Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 釧路校の中の
  • トピックスの中の
  • 釧路校学生が釧路国語教育学会において「プロジェクト研究Ⅱ」の成果を発表しました

釧路校学生が釧路国語教育学会において「プロジェクト研究Ⅱ」の成果を発表しました

2020年10月13日

 10月10日(土)、釧路校学生が釧路国語教育学会において、「プロジェクト研究2D」の成果を発表しました。
 本学会には、埼玉大学や本学札幌校からのオンライン参加を含む、52名が参加しました。

 教育出版国語科教科書(小学校2年)所収の教材に「さけが大きくなるまで」があります。この教材は昭和46年(1971)から、実に50年にわたってその掲載が続いています。この教材を起点に、本校2年生
16名が、「さけ」についての教科横断的学習の可能性をさぐりました。
 「「さけが大きくなるまで」を起点に教科横断的学習を考える」というテーマで学生が発表し、それに対して専門的立場から4名の指定討論者が発言され、意見交換を行いました。

 分野を超えてこの講義を受講した16名の2年生は5つのチームに分かれ、どのチームもよく調べ、よく考え、よく伝えようという気持ちが強く、彼らの熱意により充実した会となりました。
 「さけ」「地域素材」「教科横断的学習」「国語という教科」について活発な意見交換がなされ、盛会の裡、会を終えました。



●シンポジウム 「さけが大きくなるまで」を起点に教科横断的学習を考える

13:30-14:40 趣旨説明、学生発表
 趣旨説明          10分  佐野比呂己(北海道教育大学釧路校教授)
 国語科授業を考える     12分  後藤芽唯、渡邊陽多、嶋田萌夏
 さけと地域         12分  秋里有香、丹野涼花、三田地咲紀
 さけとアイヌ文化の関わり  12分  堤萌香、大沼菜々香、山田勇太
 さけと環境         12分  加藤香帆奈、佐々木優衣、新町綾斗
 さけ料理          12分  小泉沙織、葛西穂佳、小林日那、亀井百華
 
14:50-15:50 学生発表を受けて
 教育関係者の立場から    10分  玉井康之(北海道教育大学副学長)
 教科書編集者の立場から   10分  白木裕(教育出版編集局)Zoom参加
 サケ専門家の立場から    10分  市村政樹(標津サーモン科学館館長)Zoom参加  
 アイヌ民話研究者の立場から 10分  戸川貴之(帯広北高等学校教諭)
 フロアから         20分  本橋幸康(埼玉大学准教授)
                    菅原利晃(北海道教育大学札幌校准教授)
                    島田栞(埼玉大学4年)
                    野原唯(北海道教育大学釧路校4年)

16:00ー17:00 討論を受けて
 発表学生から        30分  
 アイヌ民話研究者の立場から  5分  戸川貴之(帯広北高等学校教諭)
 サケ専門家の立場から     5分  市村政樹(標津サーモン科学館館長) 
 教科書編集者の立場から    5分  白木裕(教育出版編集局)
 教育関係者の立場から     5分  玉井康之(北海道教育大学副学長)
 コーディネーター 総括   10分  佐野比呂己(北海道教育大学釧路校教授)

釧路校会場には30名が参加
ZOOMを活用し発表しました
紙芝居を作成したグループ
標津サーモン科学館でのサケ研究
標津サーモン科学館ではサケの解剖も


本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで