Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学科紹介 学科紹介

ここから本文です。

現在位置

教員(分野)紹介

スポーツコーチング科学コース

スポーツ心理学研究室

安部 久貴 准教授担当教員
安部 久貴
AMBE, Hisataka
准教授

「疑問を探求してより良いスポーツライフを!」

 私はサッカーの指導をしながら、「スポーツと心理」の関係について研究しています。その内容は、「どうすれば選手がやる気を出して、主体的に練習に取り組むよ うになるのだろう?」、「どんな練習をすればもっと効率良く技能が向上するのだろう?」、「どんな取り組みをすれば試合で最高のパフォーマンスを発揮できるのだろう?」、「指導者である私の声かけは選手にどんな影響を与えているのだろう?」など多岐に渡ります。スポーツ活動で生じる「心理」に関する疑問の探究を通じて、より良いスポーツライフを実現するために、一緒にスポーツ心理学について学びませんか。
 

研究者総覧のページへ

 

アダプテッド・スポーツ研究室

大山 祐太 准教授担当教員
大山 祐太
OYAMA, yuta
准教授

あなたの工夫でSports for all

 アダプテッド・スポーツとは、実践者の心身の状態にadapted=適合させられたスポーツの総称です。「障害」という概念は個人が社会と接した際に困難が生じる状態と言えます。個人の心身機能や構造は変えられなくとも、用具やルールという環境を修正することによって誰もがスポーツを楽しめるようになります。当研究室では「教育、研究、地域貢献を一体に」を基本とし、学校や障害者施設におけるスポーツ指導、地域イベントの開催などの実践を多く行っています。誰に対しても根拠に基づいた指導ができ、地域でスポーツの魅力を発信できる、そんな指導者を目指しませんか? 一緒に楽しみながら学んでくれたら嬉しいです。

活動写真 大山 祐太 講師

研究者総覧のページへ

 

ゲーム分析論研究室

奥田 知靖 准教授担当教員
奥田 知靖
OKUDA, Tomoyasu
准教授

子どものボールゲームの未来をひらく!

当研究室では、子どもの年代にどのようなトレーニングをすれば、将来のボールゲーム能力を開発できるかを研究テーマとしています。子どものボールゲームにおける戦術行動の分析やスキルの評価を通じて、子どもの年代に適したボールゲームのトレーニングプログラムや指導者養成プログラムの開発を行っています。
子どもは発育発達の途中にあるため、その指導においては、大人のトレーニング内容のコピーでなく、子ども独自の指導内容・方法が必要です。無限の可能性をもった子どものボールゲーム能力の開発を促進させ、創造的なプレーに発展する子どものトレーニングプログラムや指導方法について追究してみませんか?

研究者総覧のページへ

 

スポーツ運動学研究室

小倉 晃布 講師担当教員
小倉 晃布
OGURA Akinobu
講師

「優れたスポーツ指導者をめざそう!」

 私の専門は「器械運動」と「スポーツ運動学」です。ス ポーツ運動学とは、体育やスポーツで行われる運動を「運動感覚」という視点から研究する学問です。「どう すればもっと上手になれる?」「どんな風に教えれば上手くなる?」「運動を覚えるのが早い人と遅い人がいるのはなぜ?」「教えるのが上手な人と下手な人は何が違うの?」など、これまでスポーツ活動に熱心に取り組んできた人なら、きっとこんな疑問を感じたことがあると思います。 このような体育やスポーツの現場で生じる疑問を深く探究し、運動を「覚える・教える」ために必要な知識・技能を身につけ、優れた体育教員やスポーツ指導者をめざしましょう!
 

研究者総覧のページへ
 

チームコーチング研究室

越山 賢一 教授担当教員
越山 賢一
KOSHIYAMA, Ken-Ichi
教授

「君もスポーツ界で期待される指導者になろう」

私の研究室ではサッカーをはじめチームスポーツのコーチングを中心に研究しています。学生たちはサッカー部をモデルに使って、練習メニューの作成、年間・週単位のスケジュール管理、さらに試合映像やGPSを使った戦術や技術分析などを行っています。そればかりではなく、指導者に必要とされる指導理念や指導哲学を獲得するために、指導者と選手との関わり方やメンバー同士の関わり方、いわゆるグループダイナミクス等の分析からトライアンドエラーを繰り返しています。私の長い学生指導の間に立派な指導者が育ちました。残り僅かとなりましたが、これからもスポーツ界のリーダー育成に関わって行きたいと思います。
 

研究者総覧のページへ
個人ページ

スポーツバイオメカニクス研究室

小林 育斗 准教授担当教員
小林 育斗
KOBAYASHI, Yasuto
准教授

「動作分析で“科学の茎”を育てよう!」

スポーツバイオメカニクスとは、スポーツ時の身体や用具の動きを機器を用いて計測し、動きへの理解を深めていく研究領域です。ひょっとすると、テレビ番組などで計測の様子をみた人もいるかもしれません。これらは一見華やかですが、計測すれば全てが明らかになる訳ではありません。
ある物理学者は、「ふしぎだと思うこと」を“科学の芽”、「最後になぞがとけること」を“科学の花”と例えました。そして、芽から花につながる“科学の茎”を「よく観察してたしかめ、そして考えること」としています。つまり、計測で数値や動画を得るだけでは不十分なのです。
ぜひ一緒に、動作分析で“科学の茎”を育ててみませんか?

研究者総覧のページへ

 

体力学研究室

志手 典之 教授担当教員
志手 典之
SHIDE, Noriyuki
教授

「体力を科学の目で解明しよう!」

スポーツ生理学をベースに体力を多角的に研究しています。例えば、「体力とパフォーマンスの関係」・「コンディショニング」・「子ども達の体力向上」など。特に、実験室レベルでの体力測定を中心に、体力要素を分類・抽出し、パフォーマンスとの関連性や形態との関係を探求するための学びのステップを構築しています。将来、スポーツ指導者や学校の教員になった時に、経験による指導ではなく、科学的知識に基づく指導実践ができる人材を育成したいと思っています。

 

研究者総覧のページへ

パーソナルコーチング研究室

杉山 喜一 教授担当教員
杉山 喜一
SUGIYAMA, Kiichi
教授

「目標に向けて自己の可能性にチャレンジする」

コーチングとは、目標達成に必要な知識、スキル、ツールが何であるかを棚卸しし、個別対応に備えさせるプロセスであるといわれています。いいかえれば自発的行動を促進させるコミュニケーションのことをいいます。そしてパーソナルコーチングでは、個々のアスリートそれぞれが豊かで充実したスポーツライフの構築にむけて明確な目標を実現させていくことが求められます。具体的には競技力向上を目的に、心技体にかかる要因やアスリートを取り巻くさまざまな環境要因に焦点をあてながら、スポーツ科学分野で得られた知見を活かして、個々の能力を最大限に引き出すための効果的なトレーニング方法やその指導法を学びます。

研究者総覧のページへ

 

運動生理学研究室

鈴木 淳一 教授担当教員
鈴木 淳一
SUZUKI, Junichi
教授

「自ら学び『T型』人間を目指そう!」

運動生理学分野で、低酸素や高圧環境が運動能力に及ぼす影響を研究しています。高校までの学習とは違い大学は自ら学ぶところで、やる気次第で人生を一変することができる場所です。一般に、専門領域に特化した人は「I(アイ)型」、幅広い知識・経験を有する人は「T(ティー)型」と呼ばれます。本校では専門や教養科目の他に、学科共通科目や地域連携を実践する科目の習得ができ、幅広い知識・経験を得ることができます。つまり「T」の横棒を長くすることができるのです。幅広く学び、深く疑問を探究することの重要性は、2500年前の「論語」にも記されています。既知の事実を疑い、新事実を創造する力を身につけましょう!

研究者総覧のページへ

 

ヘルスプロモーション研究室

寅嶋 静香 准教授担当教員
寅嶋 静香
TORASHIMA, shizuka
准教授

「地域と共に学び、地域と共に成長を」

当研究室では、主に健康科学を起点とした「健康の三大原則」を、様々なエビデンスをベースとして「地域の中で、地域と共に」学んでいきます。例えば、運動実践や睡眠の担保は健康増進にとって不可欠です。しかし生活状況によっては、この大切さを理解して頂けません。知識の重畳化だけでは、学びは全く伝わらないのです。つまり、健康科学の学びを、「どのように伝えたら地域活性化に繋がるのか→『伝わる』のか」がこの研究室の主眼となります。そして地域と共に学び、地域と共に成長を感じてもらうための仕掛けづくりをいくつも行っています。将来、「地域活性化を担う社会人」を目指して、一緒に学んでみませんか?

活動写真 寅嶋 静香 准教授

研究者総覧のページへ

 

健康体力医学研究室

森田 憲輝 教授担当教員
森田 憲輝
MORITA, Noriteru
教授

「運動は『頭』も鍛える!?」

健康体力医学研究室は、運動生理学という分野を基盤として、運動した時のカラダの反応、そしてそれが長期化して運動によるカラダの変化の理解を目指す研究室です。教員の森田は、「運動すると頭が良くなる!?」というテーマで研究しています。特に、「小学生」「中学生」が運動やスポーツをすること、そしてそれによって体力が向上することが本当に頭が良くなるのかを研究しています。スポーツ科学に興味のあるみなさんはスポーツの良さを人に伝えたいという思いがあると思いますので、カラダへの良い効果だけでなく、アタマへの良い効果についても一緒に勉強そして探求してみませんか?

研究者総覧のページへ

 

スポーツ教育学研究室

山本 理人 教授担当教員
山本 理人
YAMAMOTO, Rihito
教授

「スポーツという文化の学びを探求しよう!」

スポーツ教育学研究室では、「スポーツを学ぶこと」について研究を行っています。近年、人間とスポーツの関わりは、「する(行う)」だけでなく、「みる」「支える」「知る」「つくる」など多様化しています。スポーツ教育学研究室では、「スポーツを学ぶこと」の意味を固定的に捉えるのではなく、それぞれ地域における「人々とスポーツの関わり方の現実」を捉えながら、指導のあり方や環境づくりのあり方などを考察していきます。体育の授業や地域スポーツクラブの活動などを具体的な研究フィールドとして、「スポーツを学ぶこ と」について一緒に考えてみませんか?

研究者総覧のページへ

 

アウトドアライフコース

環境教育学研究室

能條 歩 教授担当教員
能條 歩
NOJO, Ayumu
教授

「人と自然をつなぐ教育を考えよう」

「21世紀は環境の世紀」といわれます。また、「持続可能な社会」というキーワードもあちこちで見られます。これらは全て「人と自然の望ましいあり方を考える」ことがベースになっており、それを追求することは健康で平和な暮らしを作り上げるためにも大切なことです。このためには、まず「自然から何をどう学ぶか」を考え、実感のこもる教育を構築し実践する必要があります。本研究室では、行政・企業・学会における研究活動や普及事業などを通して自然体験教育の実践や研究の中に身を置き、自然・環境・自然災害・SDGsなどにつ いてたくさんのことを学んでもらうようにしています。

研究者総覧のページへ

 

自然体験活動研究室

濱谷 弘志 准教授担当教員
濱谷 弘志
HAMATANI, Hiroshi
准教授

「自然が研究のフィールドです」

日本の豊かな自然の中で四季を通じて、登山、クライミング、バックカントリースキー、カヤックなどの直接体験により、どのような教育効果がもたらされるか研究しています。北海道には日本でも稀なウィルダネスと呼ばれる原生の自然環境が残されており、そこでの体験で五感を通して得られる効果や自然環境に対する態度変容に関する研究、また、このような体験を提供するための指導者スキル、リスクマネジメント能力、トレーニング法などについても研究しています。ぜひ、北海道の大自然をフィールドに研究しませんか?

研究者総覧のページへ

 

スポーツ社会学研究室

前田 和司 教授担当教員
前田 和司
MAETA, Kazushi
教授

「自然と社会を結ぶスポーツのあり方を考える」

環境問題の多くは、自然と社会のかかわりがなくなったり見えにくくなってしまったところに原因があります。だから環境問題の解決のためには、自然と社会のかか わりを新しくつくったり目に見えるようにすることが大切です。自然の中で行う登山やカヌーやスキーなどのアウトドアスポーツは、そのかかわりがどうなっているのかを目の当たりに見せてくれます。スポーツ社会学研究室では、このアウトドアスポーツに注目し、自然と社会のかかわりを良好なものにするにはどうすればいいかを現場に立って考えていきます。さらに自然とかか わって暮らしてきた農山村の生活文化の可能性についても考えていきます。
 

研究者総覧のページへ

 

野外教育学研究室

山田 亮 准教授担当教員
山田 亮
YAMADA, Ryo
准教授

「アウトドア業界との連携で力をつける」

野外教育は、環境、地域社会における現代的課題を解決するために、自然の中で幅広い年齢層を対象に、組織的・計画的に教育目標をもって行われる活動です。私はその効果的なプログラムを開発することをテーマとして取り組んでいます。研究室では、実際に子どもや成人を対象としたプログラムの企画・指導の実践を行い、指導者としての専門的な知識や技術を身につけ、社会に貢献できる人材を育成しています。また学外とのつながりでは、北海道アウトドアフォーラムという組織と連携し、北海道でアウトドア活動をプロとして仕事をしている団体、ガイド、施設とともに、現場の最前線で実践や研究、交流を行っています。

研究者総覧のページへ

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで