Menu

北海道教育大学札幌校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学級概要 学級概要

ここから本文です。

7月の様子

総合的な学習の時間「植物の世界・川の世界」(小学校)

6月30日(金)には、「植物の世界」、
7月11日(火)には、「川の世界」の学習を行いました。
植物の世界では、学校の周りに生息している植物を採り、
双眼実体顕微鏡で植物の細部まで観察しました。
普段、目にすることのない部分も観察することで、
植物のつくりについて知ることができました。

川の世界では、茨戸川に入って、網を使って川の生き物を捕りました。
捕った生き物は学校へ持ち帰って観察をしました。
今年は、ミズカマキリやゲンゴロウ、ヤゴ、エビなどが捕れました。



大学教授、大学院生の方に来ていただき、植物や川の生き物について
たくさんのことを教えていただくことができました。

校外宿泊学習(中学校)

7月11日(火)と12日(水)の2日間で、校外宿泊学習に行ってきました。
1日目は、8時50分に札幌駅に集合して、キリンビール株式会社の北海道千歳
工場、北海道キッコーマン株式会社、東洋水産の北海道工場、そしてホクレンパ
ールライス工場の4カ所に、グループごとに分かれて工場見学をしました。とて
も大きな工場で、製造方法の秘密を聞いたり、製造に使われている機械を見せて
いただいたりしました。4カ所ともに、毎日の生活で誰もがお世話になっている
工場であったため、自分の知識や経験を通して考えたり、新たなことを発見した
りして学んできました。


2日目は、宿泊先であるNTTセミナーセンタから出発して、グループごとに行動
しました。北海道大学総合博物館や時計台、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)、
千歳市防災学習交流センターそなえーるなどの見学をしました。また、全部のグ
ループが、イワサキビーアイ札幌営業所を見学しました。ここは、食品サンプル
を作っている会社です。顧客からの発注を受けてからの流れや制作工程について、
丁寧にお話を聞くことができました。できあがったものは、本物と見分けが付か
ないような完成度の高いものであり、北海道各地の飲食店用サンプルの9割強が、
札幌営業所の食品サンプルだということにも驚きでした。

北海道白樺高等養護学校の見学を終えて(中学校)

高校に到着して、最初は学校のねらいや学科、そして生徒数などの概要について、
担当の先生からお話を聞きました。その後、3グループに分かれて、寄宿舎や校
舎を見学させていただきました。寄宿舎の様子や、作業をしている高校生の姿を
見て、様々な感想をもったようです。

●白樺高等養護学校で学んでいる先輩方(高校生)を見て、どんなことを思いま
したか?
「ぼくは、作業を見て回りました。縫工のミシンをしたいと思いました。」
「毎日こつこつ頑張って作業をしているのが伝わってきます。」
「遠いひだか町から通っている人もいた。金曜日に地元に帰れることを楽しみに
しながら、毎日過ごしているらしい。」
●中学校と高等養護学校の違いは何でしたか?
「先生の数がすごく多くて、120人いるとわかってびっくりしました。」
●中学校を卒業するまでに、頑張りたいこと、できるようになりたいことは何で
すか?
「字をきれいに書くこと。」
「作業の製品をきれいに作りたいです。」
「自分は寮に行くかはわからなくても、その後のことや、生活、授業にも活かせ
るようになりたいです。」
「体力つくりで体力を身に付けることや、作業で丁寧にあつかうことです。そし
て、あいさつ、返事、やる気、思いやりを大事にしたいと思いました。」

 

本文ここまで