Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

一般・地域の方 一般・地域の方

ここから本文です。

現在位置

ソーシャルクリニック(SC):巡回型サテライト・オフィス事業(令和3年度)

令和3年度巡回型サテライト・オフィス(情報交換会)が終了しました


 令和3年9月から12月までの計7日間にわたり、「巡回型サテライト・オフィス(情報交換会)」を開催いたしました。
 本事業は、本校の概算要求事業「国際地域イノベーター人材養成事業」内「ソーシャルクリニック」事業の一環として、地域協働推進センターが道南の各地域に出向き、それぞれの地域課題やニーズを直接うかがうとともに、大学の知的資源を最大限に生かした取り組みや協働の可能性などについて、情報や意見の交換を行っています。

第1回:渡島総合振興局(振興局)の様子
第2回:檜山振興局(振興局)の様子
第3回:森町(渡島南部)の様子
第4回:せたな町(檜山北部)の様子
第5回:木古内町(渡島南部)の様子
第6回:北斗市(函館近郊)の様子
第7回:奥尻町(檜山南部)の様子
 
今年度の全7回で頂戴した貴重なご意見やご要望等を基に、来年度はさらに改善を図りつつ実施して参りたいと考えております。計画が決まり次第お知らせいたしますので、今後とも引き続きよろしくお願い申し上げます。
 

地域協働シーズ集<2021年度>

函館校の地域協働活動と教員を紹介する<地域協働シーズ集>を作成いたしました。

(12.01 MB)
▲クリックで一括ダウンロードします▲

【項目別ダウンロードは以下をクリック】
地域協働推進センター長ごあいさつ・巡回型サテライト・オフィスについて(230.95 KB)
国際地域学科について(511.31 KB)
函館校が取り組む地域協働活動(570.30 KB)
地域プロジェクトについて(768.91 KB)
地域と大学との協働体制構築イメージ(743.29 KB)
教員紹介(7.14 MB)
地域協働・協力相談シート(468.96 KB)
 

令和3年度巡回型サテライト・オフィス(情報交換会)を開催します


 函館校では、平成28年度よりソーシャルクリニック(SC)事業等を通じて、地域の課題解決能力を高めるためのさまざまな地域活動を展開してまいりました。また、平成30年度からは、道南の各地域に出向き地域課題を把握するとともに、解決に向けて本学の知的資源を生かした取り組みや地域協働の可能性を探るために、「巡回型サテライト・オフィス(情報交換会)」を開催しております。
 ※なお、今年度の開催につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、振興局・自治体の行政御担当者様を対象に、縮小規模にて実施いたします。

 今年度につきましては、下記の開催スケジュールのとおり実施いたします。
地  域 開 催 日 時 場  所 開催方法
振興局 令和3年 9月15日(水)14:00 ― 16:00 渡島総合振興局 Zoom
振興局 令和3年10月1日(金)14:00 ― 16:00 檜山振興局 対面開催
渡島南部 令和3年10月15日(金)14:30 ― 16:30 森町公民館 対面開催
檜山北部 令和3年11月1日(月)14:00 ― 16:00 せたな町役場 対面開催
渡島南部 令和3年11月15日(月)14:00 ― 16:00 木古内町役場 対面開催
函館近郊 令和3年11月22日(月)14:00 ― 16:00 北斗市総合文化センター
かなで~る
対面開催
檜山南部 和3年12月3日(金)15:00 ― 17:00 奥尻町海洋
研修センター
対面開催
 
 過去の活動は、以下のページでご覧いただけます。
 ・令和2年度 巡回型サテライト・オフィス(情報交換会)
 ・令和元(平成31)年度 巡回型サテライト・オフィス(情報交換会) 
 ・平成30年度 巡回型サテライト・オフィス(情報交換会)
 

【開催内容】

 ①主催者挨拶・参加者の紹介
 ②大学及び地域協働推進センターの紹介
 ③大学と地域による地域協働の取組事例の紹介
  CASE-1:「HAKODATEコンシェルジュ養成プログラム 観光コンシェルジュ実習Ⅰ」による地域協働例
  CASE-2:コロナに負けない学びの仕組みづくり―大学×附属学校連携による取組み―
 ④情報・意見交換および相談会
 

【お問合せはこちら】

  地域協働推進センター窓口(hak-chiikicenter@j.hokkyodai.ac.jp)へご連絡ください。

 

本文ここまで