Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • トップページの中の
  • トピックスの中の
  • 未来の学び協創研究センター第4回セミナー「1人1台端末環境の実現を可能にする教育現場での取組」を開催しました

未来の学び協創研究センター第4回セミナー「1人1台端末環境の実現を可能にする教育現場での取組」を開催しました

2021年8月30日


 令和3年8月29日(日)、本学「未来の学び協創研究センター」と「へき地・小規模校教育研究センター」との共催により、第4回セミナー「1人1台端末環境の実現を可能にする教育現場での取組」をオンライン開催しました。

 セミナーでは、「実際の教育現場」に焦点を当てたテーマを設定しており、文部科学省ICT活用教育アドバイザーで札幌市立発寒南小学校教頭の朝倉一民氏から『1人1台タブレットの授業での実践的な活用方法』、足寄町立螺湾小学校教諭の籾山修斗氏から『へき地・小規模校における少人数教育や地域教育の利点を生かした遠隔交流授業の実践』、本学附属札幌小学校教諭の河本岳哉氏から『1人1台タブレットを利用した学校行事における生徒の主体的な取組や、学びを記録し蓄積するeポートフォリオ評価の実践』と、学習環境整備や授業への具体的な導入を先進的に進めてきた3人の講師による講演が行われました。
 講演の後、参加者と講演者3人によるシンポジウム形式の質疑応答が行われ、ICTを活用したこれからの教育の可能性等について、活発な意見交換が行われました。

 このセミナーでは、全国から現職教員、学生、大学教員ら120人の参加があり、参加者からは、「1人1台タブレットを授業のどの場面で活用すべきかについて手がかりをもらった」「遠隔交流授業の活用や評価の実践など、1人1台タブレットの活用による教育の可能性を考える機会になった」との反響がありました。
 
 
           河本 岳哉講師               朝倉 一民講師

籾山 修斗講師

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで