Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

岩見沢校で「クライマクス・キャラバン」が開催されました

2020年10月27日

 令和2年10月24日(土)、本校を会場に「クライマクス・キャラバン」(主催:北海道教育委員会、協力:北海道教育大学)が開催されました。

 

 「クライマクス・キャラバン」の趣旨はこちら:レバンガ北海道代表・折茂武彦ら著名人も多数出演!「Climax Caravan」が岩見沢校で開催されます(過去記事)

 

 当日は体育系と文化系に分かれ、市内の高校生が北海道ゆかりの著名人と交流しました。
 

 体育系の会場では、本校の体育館を使用してバスケットボールの練習会を実施。参加した高校生は、レバンガ北海道代表の折茂武彦さんから直接指導を受けるなど、特別な80分の間に爽やかな汗を流していました。練習会の後は、サラエボオリンピック・スピードスケート日本代表の鈴木靖さんと折茂さんによる講演会が行われ、夢を持つことの大切さや若者たちが持つ可能性などについての熱いメッセージが届けられました。質問コーナーでは、折茂さんの「(一流のアスリートであった)俺に質問が無いはずがない」との発言で会場が沸き、高校生たちからの質問が途切れることはありませんでした。終了後に行われたサイン会は行列を作る人気ぶりで、体育館は熱気に包まれていました。
 

 文化系の会場では、本校の講義室にてシンガーソングライターのRihwaさんとHTBパーソナリティの高田まゆみさんによるトークショーが行われました。Rihwaさんの体験を基にしたクイズコーナーでは、正解者にFM NORTH WAVEのラジオ番組「Hidey-Ho!!」オリジナルステッカーが配られるなどして会場は大いに賑わいました。トークショーの後はスペシャルライブを披露。地元北海道への想いを込めた「Love Today!」や、力強いメッセージが胸に響く応援ソング「フレ!」、大ヒットバラードの「春風」などの人気曲4曲をほぼ生歌で熱唱し、迫力の歌声に高校生たちは感動した様子でした。アンコールは北海道でお馴染みの「ハイタッチ(Rihwa ver.)」で締めくくり、約100分間のショーは笑顔で幕を閉じました。
 

 各会場では「もうひとつのクライマクス」オリジナルポロシャツも配付され、高校生たちにとって忘れられない一日になったようです。

 

(令和2年10月30日 追記)

令和2年10月28日(水)、本イベントに出演した(株)レバンガ北海道・折茂武彦代表取締役社長が、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたとの報道がありましたが、保健所による追跡の結果、本イベントの参加者で濃厚接触者に該当する方はいないことを、主催の北海道教育委員会より報告を受けておりますのでお知らせいたします。


本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで