Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

現在位置

教員(分野)紹介

声楽コース

声楽第1研究室

大久保 光哉 准教授担当教員
大久保 光哉
OKUBO, Mitsuya
准教授

「声による感動を あらゆる人に」

音楽は、まず声楽から始まったと考えられています。
【歌う】ということは、人間に直接的に結びついた行為です。オペラや演奏会など豊富な舞台経験をもとに、大久保研究室では、声楽のあらゆる可能性を皆さんと 模索していきます。オペラ・歌曲など、国や地域、歴史、環境によってその様相には限りがありません。どれをとっても同じものはないのです。だからこそ興味が尽き ないのです。演奏や研究を通してそれぞれの本質に迫 り、自分の身体という楽器から織り成される【声】を使ってのコミュニケーションを高めていきましょう。そして、その感動を世界に発信していきましょう。
 

研究者総覧のページへ
 

声楽第2研究室

服部 麻実 教授担当教員
服部 麻実
HATTORI, Asami
教授

「歌の学びを人生に活かす」 

人の声は類稀な表現力を持ち、様々な感情を伝えることがで
きます。そして歌には色々なジャンルがありますが、声楽はその人それぞれの美しさや能力を最大限に伸ばすことができ、豊かな感情表現を可能にします。そして歌は言葉を通じて、色々な国の文化を知り視野を広げていくことも可能です。
研究室では発表会「メローディア」、ロシア音楽の夕べ「ロシアン・ナイト」を開催、またロシア、モスクワで開催される青少年の歌唱フェスティバルに参加するなどの研修を行っています。
歌の学びはそれぞれに異なりますが、皆さんの様々な「やりたい」「学びたい」に応えていきたいと思っています。一緒に勉強しませんか?

研究者総覧のページへ


 

鍵盤楽器コース

鍵盤(ピアノ)第1研究室

二宮 英美歌 准教授担当教員
二宮 英美歌
NINOMIYA, Emika
准教授

「『世界』を支える 力となる音楽」

研究室では、夢や希望を現実とするために、皆さんが一番幸せに自立していける方法を、4年間をかけて共に築きあげていけるように心がけています。私自身はフランスで留学経験があり、学生の皆さんの希望に合わせて、海外や国内のコンクールやオーディションでも優秀な成績を修められるよう支援指導をし、これまでに 多くの海外留学生や大学の教員等を育ててきました。
また、地域社会を支える中学校・高校教員や公務員、音楽教室指導者も数多くいます。皆さんは、音楽を通して自分の人生や周りの人たちを豊かにして、人として成長し、それを地域社会へ伝えていくことで、小さくても「世界」を支える力となることができます。

研究者総覧のページへ
 

鍵盤(ピアノ)第2研究室

樋口 英子 教授担当教員
樋口 英子
HIGUCHI, Hideko
教授

「学び合いながら 自分を生きよう!」

学生たちが「ひぐもん」と称しているらしく、学年を越 えたコミュニケーションを大切に学び合う、温かい空気が受け継がれている研究室です。演奏を追求するだけでなく、教員や一般企業へと進路を取って、ピアノと 向き合うことを通じて人間としての成長を見せてくれる学生も多く、私自身も刺激を受けながら演奏活動を続けています。ピアノを弾くために活きる引き出しは実に多様です。まずは好きなこと、やりたいことを入り口にしながら世界を広げていきましょう。そして知識や経 験を積み上げながら歴史に敬意を払い、今の時代と向き合って、未来に向けて自分をしっかり生きることを 目指して共に学びましょう。

研究者総覧のページへ
 

鍵盤(ピアノ)第3研究室

松永 加也子 教授担当教員
松永 加也子
MATSUNAGA, Kayako
教授

「音楽の学びを通して 人生を切り拓く」

私自身の研究活動としては、東京を中心とする日本国 内とヨーロッパ、アメリカ、アジアの主要都市での現代音楽の演奏、また教育活動としては、ピアノペダゴジーの欧米諸国の状況を現地に赴きリサーチし、授業にフィードバックさせてきました。10年間学生とともに、 岩見沢と旭川で続けてきた現代音楽のコンサートを通して、地域の皆さんとの交流を深めることもできました
本研究室で大切にしていることは、「自分で考え、判断し、道を見つける」ことです。これは現代音楽の演奏に通じることかもしれません。音楽で学んだことを音楽以外のことにも生かして、人生を拓いていってほしいと考えています。

研究者総覧のページへ

 

鍵盤(ピアノ)第4研究室

野呂 佳生 教授担当教員
野呂 佳生
NORO, Yoshio
教授

「自分の音楽を 作りましょう」

ピアノを学ぶ研究室です。2020年度は新型コロナウイルス
感染拡大の影響で、毎年行ってきた函館や釧路での演奏会
はかないませんでしたが、3月4日(木)に岩見沢校のi-Hallで開催し、それぞれが課題に取り組んだ演奏が出来ました。私は自分で考えて演奏できる独立した音楽家を育てるように指導しています。卒業後の進路は演奏家、ピアノ教師、教員、一般就職、進学、留学等様々ですが、皆で連絡を取りあいながら演奏活動を続けています。岩見沢校で学べることは演奏だけではなく、演奏会や遠征を組むことで調整能力や協調性、責任感など社会人として必要なことも多く学べます。

研究者総覧のページへ

 

鍵盤(ピアノ)第5研究室

深井 尚子 准教授担当教員
深井 尚子
FUKAI, Shoko
准教授

「知性と感性を磨き、 素敵な音楽を奏でよう。」

私は、ウィーンとロンドンに8年間、留学しました。特にウィーンでは、音楽の基本となるウィーン古典派をじっくり学び、その影響で現在の私の研究テーマは、ベートーヴェンのピアノ音楽です。大学では、ピアノの他に、室内楽の授業も担当しています。みなさん、私と一緒にピアノを通して伝統に則った素敵な音楽を追求していきましょう。ピアノ演奏法も実践的に指導しますので、身体の仕組みを知り、姿勢を見直すことで、 高度な演奏技術を会得することができます。また、歴 史、思想、哲学などの知識も織り交ぜながら、授業を行っています。深井研究室のモットーは「インテリジェンスとエレガンス」で、高い知性と品性を持った演奏家を育てると同時に、人間としても品格を持ち、世界で通用する社会人となるような教育を行っています。

研究者総覧のページへ


 

作曲コース

作曲第1研究室

阿部 俊祐 准教授担当教員
阿部 俊祐
ABE, Shunsuke
准教授

「自分だけの音を創造する」

作曲第1研究室では、ピアノ、室内楽、歌曲、オーケストラや吹奏楽といったクラシック・芸術音楽を中心としつつ、映像音楽や商業音楽等、あらゆるジャンルの音楽制作を研究しています。まずは和声や対位法、オーケストレーションといった作曲に必要な技術をしっかり 身につけ、基礎を固めます。発展としてコンピューターを使った音楽制作も学習します。自分だけの表現方法のパレットを広げてゆき、4年次に集大成として卒業作品を制作します。優れた作品は、定期演奏会や卒業演奏会等で広く発表されることもあります。自ら書いた音が実際の音になったときの感動を、一緒に味わってみませんか。

研究者総覧のページへ
 

管弦打楽器コース

金管楽器(ユーフォニアム)・合奏研究室

渡部 謙一 准教授担当教員
渡部 謙一
WATANABE, Ken-Ichi
准教授

「21世紀を切り拓く 新しい管打楽器人の育成」

歴史と伝統の管弦楽そして時代の最先端の吹奏楽を両輪とし、管打楽器演奏を通して様々な物事に通ずる普遍的な思考能力を高め、未来への光につながる新しい文化的価値を想像・創造していきましょう。そのためには、楽器を演奏する能力を基本から見直し、自分の限界を知り、そして打ち破っていく必要があります。
こう言った「深み」を皆で学び合うために、現代音楽 作曲家のトップランナーたちとのコラボレーションを行っている世界最先端の吹奏楽「北海道教育大学スーパーウィンズ」が存在しています。新しい世代の新しい価値観をここにぶつけてください。


 

研究者総覧のページへ


 

弦楽器(ヴァイオリン)・合奏・室内楽研究室

長岡 聡季 准教授担当教員
長岡 聡季
NAGAOKA, Satoki
准教授

「北海道から世界へ、 音楽を発信」

2019年に、本校学生による弦楽アンサンブルを率いて、ドイツ(シュトゥットガルト、ヴュルツブルク)への演奏旅行を主催しました。本場の聴衆の前での演奏はもちろんのこと、現地での研修や生活を通して、ヨーロッパに発祥したクラシック音楽を肌で感じる、素晴 らしい機会となりました。長岡研究室では、弦楽器が含まれる多様なジャンルの作品を対象に、演奏や研究を通して作品の本質に迫ることを最も大切にしていま す。演奏家や指導者としてのスキルを高めることはもちろん、小・大編成のアンサンブルを通してコミュニ ケーション能力を磨き、世界へと発信していきましょう。

研究者総覧のページへ


 

音楽教育・音楽文化コース

音楽教育研究室

尾藤 弥生 教授担当教員
尾藤 弥生
BITO, Yayoi
教授

「誰もが楽しめる 音楽活動を社会に発信」

「誰もが楽しめる音楽活動」を自ら実践的に学び、さらに、その指導方法を音楽科教育の理論的学習を通して身に着け、多くの人に多様な音楽の楽しさ、素晴らしさ、感動を伝え、子供たちの音楽表現の可能性を引き出せる学びを深めていきます。
実際に、地域の小中学生を指導する体験を通して、自らの指導スキルを高めます。そのために、実践と理論的な学習をスパイラルに行っていきます。
いつも前向きで笑顔あふれる音楽大好き人間、教員を目指す人、音楽を通して子供たちの人間的成長に貢献したい人にピッタリです。

研究者総覧のページへ
個人ページ 


 

音楽文化研究室

岩澤 孝子 准教授担当教員
岩澤 孝子
IWASAWA, Takako
准教授

「音楽文化と現代コミュニティ」

岩澤研究室のキーワードは「アジア」、「コミュニティ」、「身体」です。アジアの音楽文化を中心に実技・理論の 両面から多様な価値観について学ぶことで、現代のコミュニティ課題に対応できる人材を育成しています。これまでの特徴的な取り組みとしては、タイとの国際交流事業がありますが、2019年度は「タイから来日したグループによる本学での人形劇公演」や「アイヌ古式 舞踊の新しい伝承プログラム映像制作」にも参加し、視野を広げました。多様な音楽文化を手掛かりに「他者理解」や「コミュニティ課題解決」について自ら志向し実践する力を身につけ、学びを深める楽しさをともに体験しましょう。

研究者総覧のページへ


 
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで