Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 函館校の中の
  • トピックスの中の
  • シンポジウム「国際地域研究の可能性―重なりあう世界 わたしは何をする?―」を開催します【7月1日金曜日開催 参加無料 事前申込要】

シンポジウム「国際地域研究の可能性―重なりあう世界 わたしは何をする?―」を開催します【7月1日金曜日開催 参加無料 事前申込要】

2022年6月14日

 令和4年7月1日(金)13時00分より、函館校第14番講義室にて、公開シンポジウム「国際地域研究の可能性―重なりあう世界 わたしは何をする?―」を開催します。本シンポジウムは2018年から年に1度の開催で、国際と地域をテーマにした講演やパネルディスカッションを通じて最新の知見を提供しています。

 5回目の今回は、基調講演者に国際協力機構(JICA)シニア・ジェンダー・アドバイザーの田中由美子氏をお招きし、「ジェンダーと多様性の視点からの防災・減災・復興」についてお話をうかがいます。

 日本のジェンダーギャップ指数は先進国で最低レベルです。現代社会の課題解決に取り組むうえで、ジェンダーや多様性の視点を持たずしては、国際社会とのかかわりも、地域社会の再生や活性化も、考え論じることはできません。

 昨今、未曾有の自然災害、感染症の脅威、さらに主権国家への侵攻など、私たちにはさまざまな課題が降りかかってきています。それらの課題に向き合えば向き合うほど、現代社会は諸問題が複雑に重なり合う世界であることを痛感せざるを得ません。困難な状況に陥った今こそ、わたしたちは「他人ごと」としてではなく「自分ごと」として、こうした課題に向き合う必要があります。

 重層的な世界、多様性の世界、そのなかにあって自分(たち)は何をしていくのか、みなさまと活発に議論する場にしたいと思います。基調講演に続いて第2部では本校教員による講演、第3部でパネルディスカッションを行います。是非、積極的にご参加ください。

 なお、状況に応じて遠隔開催に変更する可能性があります。その際には、個別に連絡させていただきますので、事前に参加の申込をお願いします(申込締切 2022年6月30日17時)。
申込先 https://forms.gle/QsDhnHi5zTFZFqmG9

▽クリックで拡大します▽
お問い合わせ
北海道教育大学 函館校室 学術情報グループ
TEL. 0138-44-4230  FAX. 0138-44-4381
E-Mail. hak-tosho@j.hokkyodai.ac.jp

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで