ環境の充実及び芸術文化等の活動に親しむ機会の充実を支援するパートナ
ーという考え方の下で、こうした取組を推進することについて、保護者の理
解と協力を促す。

5 学校単位で参加する大会等の見直し

校長は、本方針の「3 適切な休養日等の設定」に示した休養日等が年間を通
じて適切に設定されることを前提に、生徒の教育上の意義、生徒や部活動顧問の
負担が過度とならないこと等を考慮して、学校の部活動が参加する大会等(地域か
らの要請により参加する地域の行事、催し物等を含む。以下同じ。)の回数に上限
の目安等を定め、参加する大会等を精査する。

6 部活動の充実に向けて

(1) 部活動指導の充実を図る取組

校長は、部活動の教育的意義を踏まえ、効果的に部活動指導を行い、成果を
上げている事例を把握し、部活動の適切な実施及び充実に資するよう校内及び
管内での普及に努める。

(2) 女子の指導に当たっての留意点

女子の指導に当たっては、女性特有の健康問題(女性アスリートの三主徴(利
用可能エネルギー不足、無月経及び骨粗しょう症)、貧血等)の予防対策に関す
る正しい知識を得た上で指導を行う。

(3) 部活動顧問と生徒の信頼関係づくり

部活動は、生徒の自主的、自発的な参加により行われる活動であることを踏
まえ、校長は、部活動顧問に対し、次のことを徹底するよう指導する。
また、部活動顧問は、校長の指導を踏まえ適切な指導を行う。
・指導の目的、技能等の向上や生徒の心身の成長のために適切な指導の内容や方
法であること等を、生徒に明確に伝え、理解させた上で取り組ませるなど、部
活動顧問と生徒の両者の信頼関係づくりを活動の前提とすること。
・部活動顧問と生徒の間に信頼関係があれば、指導に当たって体罰等を行っても
許されるはずとの認識は誤りであり、指導に当たっては、生徒の人間性や人格
の尊厳を損ねたり否定するような発言や行為をしないこと。

(4) 部活動内の生徒間の人間関係形成、リーダー育成等の集団づくり

部活動においては、複数の学年の生徒が参加すること、同一学年でも異なる学
級の生徒が参加すること、生徒の参加する目的や技能等が様々であること等の特
色をもち、学級担任としての学級経営とは異なる指導が求められることを踏ま
え、校長は部活動顧問に対し、次のことを徹底する。
また部活動顧問は、校長の指導を踏まえ適切に指導を行う。
・生徒のリーダー的な資質・能力の育成とともに協調性、責任感の涵養等の望ま
しい人間関係や人権感覚の育成、生徒への目配り等により、部活動内における
暴力行為やいじめ等の発生の防止を含めた適切な集団づくりを行うこと。

(5) 家庭や地域との連携を図る取組

校長及び部活動顧問は、部活動参観として保護者に部活動を公開する場を設
けることなどに協力し、保護者の部活動への理解を深め、学校と家庭が連携し
ながら部活動指導に取り組めるよう環境づくりに努める。
上記5の精査に当たっては、部活動が、地域の人々の協力や地域の関係団体
との連携、民間事業者の活用等により、学校と地域が共に子供を育てるという
視点が重要であることに十分配慮して、判断する。

(6) 障がいのある生徒の部活動の充実

校長及び部活動顧問は、部活動等を通じて、障がいのある生徒と障がいのな
い生徒が交流する場を設けるよう努める。

終わりに

校長は、本方針を毎年度策定するとともに、必要に応じて内容の見直しを行う。




 

本文ここまで