Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

第4学年 阿寒湖畔自然体験活動

2019年10月18日

 北海道には,コンクリートダムが約150個あります。ダムの役割,みなさんは知っていますか?1つは,「大雨が降った時に,川の水が溢れないように流れる水の量を調節すること」。もう1つは,「生活のための水を送り出すこと」,この2つが主な役割と言われています。
 しかし!何と,釧路にはダムが1つもありません!
 「ダムがないのに,どうして洪水にも,水不足にもならないんだろう?」・・・その疑問を解決するために,4年生は,総合的な学習の時間の一環で,釧路川の水源である阿寒湖畔へ向かいました。
 
 阿寒湖畔では前田一歩園財団の山本様・本田様を講師に迎え,阿寒湖に注ぐ白湯川(はくとうがわ)の中に入り,その水源を探るべく,歩きながらどんどん川を遡っていきました。
 ついに発見した水源には,何と「阿寒の豊かな森」が広がっていました!木の根と土がスポンジのように水を吸収し,自然の力で水を少しずつ流している様子を目の当たりにした子供たち。歓声とともに,自然の偉大さに感動する姿が見られました。

 「自然の力って,ほんとにすごい。釧路って,とてもすごい場所なんだね。」
 そんなことを呟いた子もいました。

 「実は,釧路ってすごい。」 みなさんは知っていましたか?
 御協力いただいた前田一歩園財団の皆様,ありがとうございました!

本文ここまで

ここからサブメニュー

  • アクセス
  • おといあわせ

サブメニューここまで