Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 釧路校の中の
  • トピックスの中の
  • 釧路校地域環境教育実践分野の学生が「カタリ場ネイパル厚岸企画」に参加しました

釧路校地域環境教育実践分野の学生が「カタリ場ネイパル厚岸企画」に参加しました

2019年10月18日

 令和元年105()、北海道高等学校PTA連合会が主催する令和元年度「高校生と語るつどい―社会で生きる力を身に付けるために」の一環としてネイパル厚岸にて行われた「カタリ場」に、釧路校地域環境教育実践分野の学生17名がキャストとして参加しました。「カタリ場」は、NPOカタリバ(東京)が開発した、主に高校で実施するキャリア学習プログラムで、道東釧路管内では標茶高校で昨年から実施されています。
 学生たちは、104()から5()午前中に「カタリ場」の経験が豊富な札幌市・近郊の大学生にキャストとしての振る舞いについてレクチャーを受け、5日(土)午後の本番に臨みました。当日は、「カタリ場」のプログラムに沿って、高校生が大学生の体験談に耳を傾けたり、進路や勉強などについて悩みを相談したり、様々な体験を通して交流を深めました。
 参加した学生からは、「高校生と関わることで自分自身を振り返る機会にもなった。これからも高校生と交流する機会を作っていきたい」「他大学の学生とも交流しながらともに活動することで、異なる価値観に出会い刺激を受けた」といった声が聞かれました。
大学の中にとどまらない地域に飛び出しての他大学の学生や高校生との交流が、多様な可能性を持っていることを感じる機会となりました。

カタリ場とは
「カタリ場」は、NPOカタリバ(東京)が開発した主に高校で実施する授業です。中高生の進路や悩みについて、学生などの若者が対話型のワークショプを実施しながら、人生のきっかけを作り出す「動機付けキャリア学習プログラム」です。授業の企画・運営も大学生が担い、総合学習等の時間(約2時間)のなかで、中高生たちと深く対話をして明日から出来る「約束」を結んでいきます。
NPO法人いきたすHPより引用(http://www.ikitas.net/
 

① 研修の様子①
② 研修の様子②
③ 会場の全景
④ 高校生との対話①
⑤ 高校生との対話②


⑤ 高校生との対話②


 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで