Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 釧路校の中の
  • トピックスの中の
  • 釧路校理科教育実践分野の学生が昆布森小学校「磯の観察学習会」に参加しました

釧路校理科教育実践分野の学生が昆布森小学校「磯の観察学習会」に参加しました

2019年7月29日

 令和元年7月3日(水)、昆布森小学校の恒例行事「磯の観察学習会」が伏古海岸で行われました。この行事は学校関係者だけでなく、地元漁協青年部の方が地引き網体験の機会を設けるなど、地域とのつながりの深い行事でもあります。釧路校からは理科教育実践分野の学生を中心に学生・院生4名、教員1名が参加しました。
 この活動は中高学年では総合的な学習の時間に位置付け、「自然環境に興味を持ち、環境教育への関心を持たせるとともに、自然愛護の心を育てる」及び「調査や観察を通して、地域の海浜生物への知識を得る機会とする」の2点をねらいとしています。
 今年度は事前学習として6月下旬に「磯の観察学習会」に向けた事前授業を本校の学生が行いました。3、4年生では「昆布の不思議を調べよう」、5,6年生では「食物連鎖のつながりを胃袋から調べよう」をテーマにしました。
 「磯の観察学習会」当日は天候にも恵まれ、午前中の観察活動では魚類、ウニ、タコ、貝類など多種類の生物を採集・観察することができ、昆布森の豊かな自然環境を体感することができました。午後は事前授業のテーマに沿って探究活動を行いました。3、4年生では「昆布の不思議」をポスター形式で発表し、5、6年生ではウグイを解剖して、「胃袋の中身の顕微鏡観察」を行い、昆布森の豊かな自然について地域素材を授業に活用することで学びを深めることができました。
 
磯の生物を採集・観察している様子
地引網を引っ張る様子
▲3,4年生対象の事後授業(理科)
▲5,6年生対象の事後授業(理科)

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで