Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

トピックス トピックス

ここから本文です。

現在位置

  • 札幌校の中の
  • トピックスの中の
  • 『ほっかいどう未来チャレンジ基金』第3期生として留学した学生による成果報告会が行われました

『ほっかいどう未来チャレンジ基金』第3期生として留学した学生による成果報告会が行われました

2020年9月23日

 令和2年9月17日(木)、株式会社HARP様において、「ほっかいどう未来チャレンジ基金」第3期生としてノルウェーに留学した札幌校生活創造教育専攻 立花洋太朗さんによる留学成果報告会が行われました。
 「ほっかいどう未来チャレンジ基金」は、北海道に貢献する意欲と能力のある北海道在住の大学生等が立案した、海外留学、海外での実践活動及び道内企業でのインターンシップを組み合わせた事業計画を官民協働で支援する制度です。
 立花さんは、「教育の先進国であるノルウェーで、ものづくり教育や職業教育をカリキュラムに組み込んでいる学校を視察・調査し、日本でのものづくり教育やICT教育の発展の可能性を探る」ことを目的として、令和元年8月から12月の5か月間、本学協定校であるベルゲン大学へ交換留学生として学びながら、ノルウェーでの実践活動を伴う留学を行うとともに、留学前後には株式会社HARP様でインターンシップを行いました。
 発表では、ベルゲン大学での学びについて紹介があったほか、ノルウェーの教育制度や教育事情についての報告がありました。また、ノルウェーの高校でのICT教育について、現地で30校に自主的にコンタクトをとり調査した結果や、これを踏まえた考察について報告がありました。
 発表後は、参加者との間で活発な質疑応答が交わされ、北海道の教育に導入する場合の利点や課題について多くの議論が行われました。
 
  

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで