Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 岩見沢校の中の
  • トピックスの中の
  • サッカー部が総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北海道大会において3連覇を達成しました。

サッカー部が総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北海道大会において3連覇を達成しました。

2019年6月13日

 令和元年6月9日(日) に札幌厚別公園競技場において、岩見沢校サッカー部は第43回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北海道大会の優勝をかけて、準決勝で東海大学札幌校舎を破り初の全国大会の切符を手にした北海学園大学と対戦しました。
 岩見沢校は1週間前のリーグ戦で北海学園大学に対し5-1で勝利していますが、油断は禁物です。岩見沢校は立ち上がりから相手の背後を取る攻撃を見せましたが、北海学園大学の守備も固くなかなか得点を許してくれません。前半は橋本恭佑選手(2年)の1得点のみで終了しました。
  後半、岩見沢校はボールをつなぐ戦術に変更します。すると中本峻平選手(4年)の得点を皮切りに、橋本選手が2得点を挙げハットトリックを達成。さらに主将の遠藤祐馬選手(4年)、河合悠人選手(1年)が追加点を奪い、6-0と完勝。同大会3連覇、計6度目の優勝を果たしました。
  岩見沢校は8月29日(木)から大阪市を中心に行われる全国大会(第43回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント)に出場し、1回戦は関西地区第4代表と戦います。教育実習が始まり3年生は不在となりますが、サッカー部全員で力を合わせ頑張りたいと思います。

       

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで