Menu

北海道教育大学札幌校ホームページへ 北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学校概要 学校概要

ここから本文です。

現在位置

校歌・交友歌・校章

本校の校歌・校友歌・校章

1.校歌

昭和11年に制定されました。本校の同窓生で、当時東京帝国大学の先生であられた大和資雄氏が、附属で学ぶ誇りと附属の子どもたちがめざすものの願いを込めて、作詞されました。
校歌
1 明星かがやく 藻岩の山の
け高き姿を 日ごとに仰ぎ
いざいざはげまん 学びの道に
北海全道の 模範のほまれ
高くかかげられし
わが校旗のもとに


2 ゆたけき平野を うるおす川の
さやけき流れに 心を清め
からだもきたえん 吹雪の原に
北海全道の 模範のほまれ
高くかかげられし
わが校旗のもと
<校歌(mp3)を聴く>(1.35 MB)

2.校友歌

平成元年に、本校があいの里の地へ移転したことを機に、本校教官OBの矢口龍彦氏と柳沼瑞甫氏が、北の大地に立つ附属小学校と子どもたちの豊かな育みを願って、作成してくださいました。
1 花を見つめて みましたか
附属の庭に 咲く花を
むらさき におう 藤棚の
香り うれしい あいの里


2 雲と話して みましたか
附属の空に 浮く雲と
はるかに のぞむ 藻岩峯の
便り うれしい あいの里


3 風にさわって みましたか
附属の子らに 吹く風に
さざ波 ゆれる 石狩川の
瀬音 うれしい あいの里
<みんなの附属(mp3)を聴く>(3.49 MB)

3.校章

本校の校章は、明治30年頃に定められたと言われています。武士のかぶとについている鍬形を4組あしらい、全体としては「北」の文字を表しながら、北海道の開拓という遠大な理想を描いています。この校章を真ん中に据えた校旗も昭和9年にできており、附属の伝統と誇りを示しています。

本文ここまで