Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

平成31年度北海道教育大学教員養成特別入試入学者奨励金授与式を挙行しました

2019年5月17日

  平成31年4月26日(金)、平成31年度教員養成特別入試入学者奨励金授与式を挙行しました。授与式には、基金運営委員会学外委員で本学経営協議会委員の柿沼博彦氏がご出席され、本学からは、教員養成特別入試による入学者のほか、学長、理事、副学長、キャンパス長、教職大学院長等が出席しました。
  この奨励金は、教師や地域社会の様々な分野で活躍しようと勉学に励む学生を支援するため、平成18年12月に創設された北海道教育大学基金(当時は教育支援基金)の育英事業の一環として実施しているもので、平成31年度から新たに始めたAO入試である「教員養成特別入試」による入学者10名に対して奨励金を授与しました。
  授与式では、蛇穴学長から入学者に対して、「寄附いただいた方々の願いを受け止め、将来の目標に向かって、強い意志を持ち、勉学や自己研鑽に励んでいただきたい」との激励の言葉がありました。
  また、入学者を代表して渡部永愛さん(言語・社会教育専攻)から「奨励金を授与していただき、ありがとうございます。これからの4年間で、英語学習に真摯に取り組んで自身の英語力を磨き、海外留学や授業、実習を通じて教育をあらゆる観点から思考する能力を身につけたいと考えています。教師になった際は、高い語学力をもち、多様な子どもたち一人ひとりの心に寄り添うことのできる教師になりたいと思います。」と謝辞が述べられました。
 
  
 (蛇穴学長のあいさつ)                     (学生代表謝辞)
 
 
(札幌校)
 
 
平成31年度北海道教育大学教員養成特別入試入学者奨励金授与式 学長挨拶
 
  平成31年度教員養成特別入試での入学者のみなさん、こんにちは。学長の蛇穴です。
  教員養成特別入試入学者奨励金授与式を始めるにあたって一言ご挨拶申し上げます。
  さて、みなさんは教員を志望する人が減ってきているというニュースを聞いたことがありますか?全国的な傾向だそうです。確かに、教員という仕事には大変な面もありますが、それに負けないだけのやり甲斐や、魅力のある職業だと私は思います。みなさん自身も、これまでに「いい先生」に出会ってきたのではないですか?だからこそ、自分もそんな先生になりたいという気持ちを、心の中に温めてきたのではないですか?
  北海道教育大学では、本当に先生になりたいと思っている人に入学してもらおうと色々と考えました。その試みの一つが今回の「教員養成特別入試」というものです。
みなさんは、その第1期生として本学札幌校に入学されました。この教員養成特別入試では、今までの選抜方法とは違い、本学教員の教育に関わる講義を受け、グループ討論やレポート、面接などに取り組み、思考力・判断力・表現力・主体性・協働性など、従来のペーパーテストでは測れない能力が試されました。
  合格したみなさんは、「子どもの成長や教育への興味関心が高く、学校教員への強い志望意欲を持っている」と判断されました。子どもへの教育的関心と、学校教員への熱い思いを4年間忘れずに本学での学びに励んでもらえることを切に願っています。
  この入試で入学したみなさんには、在学中、周りの仲間の学生を牽引するようなリーダー的存在となり、そして、本学での学びを経て立派な教員として、教育界をリードするような人材となることを期待しています。そのためにも、本学での4年間の学びに励むことはもちろん、卒業後、教職大学院に進学し更なる学びを深めることも視野に入れていただきたいと思っています。
  これからみなさんに授与する奨励金は、北海道教育大学基金という寄附金から支出されています。この奨励金には「本学において意欲的に勉学に励み、将来、学校で活躍する優秀な先生に育ってほしい」との、寄附者の願いが込められています。
  最後になりますが、寄附をいただいた方々の願いを受け止め、将来の目標に向かって、強い意志を持ち、勉学や自己研鑽に励んでいただきたいと思います。
  以上、簡単ですが、私からの挨拶とさせていただきます。
  皆さん、期待しています。
 
                                       平成31年4月26日
                                         北海道教育大学長  蛇  穴  治  夫
 
 
 
平成31年度北海道教育大学教員養成特別入試入学者奨励金授与式 学生代表者挨拶
  このたびは、北海道教育大学基金教員養成特別入試入学者奨励金を授与していただき、誠にありがとうございます。入学者を代表して、ひと言お礼の言葉を述べさせていただきます。
  私は、言語・社会教育専攻英語教育分野に所属しています。
  これからの4年間で、英語学習に真摯に取り組んで自身の英語力を磨き、また、留学をしたいと考えているので、海外での生活や授業、実習での体験を通じて教育についてあらゆる観点から思考する能力を身につけていきたいと思います。
  教師になった際には、高い語学力を持ち、多様な子どもたち一人ひとりの心に寄り添うことのできる教師になりたいと思います。
  最後になりますが、ご支援いただいた方々への感謝の気持ちを忘れずに、この教員養成特別入試合格者としての誇りを持って4年間の学生生活を有意義に過ごしていきたいと思います。
 
                                          平成31年4月26日
                                             1年  渡  部  永  愛
 
 
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 札幌校 旭川校 釧路校 国際地域学科 函館校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで