Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 岩見沢校の中の
  • トピックスの中の
  • 美術文化専攻の学生がデザインした学童野球チームのユニフォームが完成しました

美術文化専攻の学生がデザインした学童野球チームのユニフォームが完成しました

2022年8月1日

 北海道日本ハムファイターズが主導する産学連携型スポーツ振興事業<uniformics(ユニフォーミクス)>事業において、本校美術文化専攻3・4年生の学生が合同でデザイン制作協力を行った、滝川市の学童野球チーム「空知ブルームス」のユニフォームが完成し、北海道日本ハムファイターズの公式ホームページ上で公開されました。
  また、7月25日(月)には「空知ブルームス」の選手たちと、デザインを手がけた美術文化専攻の学生2名が空知振興局を訪れ、完成したユニフォームを披露しました。 
 
<空知振興局を訪問した「空知ブルームス」選手と美術文化専攻学生>


 今回の取り組みでは、滝川市に初めて誕生した小学生・中学生の女子軟式野球チームであることから、ユニフォーム・ロゴマークデザインだけでなく、チーム名の考案からの協力となりました。
 チーム名の「空知ブルームス」には、滝川市の名物である菜の花のイメージや、
「子どもたちの才能や能力が開花してほしい」という意味が込められています。
 また、ユニフォームは、菜の花が咲き誇る光景のイエローと、菜の花畑に映える青空、「空知」の「空」から連想されたスカイブルーが華やかなデザインで、子どもたちが元気に野球を続けてくれるように願いを込めて制作されました。

 本校では引き続き、<uniformics(ユニフォーミクス)>事業へ協力していく予定です。
 <uniformics(ユニフォーミクス)>事業の詳細は、こちらをご覧ください。


 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで