Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • トップページの中の
  • トピックスの中の
  • 未来の学び協創研究センター第3回セミナー「1人1台時代のテクノロジーを使いこなせる学習者の育成を考える」を開催しました

未来の学び協創研究センター第3回セミナー「1人1台時代のテクノロジーを使いこなせる学習者の育成を考える」を開催しました

2021年6月22日

 令和3年6月20日(日)、本学「未来の学び協創研究センター」は第3回セミナー「1人1台時代のテクノロジーを使いこなせる学習者の育成を考える」を開催しました。このセミナーは、ニューヨークと日本をオンラインでつなぎ開催し、全国から現職教員、大学教員、大学生、教育関係者ら131人の参加がありました。

 当日は、後藤泰宏センター長の開会挨拶の後、NY州認定スクールサイコロジストのバーンズ亀山静子氏から、「学習者育成の視点からの1人1台の活用」と題し講演がありました。
同氏は、ニューヨーク州における事例を紹介し、「子どもの学び」本位のICTテクノロジーを活用した学びのユニバーサルデザインについて説明を行いました。

 続いて、ワークショップ「学習環境から学びのバリアを探せ」、「学習者主体のテクノロジー活用例を考えよう」では、各グループに分かれた参加者がテクノロジーの活用による学習者により良い学びを提供できる環境について討論しました。

 参加者からは、「ICTの活用と学びの可能性、マインドセットの大切さについて、示唆をいただいた」、「アメリカの教育の歴史や学びのユニバーサルデザインについて知ることで、考えるきっかけになった」との声があり、盛会のうちに終了しました。

 


本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで