Menu

北海道教育大学札幌校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学級概要 学級概要

ここから本文です。

現在位置

令和元年 5月の様子

 図画工作科「紙コップの世界」(小学校)【5月20日(月)】

 紙コップを使った図画工作科の学習を行いました。
 紙コップ3,000個を用意し、「つなげる」「重ねる」「並べる」などして自由に作品を作りました。活動が進んでいく中で、どんどんイメージが膨らみ、子どもたちから「なんか札幌ドームみたくなってきた」「ここつなげてみるね」「お店をつくろう」「ここは○○駅ね」などと子どもたち同士のかかわり合いが生まれてきました。そして、作品もどんどんつながっていきました。自分が大男になったつもりで、紙コップの町の中を歩き回る様子もみられました。

 命と安全を守る授業(小学校)【5月20日(月)】

 年に5回行っている「命と安全を守る授業」の1回目がありました。
交流学級に入り「災害」や「交通安全」についての学習をしました。
ふじのめ学級の子どもたちも、
「もし津波がきたら?」>>>「高いところにに逃げた方がいい」
「登下校中危険なところは?」>>>「中通りから大通りに出るところ」
「歩きスマホは危ないからやめた方がいい」
などと、安全について考えて発表する姿がみられました。

 修学旅行(中学校)4日目 【5月15日(水)】

 修学旅行4日目、最終日です。今日は、九州国立博物館の見学と太宰府天満宮の散策をしました。博物館では、九州が中国をはじめとする諸外国とのつながりが深かったことに感銘を受け、食い入るように資料を見ている生徒がたくさんいました。太宰府天満宮では、自分の進路実現を願う姿が印象的でした。また、名物の梅ヶ枝餅のおいしさにびっくりし、お土産として購入している人もいました。
 その後、福岡空港に移動、空路で新千歳空港へ、そして解散となりました。
 3泊4日の充実した修学旅行で得たものはたくさんありましたが、そのうちで多かったのが、「感謝」することでした。学級でも家族への感謝を述べている生徒がたくさんいました。日常に戻っても、今の環境に感謝の念をもち続けられると素敵ですね。

 

 修学旅行(中学校)3日目 【5月14日(火)】

 修学旅行3日目です。今日は朝から自主研修がありました。長崎駅をスタートに、新地中華街、オランダ坂、大浦天主堂、最後にグラーバー園の順に見学しました。グラバー園では、鳩に襲われる珍事もありましたが、みんな笑顔で過ごしていました。午後からは、佐賀県に移動し、有田で手びねり体験をしたり、宿舎で学年レクなどを行ったりしました。予定は立て込んでいましたが、一つひとつの活動に集中して取り組む姿が多くみられました。

 修学旅行(中学校)2日目 【5月13日(月)】

 修学旅行2日目です。今日も長崎は晴れで、暑い一日になりました。午前は、眼鏡橋や出島の散策をし、長崎の歴史や文化に触れることができました。午後は、原爆資料館を皮切りに、浦上天主堂、如己堂などを見学し、最後は平和祈念像前で平和セレモニーを行いました。昨日の被爆講話と結びついて、生徒たちの平和についての学びが深まる一日になりました。

 修学旅行(中学校)1日目 【5月12日(日)】 

 中学3年生は、修学旅行で九州を訪れています。
 宿泊地である長崎の最高気温は、なんと25℃でした。北海道から来た私たちには、びっくりの暑さです。1日目の今日は、被爆体験講話がありました。生徒たちが真剣に話を聞き、平和について考える姿がみられました。
 3泊4日の九州の旅を楽しみ、そして平和の尊さを深く考える機会にしていきます。

 

畑の活動(小学校)・ 花プロジェクト(PTA活動)【5月11日(土)】 

小学校では、総合的な学習の時間に、作物と花の栽培を行っています。
今週の7日(火)と8日(水)に畑の掃除と土おこし、畝幅の計測と印付けなどを行いました。そして今日は、保護者の方にも来ていただき、土おこしと畝作りを子どもたちと一緒に行っていただきました。
子どもたちは、一生懸命土おこしに取り組んでいました。そして、保護者の皆様は、子どもたちだけでは十分でないところをおこしていただき、そして、たくさん子どもたちに励ましの言葉をかけてくださいました。子どもたちの力と、保護者の皆様のご協力のおかげで畑の準備ができました。
畑の準備ができた後は、各学級で栽培する作物の苗・種を植えました。
大学からは、作物の栽培を専門としている先生がお手伝いに来てくださり、いろいろなことを教えていただきながら、取り組みました。
おいしい作物が収穫できるように、みんなで協力して育てていきます。



PTA活動では、花プロジェクトが行われました。
附属小学校・中学校の父親委員会とふじのめ学級のPTAが協力して、校舎の周りの清掃をしたり、プランターに花を移植したりしました。
父親委員会、PTAの皆様のご協力のおかげで、子どもたちが気持ちよく学校生活を送ることのできる環境となりました。
お手伝いに来てくれた中学生は、ふじのめ学級玄関の花壇に花を移植してくれました。
玄関も華やかになりました。

校外歩行学習(小学校)【5月9日(木)】

6月8日(土)に行われる、リバーサイドウォーキングに向けての練習が始まりました。
今回は1回目ということで、教育大学の校地内を歩きました。
虫や植物などを見付けると「○○がいる」、「○○を見付けた」などと
春を感じながら歩いている様子がみられました。
晴天の中、気持ちよく歩くことができました。

 

全校朝会(小学校)【5月7日(火)】

10連休が終わり、新しい元号「令和」に変わって、今年度1回目の全校朝会が行われました。
児童会からは、今年度のテーマが発表されました。
「スポットライト~6色のかがやき~」
各学年の輝き、そして一人一人の輝きが集まって、
附属小学校全体が輝きに溢れるようにという願いが込められています。
また、輝きが重なり合うことで、新しい色にも変化します。
みんなの光が集まって、いろいろな色の光輝く1年になることを願っています。

副校長先生からは、魔法の言葉「ありがとう」のお話がありました。
「ありがとう」は言われたときだけでなく、言ったときにも気持ちがよくなる言葉です。
「ありがとう」がたくさん増えると、素敵な学校になると思います。

最後は、新しい仲間の紹介がありました。
「ペッパーくん」です。
プログラミング教育の一環として導入されました。
子どもたちはとても興味をもっています。
ふれあう機会をつくっていきたいと考えています。







 

本文ここまで