Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

プレスリリース プレスリリース

ここから本文です。

現在位置

釧路校教員が津別町から約2000万年前の二枚貝の新種を発見しました

2020年3月18日

 北見市南東部から美幌町・津別町にかけては津別層群(つべつそうぐん)とよばれる、古第三紀漸新世後期から新第三紀中新世初期(約2800万〜1800万年前)の海で堆積した地層(海成層)が広く分布しています。2018年に北海道オホーツク総合振興局によって津別町最上(もがみ)で行われた道道27号北見-津別線の工事に伴い、津別層群津別層に由来する貝化石を含む多数の岩塊が得られました。本校の松原尚志准教授は、北見市北網圏北見文化センター、九州大学、産業技術総合研究所地質調査総合センターの研究者との共同研究の一環として、現地調査と産出した化石の研究・標本整理を進めてきました。その結果、腹足類(巻貝)5種、掘足類(角貝)1種、二枚貝類の8種の産出が確認され、これらのうち、二枚貝類1種が新種であることが明らかとなりました。

図1. Malletia tsubetsuensis Matsubara in Matsubara et al., 2020ツベツスミゾメソデガイのホロタイプ(種の基準となる単一の標本;北網圏北見文化センター所蔵KRMSHA 2-4-MG-009-1)のシリコンビニール鋳物(キャスト).

 この新種が松原准教授によってMalletia tsubetsuensis Matsubara in Matsubara et al., 2020 (和名:ツベツスミゾメソデガイ)と命名され、2020年3月20日発行の『北見博物館研究報告』第1号に公表されることとなりましたのでお知らせいたします(図1)。
 
 詳細についてはプレスリリースをご覧下さい。

※なお、新型コロナウイルスの影響により、北網圏北見文化センターでのミニ企画展の開催期間は「4月1日(水)~7月26日(日)」に変更となる見込みです。


 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで