Menu

北海道教育大学札幌校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学級概要 学級概要

ここから本文です。

現在位置

平成30年 7月の様子

平成30年 7月の様子

同窓会【7月28日(土)】

毎年7月末に行っているふじのめ学級の同窓会が、
28日(土)に、ふじのめ学級校舎で行われました。
現中学校3年生8名を含めて、60名近くの卒業生が参加しました。
自己紹介、近況報告などを一人一人行い、
その後は、体育館でバスケットボールで体を動かし、
みんなで汗を流して楽しみました。
また、現中学校の保護者12名を含めて、
30名を超える保護者の皆様にもお集まりいただき茶話会を行いました。
卒業生の保護者の方から、進学や進路のお話などを聞くことができる
貴重な時間となりました。

5年 小樽夏の学校  6年 函館夏の学校(小学校)
                 【7月21日(土)~23日(月)】

終業式翌日から、
5年生は小樽・ニセコ方面へ、
6年生は函館に行きました。
3日間とも天気に恵まれ、とても暑い中での夏の学校となりました。

5年生は、
1日目は、小樽自主研修、小樽市鰊御殿・旧日本銀行小樽支店見学
2日目は、酪農体験(搾乳・えさやり・バター作り)、農業体験(じゃがいも掘り)
3日目は、ラフティング体験 をしました。

6年生は、
1日目は、縄文文化交流センター・大船遺跡見学、函館野外劇観賞
2日目は、函館摩周丸見学、函館自主研修、五稜郭タワー見学、函館山夜景観賞
3日目は、函館朝市売り子体験 をしました。

それぞれの活動を通して、
いろいろなものを見て、感じ、学びの多い3日間となりました。
また、貴重な体験もたくさんできました。
この経験を生かし、2学期からも頑張ってほしいと思います。

<5年生>


<6年生>

1学期終業式(小学校)【7月20日(金)】

小学校は今日で1学期が終わりました。
1学期は71日間登校しました。
行事や日々の学校生活の中で、たくさんの成長がみられました。
夏休みは、長い休みだからこそできることを見付けて、
楽しく充実した夏休みを送ってほしいと思います。

車椅子体験【7月19日(木)】

ふじのめ学級の体育館で行う大学講義で使用する車椅子をお借りして、
休み時間に子どもたちは車椅子体験をすることができました。
普段なかなか乗ることのない車椅子に小学生も中学生もとても興味をもっていました。
操作の仕方もすぐに覚え、バスケットボールを抱えながら乗ったり、
友達と追いかけ合ったりして楽しむ姿がみられました。

 

3年生現地学習<西山製麺見学>(小学校)【7月19日(木)】

西山製麺の見学に行きました。
工場では、ラーメンの製造や包装の工程を見学しました。
ラーメンの麺だけではなく、餃子やシュウマイの皮も
作っていることを知ることができました。

4年生学校宿泊(小学校)【7月17日(火)・18日(水)】

17日(火)・18日(水)に、4年生学校宿泊がありました。
1日目の自主研修では、札幌市役所とテレビ塔に上り、
札幌市の街並みを見渡しました。
チェックシートに載っている建物や、場所を一生懸命探す姿がみられました。
大通公園でお弁当を食べた後は、北海道庁と北海道警察本部の見学もしました。
夜は、グラウンドでキャンプファイヤーをしたり、
学校内を真っ暗にして、肝試しをしたりして、楽しい時間を過ごしました。
2日目は、朝の準備が終わった後は、朝のレクリエーションをしました。
椅子取りゲームや○×クイズをしてみんなで楽しみました。
朝食後は、学校内を掃除して、9:00頃下校しました。
楽しい思い出をたくさん作ることができました。

全道教育研究大会【7月6日(金)】

11月開催から7月開催となった全道研究大会では、
200名を超える参会者の方々にお越しいただきました。
研究主題『思いを実現しながら学ぶ子どもを目指して』
研究副主題『一人一人の”できた”が生きる授業』と設定し、
今年度は、小学校算数科と中学校美術科の授業を公開しました。
多くの参会者の方々から貴重なご意見をいただき、
大変実りのある研究大会となりました。
どうもありがとうございました。

植物の世界(小学校・総合的な学習)【7月2日(月)】

総合的な学習の時間で、世界シリーズ第2弾
「植物の世界」を行いました。
植物を専門としている大学教授と大学院生の方に来ていただき、
植物について学習しました。
普段遊んでいる中庭や畑の近くに咲いている植物を探しました。
よく見ると、とても小さな花が咲いていたり、
変わった葉っぱの形の植物があったりしました。
普段は気付かないことがたくさんあり、興味津々で植物を観察していました。
その植物を採ってきて、双眼実体顕微鏡で観察もしました。
花や葉っぱを拡大すると、
花びらの形や葉脈などから新しい発見をすることができたり、
毛のようなものが生えていることに気付いたりすることができました。
第1弾「虫の世界」と同じように、
子どもたちはとても楽しんで活動に取り組んでいました。





 

本文ここまで