Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

プレスリリース プレスリリース

ここから本文です。

現在位置

  • トップページの中の
  • プレスリリースの中の
  • 本学名誉教授を含む研究グループが北海道奥尻島のブナ集団に焦点をあてた集団遺伝学的解析の結果を発表しました

本学名誉教授を含む研究グループが北海道奥尻島のブナ集団に焦点をあてた集団遺伝学的解析の結果を発表しました

2022年12月15日

本学 並川寛司 名誉教授が他の研究者ら(下記参照)と取り組んだ研究成果が令和4年12月15日(日本時間)付けで公表されました。

 本研究では、まだ解析されていなかった、北海道奥尻島のブナ集団に焦点をあて、東北地方~北海道本島も含めて、母性遺伝する葉緑体DNAおよび両性遺伝する核DNAを用いて、集団遺伝学的解析を行いました。その結果、奥尻島には全国で見られる日本海側系統と太平洋側系統の両系統のブナが分布していました。集団動態の歴史の推定からも、奥尻島のブナ集団は、北海道および東北地方集団双方からの混合により形成され、その後も北海道、東北地方から遺伝的交流があったことが示唆されました。また、奥尻島の最も古いブナ集団は、最終氷期最盛期(約2万年前)より前に形成された可能性が高いことが分かりました。これは、花粉解析など古生態学的な先行研究や奥尻島の地史を支持しています。さらに、現在は離島として隔離されていますが、その遺伝的多様性は北海道、東北地方の集団と同程度でした。これらのことから、奥島島のブナ集団は、複数回にわたる個体または種子、花粉の移動や、他地域からの遺伝的交流によって形成されたことが明らかになりました。
 本研究成果は、ブナが北限地域へどのように分布したかを理解する上で重要であるだけでなく、今後の冷温帯林の気候変動影響評価にも資するものとなることでしょう。

○論文タイトル
Possible northern persistence of Siebold’s beech, Fagus crenata, at its northernmost distribution limit on an island in Japan Sea: Okushiri Island, Hokkaido
(分布北限の日本海・奥尻島のブナ集団の最終氷期最盛期の北方生残の可能性) 

○研究グループ
津田 吉晃 (筑波大学生命環境系・准教授)
北村 系子 (森林総合研究所 北海道支所・主任研究員)
小林  誠 (越後松之山「森の学校」キョロロ・研究員)
並川 寛司 (北海道教育大学・名誉教授)
 
○研究成果の概要
プレスリリース資料

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで