Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

地域協働推進の取り組み 地域協働推進の取り組み

ここから本文です。

現在位置

道内7カ所で地域づくり支援実習を実施しました

2022年10月4日

 令和4年8月7日~9月30日までの間、函館校の学生27名が道内7カ所で「地域づくり支援実習」「地域政策ボランティア実習」に取り組みました。

 これらの実習は、学生が普段馴染みのある地域を離れ、一定期間(原則として90時間以上かつ10日間以上)当該地域に滞在・生活しながら就業体験などを行うことによって、地域振興に必要な実践的能力を育成するものです。今年度は厚真町、森町、八雲町、厚沢部町、木古内町、松前町、函館市南茅部地区の計7カ所で実習が行われました。

 今年度も新型コロナウイルス感染症の影響があり、実習前の体調管理に加え、一部地域ではPCR検査を実施しました。日程変更などを余儀なくされたケースはあったものの、徹底した感染予防策を講じ、無事に実習の全日程を終えることができました。
 
今年度初めて実習を開始した地域
木古内町:地域おこし協力隊に密着しながら、地域振興策を提案しました。
松前町:生活支援コーディネーターに密着しながら、地域の高齢者宅やサロン活動を訪問し、福祉のまちづくりについて実践的に学びました。
函館市南茅部地区:昆布漁体験や地元飲食店などの多様な地域資源に触れながら、地域の高齢化や、世界遺産を活かした地域づくりの課題などについて提案しました。
 
例年実習を行っている地域
厚真町:椎茸農家での収穫体験をはじめ、被災地支援の課題についても学びました。
森町:移住・定住、関係人口増を目指した多様な企画立案にチャレンジしました。
八雲町:廃校跡施設を活用した地域交流拠点づくりに取り組みました。
厚沢部町:農業体験と地元小・中学生との交流が行われました。

 今後とも函館校では「地域づくり支援実習」などを通じて、学生の力を活かした地域づくり支援に取り組んでまいります。
 
【函館市南茅部地区】
▲昆布の直販加工センターでの実習▲
【木古内町】
▲町長へのプレゼンに向けた準備中▲
【松前町】
▲住民向けにプレゼンを実施▲

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで