Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

北海道教育大学から海外への留学

ここから本文です。

現在位置

韓国・漢城大学校サマープログラム

留学希望の日本人学生へ〔韓国・漢城大学校サマープログラム〕

2019年度韓国・漢城大学校サマープログラム

1.趣旨・目的

本プログラムは、協定校である韓国の漢城大学校(Hansung University)により実施されるものです。本学の学生が韓国の文化・言語を学び、実際に韓国での生活を体験することで、日本と韓国の親善を深め、異文化を理解する心を育み、国際的視野を広げることを目的としています。
本プログラムを修了すると、「海外短期研修(韓国語)I」または「海外短期研修(韓国語)II」の単位認定の申請が可能です。
※函館校の学生については、単位認定について学務グループに確認してください。 

2.受入大学

漢城大学校(韓国)

3.費用

授業料:90万ウォン(日本円で約9万円)
寮 費:免除
航空券:往復航空券(各自の希望出発地~仁川国際空港(ソウル))は自己負担で,各自で手配
    する必要があります。


上記の他,海外旅行傷害保険料、食費、生活費等は自己負担となります。

4.応募資格

学部学生対象
※応募に際して語学力は求められておりませんが、学内審査において、英語又は韓国語の学習経験等を考慮します。

5.プログラム期間

2019年8月8日(木)から8月21日(水)
(派遣期間:8月8日(木)出発、8月21日(水)帰国)

6.プログラム内容

韓国語及び韓国文化(歴史、社会・文化、言語・文学、音楽、料理、民族衣装、舞踊など)を学びます。また、このプログラムは、漢城大学校の他の姉妹校の学生も参加の可能性があります。プログラムの詳細がわかり次第、追ってお知らせします。
なお、漢城大学のHPは下記URLです。
http://www.hansung.ac.kr/web/www/home

7.応募方法及び参加者の決定

(1)申し込み等に関する問い合わせは、各校学務グループ(札幌校は国際課)へ照会して下さい。
(2)参加希望者は、所定の「参加申込書」に必要事項を記入の上、語学能力を証明するものがある場合はその証明書とともに各校学務グループ(札幌校は国際課)担当者に提出してください。
※記入いただいた情報は、本プログラムのために利用され、その他の目的には利用されません。
(3)提出された書類及び面接により選考を行います。

8.申込期限

申込書提出期限は各校により異なりますので、掲示等でご確認ください。
6月5日(水)…選考結果発表(予定)

9.その他

  • 応募等に関する問い合わせは,各校室学務グループ(札幌校は国際課)に行ってください。
  • 参加者には,大学で指定する海外旅行保険(学研災付帯海外留学保険)に加入していただきます。
    参加者には,プログラム終了後,報告書を作成していただきます。
  • ※参加者に別途連絡します。
    渡航に伴うパスポートの取得等渡航準備は,各自で行っていただきます。
    なお,韓国入国に際し,ビザを取得する必要はありません。
  • プログラム費用は,国際送金の支払方法について各自で事前に確認し,金額確定後,すぐに支払えるよう準備をしてください。
    (送金に必要な日数,必要書類及び手数料(送金銀行・受取銀行ともに)等)
    ※6月中旬~下旬着金締切予定 (詳細,送金宛先は別途連絡します。)
  • 参加期間中における所持品の破損や紛失,個人的な病気や怪我,死亡については,本学及び漢城大学校は責任を負いません。
  • 本プログラム修了後,単位認定を受けようとする場合は,単位認定申請書に修了証明書等を添付の上,各校室学務グループ(札幌は国際課)に提出してください。
    ※認定した単位は各履修基準における研究発展科目とし,成績評価は行いません。
    ※認定された単位は,各年次のCAP制には含まれません。
    ※函館校の学生については,単位認定について学務グループに確認してください。
  • 出発前にオリエンテーションを実施します。
    ※参加者に別途連絡します。
    ※昨年度,授業料免除枠が1名分ありましたが,2019年度は未定です。授業料免除枠
  •  が生じる場合は,選考結果をもとに本学で該当者を決定します。
  • ※宿泊施設について
     学生寮に宿泊する予定です。学生寮では,ベット,机,エアコン,洋式トイレ,シャワー,洗濯機,レンジ,冷蔵庫が完備され,無料で使用することができます。電気プラグは,日本と異なります。
    ※学生寮周辺には,スーパー,コンビニ,カフェ等が充実しており,日本食も購入できま 
  •  す。
  • ※派遣決定者には,宿泊施設の情報やスケジュールについて,詳細をお知らせします。
    ※現地では,本学の他,日本の他大学と中国の大学からも参加者がいます。
    ※日頃の生活については,日本語が堪能な先生と韓国人学生がサポートしてくれます。

11.報告書

参加学生の報告書を下記リンクからご覧いただけます。(原文のまま掲載しています。)

平成29年度帰国報告書

平成28年度帰国報告書

平成27年度帰国報告書

平成26年度帰国報告書

平成25年度帰国報告書

平成24年度帰国報告書

平成23年度帰国報告書

本文ここまで