Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

後期の学校生活の様子(9/28~10/16)

2020年9月28日

避難訓練実施(10/16)

 本日,中休みに避難訓練を実施しました。今回は,子供たちに「近いうちに避難訓練がある」ことのみを伝え,実施日時がわからない状況で行いました。「いつ,どこで,どのような」災害が起こるかわからないからこそ,こういった訓練が重要になると考えています。


 子供たちは放送を聞き,災害に応じた対応をしっかりとっていました。地震から火災が発生するというシチュエーションでしたが,備え付けの防災頭巾,ヘルメットを着用し,校外へ迅速に避難することができました。

 実施後の振り返りで「おはしも(おさない,はしらない,しゃべらない,もどらない)がしっかりできた」「少し慌ててしまった」「放送を最後まで聞かずに行動してしまった」など,できたことのみならず,課題にも目を向け,より安全な避難の仕方を考える姿が本当に立派でした。
 

秋ですね(10/15)

①1年「あきのふしょうのもり」

 附小の森にある「秋」を見付け,自分が作りたい遊び道具やかざりを作っています。「どんぐりをくっつけて…」「葉っぱがカサカサなんだよね」などとつぶやきながら,秋を全身で感じている1年生。「グルーガン」「きり」「割りばし」「空き箱」などを上手に使いながらとても楽しそうに活動していました。

来週の動物園見学では,附小の森の「秋」と同じものを見付けることができるかな?1年生,今年度初のバスに乗っての校外学習,楽しみですね♪

 

②4年「阿寒湖畔自然体験活動」
 北海道には,たくさんのコンクリートダムがあります。ダムには「大雨が降った時に,川の水が溢れないように流れる水の量を調節すること」や「生活のための水を送り出すこと」の2つが主な役割と言われています。じゃあ釧路にもダムが…?どこに…?
 しかし,何度探しても釧路にダムはありません。「ダムがないのにどうやって水の量を調節しているの?」「ダムのかわりになるようなものが,川の上流にあるの?」・・・その疑問を解決するために,4年生は,総合的な学習の時間の一環で,阿寒川の水源である阿寒湖畔へ向かいました。

  阿寒湖畔では,前田一歩園財団の山本様と本田様を講師に迎え,阿寒湖に注ぐ白湯川(はくとうがわ)の中に入り,その水源を探るべく,歩きながらどんどん川を遡っていきました。道中では,「上流にいくと,自然がより深くなっていくね。」「ダムの代わりになりそうな人工物は今のところないけど…。」といった声が子供たちから聞こえてきました。

 そして,ついに発見した水源には,「阿寒の豊かな森」が広がっていました。木の根と土がスポンジのように水を吸収し,自然の力で水を少しずつ流している様子を目の当たりにした子供たち。「釧路にはこんなに豊かな自然が広がっているなんて…」と感動している姿,「これを見ると,水を大切に使おうって思えてきたよ。」と,これからのことに目を向けている姿が見られるなど,子供たちそれぞれが様々な思いをもつことができたようです。

 今年度,人数の多い4年生が感染対策を行いながら阿寒学習を行うには,バスが2台必要でした。バスをもう一台借りるとなると大変な費用がかかるため,一時は阿寒学習の実施中止も検討しました。しかし!7月に新聞等でも報道があったように阿寒の前田一歩園財団と本校は『学校林協定』を結びました。その関係もあり,なんと協定後すぐ前田一歩園財団から4学級分のバス代を助成いただきました!
 みなさんの学習はお家の人や地域の方,様々な方々に支えられています。感謝の気持ちを忘れずに活動しましょう!

 NHKでも報道されました!取材に答えた児童もとても立派にインタビューに答えていました(活動当日夕方のニュースだったため,事前にお伝えできませんでした…。すみません)。

 

今年度初参観日・懇談会

 本日,6年1組の授業参観・懇談会を行いました。今年度初めての参観日です。保護者の方に日常の授業を見ていただく機会を設定でき,本当によかったです。

 「グラウンドに駐車していただいたこと」「体育館等,広い場所での授業であること」「マスク着用をお願いしていること」など,平時とは異なる対応も多く,御不便おかけしますが,御理解・御協力いただければ幸いです。

本日は保健の授業を公開しました。病気の予防,喫煙の害などについて,短時間のペア交流などを交えながら,理解を深める姿を御覧いただけたのではないかと思います。その後の懇談会では,「受検・受験について(附属中副校長先生による情報提供)」「前期の学びを振り返って」「修学旅行について」など説明させていただきました。11月中旬までに全ての学級で授業参観・懇談会を実施しますので,ぜひ多くの保護者の方に御参加いただきたいと思います。よろしくお願いします。

 

運動大好きプラン~体力テスト編~

 今回は3年生体育科授業の様子をお伝えします。はじめに,二計測の結果をもとに,新たな背の順の確認をしていました。2列になる練習や一度バラバラになってから正しく並ぶ練習などを行い,その後グラウンドへ。

 体力テスト「ソフトボール投げ」を行っていました。昨年度の記録をもとに,自分の体力が向上していること,今後の課題・目標を見いだすことを目的として実施しています。担任の先生が投げ方を示してから,全員が投げました。記録は…。

他の学年では,長座体前屈や20mシャトルランを行っていました。11月終わり頃までに全学年7種目終えることになっています。結果をもとに,自分の身体と改めて向き合い,体力向上に努めていけるようにしたいと思います。
 

おまけ

グラウンドを取材している最中,体育館から何とも言えない声が聞こえてきたので,のぞいてみると…

糸電話で叫んでいる子が…。もう一方の紙コップにはちぎった折り紙が置いており,かすかに動いていました。それを見て大喜びし…「声がね…」「振動で…」と大はしゃぎ!何の実験だったのでしょうか?3年生の保護者の方はぜひお子様に聞いてみてください。それぞれ様々な方法で実験をしていましたよ。
 

 

集中力検査(10/12)

 本校では,本学岩見沢校の研究への協力として「体力調査(Nチャレンジ),集中力検査,コミュニケーション調査,生活習慣・家庭環境調査」を毎年実施しています。

 今年は,新型コロナウイルス感染症対策の観点から,まずは4年生以上の集中力検査を実施しました(本日4・5年生,明日6年生)。

 PC上で魚の向きに合わせてキーを押したり,ランダムに出てくる絵札が,一つ前のものと同じ場合は→キーを,一つ前と変わった場合は←キーを押したり・・・といった内容です。段階的に「2つ前・・・」「3つ前・・・」とレベルアップしていきます。子供たちは,普段の授業とは一味違うゲーム感覚の検査をとても楽しんでいました!

 

6年生「たたら製鉄」(10/9)

 「鑪」「踏鞴」「多々良」「多田羅」製鉄を本日実施しました。読めますか?そうです,全て「たたら」と読みます(地名や名字にもなっています)。
 たたら製鉄とは、日本において古代から近世にかけて発展した製鉄法で、炉に空気を送り込むのに使われる鞴(ふいご)が「たたら」と呼ばれていたために付けられた名称です。映画「もののけ姫」にも「たたら製鉄」の様子が描かれています。

 理科「ものの燃え方と空気」の学習と関連させながら,教育大学の境教授とその仲間たちが「たたら製鉄」を本校の青空広場で行ってくれました!さあ,鉄はできたのでしょうか?
「空気(酸素)を送り込むことで,火力が上がること」「重労働であること」「協力しないと成り立たないこと」「普段当たり前に存在している鉄を自分達で作ることができること」など,多くの気付きを得た6年生。本校の特色ある教育活動だからこそ実感できることですよね。

 別海海岸に堆積している「砂鉄」と,道内産のカラマツ松炭を利用し,純北海道産の「産鉄(うぶてつ:出来立ての鉄)」が出来上がりました。産鉄は縁起物なんです!「安産」「合格」「当選」等々・・・後日,細かく分けて人数分プレゼントしてくれるそうです!

 前日夜,そして当日早朝からの準備を含め,本当にありがとうございました!

 

給食片付け&清掃活動(10/8)

 給食の片付けや清掃は,毎日行っていますが,保護者の方が見る機会が少ない活動かもしれません。

 密にならないよう配慮しながら当番を組んだり,学年によって下膳の時間をずらしたりしながら行っています。

 子供たちは,自分の役割をしっかり理解した上で,責任をもって仕事を行っています。みんなが気持ちよく生活するためにと,本棚を整頓している1年生もいました。海外では学校の教育活動内で,このような活動を行うことはあまりないようですが,子供たちの姿から大切な価値が見えてくる気がします。

 明日は6年生たたら製鉄の様子をお伝えします!鉄…できるかな?
 

5年 Let’s English!(10/7)

 今回は5年生外国語科の様子をお伝えします。高学年は年間70時間(週2時間)設定されており,5年2組には附属中学校英語教諭が乗入授業を行っています(5-1,6-1,6-2は本校外国語科教諭が担当しています)。金曜日にはALT(外国語指導助手)も加わり,楽しく元気に学習しています。

 「聞く・話す」を軸に,身体表現(ジェスチャー・表情など)や「読む・書く」を駆使しながら,コミュニケーション能力を高めていく5年生の姿はとてもステキでした♪
英語をもう一度学び直したい…と感じるほど楽しい授業でした!
 

秋の二計測&放送委員会(10/6)

 先週から今週にかけ,秋の二計測(身長・体重)を実施しています。明日6年生,明後日4年生が終われば全学年終了となります。
実施場所には,新型コロナウイルス感染症対策として,身体的距離を確保できるよう床に目印をつけています。

 測定が終わった子たちは,自分の数値を見て,春の結果等と比べながら,自分の身体の成長を確認しています。今週末に健康カードを全員持ち帰る予定ですので,お子様と一緒にぜひ御覧ください。
 全くの別件です!6年生が中心となり児童委員会の活動が進んでいます。今回は,普段保護者の方が見ることのない放送室内部を大公開!

 放送委員は期日までに放送原稿や流す曲を考え,当日を迎えます。声の大きさや音楽の音量調整など気を付けることがいっぱいですが,やりがいをもって取り組んでくれています。将来アナウンサーになる子も出てくるかも?
 

2年 Let’s English♪(10/5)

 本校の特色ある教育活動の1つでもある低学年「外国語活動」。本日は2年生の学習の様子をお伝えします。
 1・2年生共に年間17時間程度,外国語活動(英語)を行っています。担任が指導の中心となり,ALT(外国語指導助手)のダレン先生と共に,楽しみながら英語を聞いたり話したりしています。

 今日は,「お菓子」「デザート」について,ダレン先生の英語を聞き取って繰り返し発話したり,ビンゴ等をしたりしながら,10個ほどの英単語をなんなく使い分けていました♪すごい!!
 

4年生 総合自由学習(10/2)

 今日は,4年生の総合的な学習の時間単元「総合自由学習」の様子をお伝えします。
 総合的な学習の時間は3年生以上で実施しており,各学年3つの単元で構成されています(「町内会」「石炭」「阿寒」「北海道の歴史」など学年の発達段階に応じた内容となっています)。その中で,本校の隠れた特色の1つとして「総合自由学習」があります。
 
 4年生は「○○の1年」「○○の変化」をテーマに,1人1人が興味や疑問をもった課題を自らの力で追究していく学習となっています。書籍やICTを活用しながら,課題を解決するために①情報収集⇒②整理・分析⇒③まとめ・表現していくことで,探究的な見方・考え方を働かせながら課題解決力を高めていくことが大きなねらいとなっています。
みんなはどのようなテーマを設定したのでしょうか?ぜひお子様に聞いてみてください。さあ,個性あふれる総合自由学習がスタートします!!

旋律の特徴を生かして演奏しよう♪(10/1)

 今日は,3年生音楽の様子をお届けします。今回演奏していたのは「あの雲のように」という曲です。

 どのようなことに気を付け歌ったり演奏したりすればよいかを話し合い,パーテーションを付け演奏しました。マスクをはずし,とても楽しそうにリコーダーを吹いていました。旋律の特徴をもとに「未来を見つめる気持ちで演奏する!」と言っている子もいたようです。どのような演奏になったのでしょうか?

 本校は全学年音楽専科教諭が授業を行っています。現在は,コロナ対策のため,電子ピアノを各教室へ移動し授業を進めていますが,音楽室できれいな歌声を響かせることができる日が早くきてほしいと願うばかりです。
 

附小の小人?(9/30)

 5年生図画工作科「附小の小人」の様子をお伝えします。子供たちは,「こんな場所に…」「こんな小人がいたら…」といった発想で,モールで骨組みを作り,紙粘土で肉付けしながら思い思いの小人を制作しています。アルミホイルで小人が乗るものを作っている子もいました。
最終的には,自分が決めた場所に小人を置き,構図(アングルなど)を考えながらiPadで写真を撮影します。今日は試し撮りをしていた子もいます。どのような場所に,どんな小人が…想像するとワクワクしてきますね。完成が楽しみです!

 

秋の附小の森(9/29)

 本校の自慢の1つ「附小の森」。1・2年生教室からすぐに飛び出すことのできる最高の環境であり,附小の子全員が大好きな場所の1つです。

 本日,1年生が「秋探し」を行っていました。イチイ(オンコ)の実やどんぐりを見付け,「先生見て見て」と次から次に担任のもとへ。たっくさん見付けていました♪

 袋いっぱいにどんぐりを入れて嬉しそうにしている子,どんぐりの帽子の部分がとれて不思議そうにしている子,葉っぱを頭の上にのせている子など,それぞれの方法で秋に触れながら楽しんでいました。
 

後期始業式(9/28)

 本日,後期始業式を行いました。前期終業式同様Zoomを用い,図書室から各教室へ配信しました。

 校長先生は,後期に向けて「友達のために何をしますか?」「友達とよりよい関係を作るために必要なことは何ですか?」と子供たちに投げかけていました。各クラス,テレビをじっと見ながら真剣に考える子供たちの姿が見られました。


 4年代表児童2名からは,前期に身に付けた力を基に,後期「やるべきことをやる力」「友達のよいところを見付ける力」「学年のみんなを支えたり,応援したりする力」をさらに高めていきたいという強いメッセージを発表してくれました。各教室,特に4年生教室からは大きな拍手の音が響いていました。

 後期の登校日は110日程度となっています。10・11月には今年度初めての授業参観・懇談会も予定しています。子供たちが主体的に学びを深める姿を御覧いただくとともに,懇談会では,これまでの学びや成長,今後の教育活動の展望などをお伝えできればと考えています。
今回から,お知らせを本記事に上書きしていく形で更新していきます。タイトル「後期の学校生活の様子」(9/28更新)など更新日時を掲載しますので,そちらを御確認の上,内容を御覧ください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

  • アクセス
  • おといあわせ

サブメニューここまで