Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

キャンパス紹介 キャンパス紹介

ここから本文です。

現在位置

キャンパス長挨拶

芸術・スポーツ文化を岩見沢から世界へ。

岩見沢校キャンパス長 山本 理人

 北海道教育大学岩見沢校は、平成26年度から全国で初めて芸術とスポーツがともに文化を考えていく芸術・スポーツ文化学科となりました。この学科は、「芸術やスポーツの文化価値を、地域のさまざまな課題解決へ活用し、また、それを新たな文化ビジネスへつなげる発想を持つ、地域再生の核となる人材養成を行う」ことを目的としています。
 北海道教育大学岩見沢校では、この新学科の設置を契機として、大学が有する資源(ハードウェアとソフトウェア)を活かし、これまで以上に岩見沢市や地域の人々と連携しながら、地域文化の創造と発展に寄与する様々な活動を進めています。これらの活動は、授業としての「地域プロジェクト」を中心としながら、北海道内の地域を巡回し、芸術・スポーツの魅力を伝える「芸術・スポーツキャラバン」や、「あそび」をキーワードとして展開している「あそびプロジェクト」など多岐にわたっています。
 また、近年は「SLDI(Sports Life Design Iwamizawa)」という地域スポーツクラブを大学院生が立ち上げたり、学生が地域と連携しながら「岩見沢ねぶたプロジェクト」という活動を展開するなど、学生たちが主体となって地域に発信する活動も盛んになってきています。

 芸術やスポーツは、人々を元気にしたり、地域を活性化するチカラを持っています。その素晴らしさを国内外に発信し、将来、芸術やスポーツを通した地域づくりの担い手として活躍してみませんか。
 北海道教育大学岩見沢校での学びが、そのような未来の基盤づくりになれば大変嬉しく思います。

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

キャンパスマップ 本部 札幌校 旭川校 釧路校 芸術・スポーツ文化学科 岩見沢校 国際地域学科 函館校 札幌駅前サテライト hue pocket

サブメニューここまで