Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

キャンパス紹介 キャンパス紹介

ここから本文です。

現在位置

キャンパス長挨拶


北海道教育大学函館校キャンパス長
    五十嵐 靖 夫

国際的な視野と教育マインドをもって地域から社会に貢献を

北海道教育大学函館校は,1876(明治9)年に開校した官立函館小学教科伝習所を前身とし,1914(大正3)年に北海道函館師範学校として始まりました。以来,数多くの教員や各界で活躍する人材を社会に送り出してまいりましたが,2014(平成26年)年に「地域協働専攻」と「地域教育専攻」から成る『国際地域学科』となりました。養護教諭の養成機関である「養護教諭特別別科」も含めて,これまで函館校の教育を支えてくださった多くの方々に感謝いたします。

 

「地域協働専攻」は,地域学の基本知識と教育学的視点,並びに地域学を支える諸科学の専門知識をもち,グローバル化した現代社会の地域学的問題を俯瞰的に捉え,国際的視野をもって地域社会の諸問題の解決のために積極的かつ主体的行動できる人材を育成します。「地域教育専攻」は,地域の教育的課題解決に主体的に取り組み,特にグローバル化する現代社会に必要な国際性を子どもたちに育成し,また,いじめや不登校の問題に苦しんでいる特別なニーズのある子どもたちの支援に先導的に取り組むことができる人材を養成します。ふたつの専攻は,共に国際的な視野と教育マインドをもって地域から社会に貢献できる人材の養成を目指しています。さらに「養護教諭特別別科」は,児童生徒の心身の健康問題に常に関心をもち積極的に解決する能力とヘルスカウンセリングついての能力を身につけることを目指しています。

 

 国際的な視野を広げるためには,語学力を継続的に向上させ,諸外国の最新の事情を知るとともに異文化を理解することが必要です。また,教育マインドは,北海道教育大学の柱となる心構えであり,思いやりの心,人を育てる心,仲間と助け合う心を育むことが必要です。国際観光都市「函館」での学生生活を通して,地域で活躍できる,あるいは,地域の教育に貢献できる,さらには,外国で働くことのできるスキルと知識をもった人材を輩出したいと思います。

本文ここまで