Menu

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

学生生活・就職活動 学生生活・就職活動

ここから本文です。

授業料の納入

授業料の額


※改定が行われた場合は、改定時から新授業料が適用されます。

区 分

前 期

後 期

年 額

納 入 時 期

学部

267,900

267,900

535,800

5月(前期),11月(後期)

大学院

267,900

267,900

535,800

5月(前期),11月(後期)

養護教諭特別別科

136,950

136,950

273,900

5月(前期),11月(後期)

研究生

月 額 29,700円

4月,7月,10月,1月

科目等履修生

1単位 14,800円

4月(前期),10月(後期)

特別聴講学生

1単位 14,800円

4月(前期),10月(後期)

・学部への転入学・編入学・再入学についても、授業料の額は同額です。
・大学院の長期履修学生については、修業年数によって授業料の年額が異なります。
・休学等の特別な事情により、変更となることがあります。
 

納入方法

学部・大学院・養護教諭特別別科

 授業料は、学生・保証人の皆様の利便性向上のため、入学時にご提出の「預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書」に記入された預金口座から引落されます。
 なお、預金口座の登録に2か月程度期間を要しますので、変更等ありましたら、納入時期にご注意くださいますよう、お願いいたします。

 特別な事情等により預金口座から引落ができない場合には、本学指定の振込用紙(払込取扱票)にてお振込みいただくことになります。

 前後期分一括(年額)での納入を希望される場合は、本学指定の振込用紙(払込取扱票)でのお支払いとなりますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。

研究生・科目等履修生・特別聴講学生

 本学指定の振込用紙(払込取扱票)にてお振込みいただきます。
 

納入期限

学部・大学院・養護教諭特別別科

 授業料の納入期限は、前期分が5月末日、後期分が11月末日です。

【口座振替(引落)の場合】

 毎年前期は5月、後期は11月の27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に口座振替(引落)を行います。(手数料は本学負担)

 引落日の前日までに登録した口座に授業料相当額(半期額)を入金してください。

 未納分がある場合は当該期分と併せて口座振替(引落)を行います。
 
令和4年度 預金口座振替(引落)日

 ●令和4年度前期分:令和4年5月27日(金)
 ●令和4年度後期分:令和4年11月28日(月)


【再振替(上記振替日に振替不能の場合)】
 ●令和4年度前期分:令和4年6月27日(月)
 ●令和4年度後期分:令和4年12月27日(火)

※授業料減免・猶予申請をした場合、上記振替日に引落はされません。

 

【本学指定の振込用紙(払込取扱票)にてお振込みいただく場合】

 案内に従い、納入してください。
 

研究生・科目等履修生・特別聴講学生

 授業料の納入期限は、各納入時期の末日です。
 納入時期になりましたら、本学指定の振込用紙(払込取扱票)を発送しますので、案内に従い納入してください。

【納入時期・振込用紙(払込取扱票)発送時期】
 ■研  究  生:4月・7月・10月・1月
 ■科目等履修生:4月・10月
 ■特別聴講学生:4月・10月
 

減免申請者・徴収猶予申請者


 授業料減免申請者・徴収猶予申請者は、減免結果が確定するまでの間、授業料の引落は行いません。
 授業料の額・納入期限等については、結果確定後の通知に基づき、納入ください。
 

滞納者への督促


 納入期限までに授業料を納入しなかった場合は、学内掲示により督促を行います。
 督促をしてもなお納入されない場合は、連帯保証人に対し督促状を送付いたします。
 

未納による除籍


 再三にわたる督促にも応じず、引き続く2の学期に係る授業料を滞納した者については、学則に基づき二期目の末日をもって除籍となりますので、十分注意してください。
 

領収書

 

【口座振替(引落)の場合】

 口座振替(引落)の場合は、預貯金通帳への印字をもって、領収書に代えさせていただきます。

【本学指定の振込用紙(払込取扱票)にてお振込みいただいた場合】

 本学指定の振込用紙(払込取扱票)にてお振込みいただいた場合は、払込金受領書をもって領収書に代えさせていただきます。

※別途、領収証書を必要とする場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。


 
 問い合わせ先
財務部経理課 経理グループ
住所/〒002-8501 札幌市北区あいの里5条3丁目1-3
電話/(011)778-0232・0234


●更新年月日:2022年8月22日

本文ここまで